コールドテーブルはサイズで選ぶ!使い方、中古、排水など解説

cover-coldtable.jpg
コールドテーブルは飲食店の狭い厨房スペースには必須の作業台を兼ねた業務用冷蔵庫。使い方、種類、排水などの注意点を解説。ホシザキなどおすすめメーカーや購入業者も紹介します。サイズを決めてコールドテーブルを選び、作業効率をアップさせましょう。。

「コールドテーブル」というとあまり聞きなれないかもしれませんが、飲食店の厨房を覗いたことがある方なら、目にしたことがあると思います。作業台の下が冷凍庫や冷蔵庫になっている業務用冷蔵庫のことです。 コールドテーブルはなぜ必要なのでしょうか?ここでは、コールドテーブルの役割や種類、注意点、おすすめのメーカーや業者などをご紹介します。

コールドテーブルの役割について知ろう

null

コールドテーブルとは業務用横型冷蔵庫で、作業台の下が冷凍庫や冷蔵庫になっているものです。

狭い飲食店の厨房スペースを有効活用できる、ストック用大型冷蔵庫と使い分けができる、冷たい料理を提供直前まで入れておけるなど、便利に使用することができます。

コールドテーブルとは何?

コールドテーブルとは業務用横型冷蔵庫で、作業台の下が冷蔵庫や冷凍庫になっており、台下冷蔵庫ともよばれています。

狭い飲食店の厨房ではスペース確保が重要なので、作業台と冷蔵庫を兼ねるコールドテーブルは、スペースの有効活用や作業の効率化に非常に役立ちます。

コールドテーブルが果たす役割

コールドテーブルは、作業台の下が冷蔵または冷凍庫になっているため、厨房の限られたスペースを有効活用することができます。

また、キッチン内を歩き回らなくてもすむので、一連の調理作業をスムーズに行うことができ、時間短縮にもなります。

ストック用の食材は大型冷蔵庫へ保管し、その日に使うものはコールドテーブルへ入れておく、冷たい料理をお客さまへ提供する直前まで入れておけるなど、とても便利に使えます。

コールドテーブルは、厨房スペースの狭いお店なら特に、導入を検討するべき業務用冷蔵庫といえるでしょう。

コールドテーブルの種類

null

コールドテーブルにもさまざまな種類があります。冷凍コールドテーブル・冷蔵コールドテーブル、冷凍冷蔵コールドテーブル、舟形コールドテーブル、低コールドテーブル、サンドイッチコールドテーブル、ドロワータイプコールドテーブルなどです。

ここではサイズやそれぞれの特徴をご説明しますので、お店のタイプに合うコールドテーブル選びの参考にしてください。

###冷凍コールドテーブル・冷蔵コールドテーブル

コールドテーブルには、冷凍庫と冷蔵庫、または両方を併せ持つ、冷凍冷蔵コールドテーブルがあります。

コールドテーブルのサイズは、各メーカーだいたい同じ規格となっており、横幅が900、1200、1500、1800mm。奥行きは薄型450mm、厚型600mm、超厚型750mm。高さはほとんどのものが800mmです。

横幅が同サイズでも2枚扉と3枚扉になっているものがあります。開けたときに、扉が邪魔にならないサイズを選ぶと良いでしょう。

通常、作業台の高さは「身長÷2+5cm」が理想とされています。身長や作業内容が規格と合わない場合は、台の下にブロックやレンガを入れて高さを調節すると使いやすくなります。

冷凍冷蔵コールドテーブル

コールドテーブルには、冷凍と冷蔵両方の機能を持つ、冷凍冷蔵コールドテーブルがあります。

両方の機能が必要な場合は、限られたスペースを上手に利用するためにも、導入を検討されてはいかがでしょうか。

その他のコールドテーブル

一般的な横型のコールドテーブルの他に、舟形コールドテーブル*、低コールドテーブルサンドイッチコールドテーブルドロワータイプコールドテーブル**などがあります。

舟形コールドテーブルは、冷蔵コールドテーブルの上に舟形のシンクが付いているタイプです。

低コールドテーブルは、高さが600または650mmと低いので、上にフライヤーなどの熱機器を置いて活用することも可能です。

サンドイッチコールドテーブルは、冷蔵庫の天板にホテルパンをセットすることができるタイプです。ホテルパンが邪魔にならないだけでなく、調理中の食材の保冷にも役立ちます。

ドロワータイプコールドテーブルは、引き出し式のコールドテーブルで、冷凍庫と冷蔵庫があります。食材を種類別に保存するときなどに便利です。

コールドテーブルを導入する時に必要な視点

null

コールドテーブルの冷却能力を十分に発揮させ、耐用年数を伸ばすためには、

「放熱をきちんとする」、「排水の動線を確保する」、「フィルターを掃除する」 という3つのことが大切です。

ここでは、この3つの重要性について詳しくご説明します。

放熱をきちんとする

放熱をきちんとしなければコールドテーブルの機能を十分に発揮することができません。

コールドテーブルの熱交換方式は2通りあり、自然放熱するタイプファンで放熱するタイプがあります。

開閉し冷気が逃げたときに冷却しやすいのはファンタイプですが、音が大きい場合があります。

また、冷蔵庫に面している壁などの間には十分なスペースをとりましょう。スペースがないと放熱がうまく行われません。直射日光の当たる場所や、ガスコンロなどの発熱機器がすぐ近くにある場所も放熱不良になります。

設置場所には十分配慮し、風通しの良い場所を選びましょう。

排水の導線を確保する

業務用冷蔵庫と家庭用冷蔵庫との一番大きな違いは、業務用には排水工事が必要だということです。コールドテーブルのトラップからホースを使って排水溝へ流します。

排水工事は、購入した厨房機器メーカーがしてくれることは少ないので、別で 工事業者を頼むようになります。

排水設備がない場合は、オプションの強制蒸発皿を付けることで、排水工事をしなくても設置することができます。

強制蒸発皿を使う場合でも排水処理が必要です。設置環境が悪い場合や夏場など排水量が増える時期、1日1回は溜まった水を捨てましょう。

フィルターを掃除する

コールドテーブルのフィルターが汚れていると、放熱ができずに十分な冷却ができません。月1〜2度は機械室にあるコンデンサーフィルターをかならず掃除しましょう。耐用年数を伸ばすためにも必要です。

おすすめの業務用メーカー

それぞれの業務用メーカーが、省エネや冷却力、メンテナンス性などにこだわり、使いやすさを追求しています。おすすめのメーカー4社のコールドテーブルをご紹介します。

ホシザキ

ホシザキのコールドテーブルの特長のひとつは省エネです。インバーター制御で省エネ率がさらにアップ。電気代を大幅に削減できる設計です。

そのほかの特長として、清掃しやすい設計と冷却力の強さです。扉にはキズが付きにくく、汚れの落ちやすいフッ素プレコートステンレスを使用。パッキンやフィルターも取り外しやすく、お手入れが簡単です。

庫内はマイコンで温度制御され、6時間ごとに自動で霜取りされるので、食材の温度上昇も少なく、安定した温度管理ができます。

null 参考:http://www.hoshizaki.co.jp/ ホシザキ RT-120SNF-E-ML (横1200×奥行600×高800) メーカー希望小売価格 589,680円

パナソニック

パナソニックのコールドテーブルの特長として、省エネと節電があげられます。インバーター制御で庫内温度の変化に合わせて、運転周波数を細かく制御。お店の設置環境や状況に合わせて、節電運転を実施します。

もうひとつの特長は、厨房内の作業効率を追求した設計です。庫内吹出口を天面に設置。冷気を循環させ、収容物が多くても吹出口が遮られにくい構造になっています。

null 参考:https://panasonic.biz/ パナソニック SUR-K1261SA (横1200×奥行600×高800) メーカー希望小売価格 588,000円

福島工業

福島工業のコールドテーブルも省エネが特長です。インバーター制御に加え、省エネと冷却スピードを両立する新マイコン基板の開発、新型高効率蒸発器の採用で、さらなる省エネを実現しました。

また、使いやすさとメンテナンス性・安全性に優れ、フィルターや新形状の扉パッキンなど、日常の清掃やメンテナンスがしやすい構造になっています。

null 参考:http://www.fukusima.co.jp/ 福島工業 AYC-120RM-F (横1200×奥行600×高800) メーカー希望小売価格 70,7000円  

大和冷機

大和冷機のコールドテーブルは、冷凍・冷蔵庫の性能はもちろん、作業台としての使い勝手にもこだわった快適仕様が特長です。細部まで考え抜かれた構造で、日常のメンテナンスの簡素化を実現しています。

また、オーダーメイドシステムで理想の厨房をつくることができます。排水自動蒸発ユニットやトップテーブルの変更、機械室の位置変更など、様々なオプションも用意されています。

null 大和冷機 4161CD-EC (横1200×奥行600×高800) メーカー希望小売価格 713,880円

##お得にコールドテーブルを購入するためのおすすめの業者

高価なコールドテーブルをお得に購入できるよう、おすすめの業者や方法をご紹介します。新品・中古の取り扱い、実店舗やネット通販もあります。

###新品も中古もそろうテンポスドットコム

中古・新品ともに品揃えが豊富なテンポスドットコム。業務用厨房機器・店舗用品の専門店で全国に店舗があります。通販サイトも充実しており、新品・中古に分かれ、わかりやすく検索できます。

###新品も中古もそろう楽天市場

楽天市場は、様々な業者が集められており、商品や金額の比較検討がしやすいサイトです。コールドテーブルなど大型の業務用厨房機器でも送料無料の業者が多くなっています。

###新品も中古そろう厨房一番

厨房一番は、開業や改装に必要な機器の相談から納入、アフターメンテナンスまで、トータルにサポートしてくれる業者です。購入時には保証もついて安心。搬入方法や設置、処分は無料で見積もりしてくれ、不要になった厨房機器の高価買取もしています。

###中古の掘り出し物ならヤフオクやジモティ 中古で安く探すなら、オークションサイトのヤフオクや、ネットの地元掲示板ジモティー。値段の張るコールドテーブルも他の業者より安い値段で探すことができますが、保証が付いていない場合も多いので、購入時によく検討して利用しましょう。

##まとめ

コールドテーブルは、飲食店の狭い厨房スペースを有効活用するために、重要な役割を果たす業務用機器です。 通常の作業台付きコールドテーブル以にも、舟形、低、サンドイッチ、ドロワータイプなどいろいろな種類があるので、お店のタイプや厨房のスペースに合わせて、サイズや種類を選んでください。作業効率がグッとアップするはずです。