solto
solto

バリスタとは?仕事内容・資格・海外留学・通信教育・年収を解説

バリスタとは?仕事内容・資格・海外留学・通信教育・年収を解説
更新日:

バリスタの仕事内容、必要なスキル、資格、学校、海外留学や修行、通信教育などについて解説します。また、就業スタイルや給料・年収などバリスタの実態も紹介しています。バリスタに興味がある方、なろうか迷っている方、どんな職業か知りたい方必見です。

日本でもカフェが定着し、バリスタという職業も認知度があがってきましたが、バリスタが実際どのような仕事をしているのか知っていますか? ここではバリスタの仕事内容や必要スキル、資格や海外留学や年収まで、気になる点を詳しく解説いたします。

バリスタとは?

バリスタ

日本でもバリスタという職業が定着してきましたが、一般的にはコーヒーを淹れるだけの仕事という認識しかない人も多いのではないでしょうか。海外では歴史ある職業のバリスタ。その仕事内容はどんなものでしょうか。

発祥

バリスタの発祥はカフェ文化の盛んなイタリアです。バリスタとは直訳すると「バールで働く人」。バールはイタリア人の生活に欠かせないスタイルのお店で、コーヒーやお酒、料理を楽しむだけでなく、人々が自由に立ち寄りコミュニケーションを楽しむ場所でもあります。

バリスタといえば日本では単に「コーヒーを淹れる人」というイメージが強いですが、本来はコーヒーに関する知識と技術を高く持ち、お客さまとの距離感が近いバールで居心地の良い空間、質の高いサービスを提供する接客のプロでもあります。

コーヒーのスペシャリスト 

バリスタとは、コーヒーに関するスペシャリストです。ワインならばソムリエ、カクテルならばバーテンダーのような職業です。ソムリエやバーテンダーがアルコール類をおもに扱うのに対し、バリスタはコーヒーに関しての専門的な知識を持ち、高い技術でおいしいコーヒーを提供するのが仕事です。

バリスタの仕事

バリスタ

バリスタは実際にどのようなことに気を配り、仕事をしているのでしょうか。専門的な仕事であればこそ、外からは見えにくい部分や大切なことがあります。バリスタの仕事についてみていきましょう。

コーヒーを淹れる

バリスタの第一の仕事は、おいしいコーヒーを淹れることです。本場イタリアではコーヒーといえばエスプレッソ。イタリアでも本格的なエスプレッソを淹れるのは家庭では難しいといわれ、同じ豆やマシーンを使っても淹れる人により味が違ってきます。本当においしいコーヒーを淹れるには、コーヒーを熟知したバリスタの高い技術が必要なのです。

接客する

バリスタの大切な仕事のひとつは接客です。日本でもすっかり定着したカフェや近年人気のバールスタイル。カフェやバールは比較的規模が小さいお店も多く、お客さまとスタッフの距離感が近いので、気持ちの良い接客をすることがとても重要です。コーヒーを淹れる仕草やキビキビ立ち働くバリスタの姿は、店の雰囲気作りやイメージアップにもつながってくるでしょう。

必要なスキル

バリスタ

コーヒーさえ淹れられたら誰でもバリスタ、というわけではありません。コーヒーのプロフェッショナル、バリスタとして必要なスキルとはどんなものでしょうか。

人間観察力と判断力

バリスタはおいしいエスプレッソを淹れることのできる職人であるとともに、お客さまに快適な時間を提供するサービスのプロでもあります。お客さまが何を望んでいるのか即座に気がつく人間観察力と、それに対してどう対応するのか決定できる判断力が必要です。サービス業では何ひとつ同じシチュエーションはありません。その場に応じた柔軟な判断ができると良いですね。お客さまに喜んでもらいたいというおもてなしの心が何より大切です。

コーヒーに関する知識と技術

コーヒー豆はとても繊細です。同じ豆でもその日の温度や湿度により状態が違います。それを見極めてマシーンを細かく調整し、味を決めていきます。お客さまに最高の1杯を飲んでいただくためには、その豆のもつ味やコク、香りなど特徴を引き出す抽出の技術と知識が必要です。プロのバリスタになるにはコーヒーに関わるあらゆることに精通し、常にあたらしい情報をキャッチする力も必要です。

資格・学校に通う

バリスタ

バリスタになるために資格は必要なの?バリスタの学校はあるの?など、バリスタに興味があっても1歩を踏み出す方法がわからない人もいるでしょう。ここでは資格や学校、通信教育などについてご説明します。

資格・教育は必要か

バリスタに国家資格はありません。民間資格はありますが、必ずしも取得しなければいけないわけではありません。しかし、バリスタは日本でも職業として定着しつつあり、実践で働くバリスタが自分のスキルを客観的に把握したり、お客さまからの信頼を高めるために資格を取得することも増えているようです。

未経験者の場合は、まず学校に通う人が多いようです。ある程度の知識や技術を身につけることで仕事にも就きやすくなるでしょう。しかし現場では、お客さま相手にそのつど適した応対をしなければならず、はやり現場での経験が何より大切です。現場で経験を積んで技術を高め、知識を深めてスキルアップを目指しましょう。

JBAバリスタライセンスとSCAJ

バリスタに関する民間資格で有名なのが、JBAバリスタライセンスSCAJコーヒーマイスターのふたつです。

JBAバリスタライセンスはJBA(日本バリスタ協会)が認める資格で、JBA認定校で講座を修了後、ライセンス試験に合格すると取得できます。ライセンスはレベル1から受講でき、合格すれば「基本的な知識や技術を身につけ、JBAが定める一定基準のエスプレッソコーヒーを抽出できる者」として認定されます。その後レベル2、レベル3へとスキルアップしていきます。

SCAJコーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会が認める資格で、日本スペシャルティコーヒー協会が主催するコーヒーマイスター養成講座を修了し、認定試験に合格すると認定されます。日本ではじめての認定資格で「コーヒーに対する深い知識と基本技術の習得をベースとして、お客さまへ豊かなコーヒー生活が提案できるプロのコーヒーマ(サービスマン)」として認められます。マイスターの資格取得者は全国で4,653名(2017年12月現在)です。

コーヒースキルズプログラム

コーヒースキルズプラグラム(CSP)は、SCA(スペシャルティコーヒー協会)が実施しているスペシャルティコーヒー業界における世界的な資格制度です。SCAは非営利団体の世界最大のコーヒー協会で、その認定トレーナー指導のもと知識・技術を最適な機器とスペシャルティコーヒーを使用して学ぶことができます。世界中のさまざまな国で、バリスタとして就職する際の履歴書に記載が可能なほど、信頼性と知名度がある資格です。

UCCコーヒーアカデミー

UCCコーヒーアカデミーとは、UCCグループが運営するコーヒー専門教育機関です。ベーシック・スペシャリスト・プロフェッショナルコースあり、コーヒーに興味のある人を対象に、レベルを問わず体系的・段階的に学ぶことができます。全過程修了後、認定試験に合格すればUCCコーヒーアカデミーのコーヒープロフェッショナルとして認定されます。また、開業に必要な知識が学べるカフェ開業コースや通学が難しい場合には通信講座もあります。

通信教育

バリスタとして働くためのコーヒーの基本知識を身につけるために、さまざまな通信教育があります。

前述のUCCコーヒーアカデミーの通信講座や、スマホで資格取得できるのが特徴のformie(フォーミー)が提供するコーヒースペシャリスト資格取得講座、JSFCA(日本安全食料料理協会主催のコーヒーソムリエとカフェオーナースペシャリストの資格が約2ヶ月で取得できる講座、公益社団法人日本通信教育振興協会認定のコーヒーコーディネート講座などがあります。

コーヒーに興味がありバリスタを目指すなら、まず第一歩として通信講座で学んでみるのもひとつの方法でしょう。

バリスタになるには

バリスタ

日本でもバリスタという職業が定着してきましたが、バールやカフェ文化が根付いている海外に比べたらまだまだ歴史が浅いです。ですので、一流のバリスタとして活躍する人の多くは海外で修行した経験を持っています。

イタリア式の本格的なエスプレッソの抽出技術が学びたい、アメリカシアトル式のカプチーノやラテ、フレーバーコーヒーに興味があるなど、自分がどのようなスタイルを目指すのかによっても修行する国が違ってきます。日本での常識が実は違っているということもあったり、本場での修行はバリスタとして成長するためにとても有意義な時間となるでしょう。

いきなり現地のお店へ行って「働かせてほしい!」というのはハードルが高いかもしれません。海外留学を斡旋している組織には、バリスタ留学のコースを設けているところもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

イタリア

本格的なエスプレッソの味を知り、スキルを学ぶならイタリアへ。バリスタ発祥の地イタリアならでは、バリスタ留学のプログラムもたくさん設定されています。豆の説明・温度管理・各種マシーンの説明や使い方など、さまざまな専門技術を習い、コーヒー工場の見学・焙煎についてなども学べます。

1週間ほどの短期体験から、3カ月ほどの日本語通訳付きコース、コーヒーの勉強とともにイタリア語レッスンで語学力を磨き、バールでのインターンシップで実務経験を積む長期のコースなど、多様にあります。

オーストラリア

かつてオーストラリアは紅茶の国でしたが、南ヨーロッパからの移住者によりコーヒーが広まり、イタリア風の小さなエスプレッソ・バーがオーストラリアのスタンダードとして定着しました。現在では世界で名だたるコーヒー大国です。歴史あるカフェや新しくできた人気のカフェがなども多く、独自のカフェ文化を築いています。

バリスタのコースを受講したという証明書を取得すると、仕事が探しやすくなります。証明書には政府公認の証明書と各学校発行の証明書があるため、あらかじめどちらの証明書を取得できるのか確認してみましょう。英語圏ということで留学先として人気があります。数日で証明書の取得ができるコースから、カフェでのインターンシップまでついているコースなど多様なので、金額や期間など自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

アメリカ

日本でバリスタという職業が浸透したきっかけは、やはりスターバックスの存在が大きでしょう。そのスターバックス発祥の地がシアトルです。シアトルはアメリカの中でも食の種類が豊富で、コーヒーでもイタリアのエスプレッソをベースにシアトル系といわれる独自の優れたコーヒー文化を築いています。イタリアやオーストラリアのようなバリスタ留学のコースはありませんが、無給インターンという形で経験が積めるお店を探してみてはいかがでしょうか。

イギリス

イギリスといえば紅茶のイメージですが、イギリスにもカフェの大手チェーン店があります。スターバックスのほか、イギリス企業のコスタやカフェ・ネロなど。個人経営の個性的なカフェも存在します。 バリスタ留学はありませんが、ある程度英語力に自信のある人なら、ワーキングホリデーを利用して現地のカフェで働くことも可能です。

北欧

おしゃれな雑貨やインテリアで日本でも人気の高い北欧。北欧は実はコーヒー大国でもあります。1年あたりのコーヒー消費量ランキングのトップを北欧諸国が締めているのをご存知でしたでしょうか?第2位にフィンランド、3位がにデンマーク、4位にノルウェー、6位にスウェーデンが入っています。(1位はルクセンブルクで、日本は29位、 International Coffee Organization発行の「Monthly coffee market report2012年より」)

カフェ文化は盛んで、フィンランドのロバートコーヒーや、ノルウェーのフグレンやオスロコーヒーなど、北欧発で日本にも支店を作っているお店もあります。それらのお店では、現地への研修や留学制度もあるようなので、ぜひ北欧に興味がある方は試してみてください。

バリスタになるには 日本のカフェで働く

バリスタ

バリスタとしてスキルアップするために海外留学はとても有意義な経験ですが、日本でも本格的なコーヒーを提供するしっかりしたお店も増えているので、実際にあちらこちらのお店へ足を運び、理想の味を見つけましょう。

良いお店の第一条件は整理整頓ができていることだそうです。隅々まで気を配れるお店は器具の扱いも丁寧で、良い状態で淹れたコーヒーは当然おいしいはずです。気に入ったお店で働くことができれば、仕事のモチベーションも上がるでしょう。

向いている人

バリスタ

バリスタの格好良さに憧れる人も多いと思いますが、プロフェッショナルへの道は楽ではありません。バリスタとして1人前になるためには、どのような人が向いているのでしょうか。

コーヒーが好きな人

バリスタとして働くには、まずコーヒーが好きなことが大前提です。コーヒー豆にはたくさんの産地や種類があり、同じ豆でも焙煎方法やその日の気温、湿度によっても味が変わってきます。バリスタは日々コーヒーを扱い、コーヒーについて熟知していなければなりません。好きだからこそ、さらに勉強したり技術を磨きたいという意欲が湧いてスキルアップもできるでしょう。

コーヒーへの探究心の高い人

バリスタとしての基本的な知識や技術を習得できたとしても、コーヒーの豆は種類も多く、味には流行もあります。流行のラテアートもどんどん進化しています。コーヒーの抽出技術を磨き、お客さまに喜んでもらえる1杯を淹れるには、常に勉強し成長することが大切です。自分の働く店だけでなく、たくさんのお店のコーヒーを飲み比べてみたり、ときには産地に赴いて生産の現場を知るなど、コーヒーに関してアグレッシブに行動できる人がバリスタに向いているといえるでしょう。

人とコミュニケーションをとるのが好きな人

バリスタはおいしいコーヒーを淹れるだけでなく、接客のプロでもあります。バリスタがいるようなカフェやバール・レストランなどは、味だけでなくお店の雰囲気がとても重要です。お客さまはお店そのものを楽しみに来店します。お客さまのニーズを的確に把握し、質の良いサービスを提供できれば、リピーターになってくれることでしょう。バリスタがキビキビと立ち働く姿はとても気持ちの良いものです。

バリスタのキャリア 給料・年収は? 

バリスタ

ひとくちにバリスタといっても就業タイプはさまざまです。アルバイトや正社員・契約社員・店長クラス・独立開業したオーナーまで、気になるお給料や年収を調べてみました。

一般的なサラリーマンに比べ収入は低めですが、バリスタを目指す人は安定した収入よりもやりがいを求める人が多いのではないでしょうか。バリスタに興味があるなら就業形態にとらわれず、まずは飛び込んでみるのがよいかもしれません。

アルバイトクラス

バリスタの仕事をまずはアルバイトから、という人も多いと思います。アルバイトやパートのバリスタの場合、時給850〜1000円前後が相場のようです。

社員バリスタ

バリスタの平均年収は288万円。契約社員を含まない正社員のバリスタでも年収350万円前後で、一般企業のサラリーマンの平均年収と比べても少ないといえます。しかし社員バリスタでも働くお店の規模などにより年収は違ってきます。

スターバックスの正社員の平均年収は約500万円で、正社員のバリスタの年収もこれに準じます。また、大手コーヒーショップチェーン店のバリスタの平均年収は280〜430万円で、一般企業のサラリーマンとほぼ同じくらいです。喫茶店やカフェは経営規模が小さいところが多く、平均年収270〜350万円と大手より低くなっています。

また、バリスタの平均年収は働く場所によっても差があり、やはり東京や大阪、愛知、北海道、福岡など大都市圏ほど高くなっています。

店長クラス

腕の良いバリスタがいることはお店にとって大きなアピールポイントとなるので、資格を持っていたり、国内外のバリスタの大会で入賞経験があるなど、スキルが高いほど就職・転職の際に優遇されるケースが多いです。

有名店で働く一流バリスタになると、年収500万円以上も可能なようです。ただ、一般企業のサラリーマンのように年齢による昇進や昇格がないので、あくまでも自分の腕次第となります。

オーナー

バリスタになった以上、いつかは独立開業して自分の店を持つことが目標という人は多いと思います。オーナー兼バリスタとして働く場合は、お店の売上によって年収が変わってきます。理想のスタイルでコーヒーをお客さまに提供することができますが、バリスタの仕事だけでなく経営そのものを考えていかないといけないので、やりがいがある分、苦労も伴います。

繁盛店になれば年収1000万円以上も夢ではありませんが、街の喫茶店やカフェなど規模の小さいお店の場合、年収は400〜700万円ほどになる人が多いようです。

まとめ

バリスタの仕事で大切なことは、おいしいコーヒーを淹れることのできる深い知識と技術、接客のプロとしてお客さまに快適な時間を提供するおもてなしの心です。プロフェッショナルになるのに苦労は付きものですが、自分自身の取り組み次第でスキルアップできるやりがいのある仕事です。独立開業も夢ではありません。バリスタに興味がるなら、ぜひチャレンジしてください。

関連記事

閉店の危機?外食産業・飲食店のバイト・人手不足の原因と解決の画像
閉店の危機?外食産業・飲食店のバイト・人手不足の原因と解決
外食産業・飲食店の人手不足は深刻です。アルバイト不足でサービ...
更新日:
フードコーディネーターになるには?資格、就職、仕事内容を解説の画像
フードコーディネーターになるには?資格、就職、仕事内容を解説
フードコーディネーターの資格とは?フードコーディネーターにな...
更新日:
食品衛生責任者の概要と資格の取得方法|講習を受けるだけ?有効期限は?更新有無の解説の画像
食品衛生責任者の概要と資格の取得方法|講習を受けるだけ?有効期限は?更新有無の解説
食品衛生責任者は、飲食店を開業する際には必ず必要な資格です。...
更新日:
調理師免許の取り方・費用は?難易度、就職、給料と専門学校の画像
調理師免許の取り方・費用は?難易度、就職、給料と専門学校
調理師免許を取得すると、どのようなメリットがあるのか?就職に...
更新日:
シェフになるには?シェフの年収、給料、種類、資格、仕事内容の画像
シェフになるには?シェフの年収、給料、種類、資格、仕事内容
シェフになるにはどうすればよいのか?料理専門学校・大学は行く...
更新日:
パティシエとは?なるには?収入、資格、独学方法など解説の画像
パティシエとは?なるには?収入、資格、独学方法など解説
パティシエ・パティシエールとはどのような職業で、なるにはどの...
更新日:
寿司職人になるには?板前の求人・修業内容・給料・年収や資格を紹介の画像
寿司職人になるには?板前の求人・修業内容・給料・年収や資格を紹介
日本料理の花形である寿司職人と板前。寿司職人や板前になるため...
更新日:
管理栄養士になるには?年収・給料・資格・難易度・取り方を解説の画像
管理栄養士になるには?年収・給料・資格・難易度・取り方を解説
管理栄養士とは、管理栄養士になるには?資格取得のために大学は...
更新日:
ソムリエ資格とは?資格の種類と違いは?仕事内容、年収まで解説の画像
ソムリエ資格とは?資格の種類と違いは?仕事内容、年収まで解説
ソムリエになるには?ソムリエ資格を取るのは難しい?日本ソムリ...
更新日:
バーテンダーになるには?年齢・服装・給料・資格について解説の画像
バーテンダーになるには?年齢・服装・給料・資格について解説
バーテンダーになるには?バイトから?資格取得してから?仕事の...
更新日: