solto
solto

日本酒久保田とは。萬寿(万寿)・千寿など各銘柄の紹介

日本酒久保田とは。萬寿(万寿)・千寿など各銘柄の紹介
更新日:

新潟の朝日酒造が作る日本酒「久保田」。淡麗辛口酒を代表する銘柄である「久保田」について、誕生の経緯やこだわり、評価、使用米、味、新たな取り組みなどを紹介しています。碧寿や萬寿など久保田の様々なラインナップについても詳しく解説します。

少し年配の日本酒ファンなら、1980年代後半に起きた吟醸酒ブームのことをご記憶のことでしょう。まさにその中心的存在となってブームを牽引したのが、当時発売されたばかりの新潟の地酒「久保田」でした。

今も人気が衰えることなく、新潟のみならず日本を代表する銘酒の一つとして多くの人に愛されている「久保田」。今回はその「久保田」を生んだ蔵元・朝日酒造のプロフィールや、「久保田」誕生の経緯、「久保田」ならではのこだわり、そして全商品ラインナップの特長などについて詳しくご紹介します。

「久保田」の酒銘に込められた想い

久保田 日本酒

蔵元・朝日酒造のあゆみ

「久保田」の蔵元である朝日酒造は、江戸後期に当たる天保元年(1830)に、今もホタルが飛び交う里として知られる、豊かな自然環境に恵まれた長岡市朝日の地で創業しました。ホタルが生息する地域は、すなわち

酒造りに欠かせない良質な水に恵まれた土地
でもあります。

「久保田屋」の屋号で酒造りを始めたため、地元では長年「久保田屋の酒」と呼ばれていましたが、明治時代に現在も主力銘柄の一つである「朝日山」を発売。その後大正9年(1920)に朝日酒造株式会社となり、現在に至っています。

そして「

酒造りは米づくり
」との考えから、平成2年(1990)に農業生産法人のあさひ農研を設立。理想とする酒米づくりに向け、減肥栽培や環境保全型農法などに取り組んでいます。

「久保田」の誕生

戦前・戦後から高度成長期にかけては世の中もまだ力仕事が多く、「朝日山」も含めて、労働者に好まれる甘口で飲みごたえのある濃醇な酒が主流となっていました。

しかし、80年代に入ってホワイトカラー中心の社会となり、働き方が変化してきたのを受けて、当時の4代目社長が「これからはすっきり飲める、飲み飽きしない淡麗な酒が好まれる時代が来る」と予見。

食のトレンドに見合う「淡麗辛口の酒」へと舵を切る
ことを決断し、酒造りの方向性をガラリと変えました。また販路も地元だけではなく、
東京を視野に入れた新たな市場の開拓
を目標に据えました。

こうして昭和60年(1985)に誕生したのが、創業時の屋号を冠した蔵元入魂の酒「久保田」です。

こだわり

かつて朝日酒造の杜氏が語った「酒の品質は、酒米の品質を超えられない」という言葉が、「久保田」すなわち朝日酒造の米に対するこだわりを物語っています。

「久保田」の原料米には、主にあさひ農研で自家栽培した

五百万石
を使用。西の横綱である山田錦に対し、五百万石は東の横綱と呼ばれる酒造好適米です。すっきりと軽快でキレのある淡麗辛口に仕上がることが多く、「久保田」ならではの華やかで深みのある香りも生み出しています。

仕込み水には魚沼礫層から湧き出る伏流水を使用。

淡麗できれいな酒造りに適した軟水
であるため醸造時に穏やかな発酵を促し、口当たりの良い酒に仕上がります。

そしてこだわりは中身だけではありません。

顔となるラベルにも創業時の品格にふさわしい風情
を求め、県内の職人に楮(こうぞ)を原料にしたオリジナル和紙を特注。雪国の力強さや素朴さを表現しました。

「久保田」全ラインナップの紹介

久保田 日本酒
 「久保田」は、百寿(特別本醸造)、千寿(吟醸)、紅寿(純米吟醸)、碧寿(山廃純米大吟醸)、萬寿(純米大吟醸)のレギュラーラインナップの他に、翠寿(大吟醸生酒)と生原酒が季節限定品として出荷されています。 また、2017年からは純米大吟醸と雪峰(山廃純米大吟醸)が新しくラインナップに加わりました。それでは個々の商品について見ていきましょう。

久保田 雪峰(純米大吟醸 山廃仕込)

2017年9月に、新潟発の人気アウトドアブランドであるスノーピークとのコラボレーションから生まれた「四季の自然の中、アウトドアで楽しむための日本酒」。ブラックで統一されたパッケージがスタイリッシュです。 微生物の力を引き出しながら、優良酵母が育つ環境を整えていく山廃仕込みならではの、旨味とコクを備えた重厚な飲み口が最大の特長。懐の深い味わいは、素朴で力強いアウトドア料理にバランスよくマッチします。 冷やすとシャープな酸味とキレの良い後味が、そして燗にするとまろやかな香味が楽しめます。 ||| |---|---| |使用米|五百万石(麹米)| |精米歩合|50%| |日本酒度|+2| |酸度|1.4| |生/火入れ|火入れ|

久保田 純米大吟醸

「日本酒が初めての方にも、ひと口目で実感できる美味しさ」をコンセプトに、2017年から発売された新世代の「久保田」です。 グラスに注いで鼻に近づけると、今までの「久保田」とは一風違った洋梨やメロンを思わせる華やかな上立ち香が感じられます。 味の方も、従来の淡麗辛口路線とは異なる甘味と味の膨らみが感じられますが、後味の上品な余韻となめらかなキレの良さは、まさに「久保田」ならではのものです。香りを楽しむなら常温、キレを実感するなら冷温で、どちらもバランスよく楽しむなら軽く冷やして飲むのがおすすめです。



使用米 五百万石(麹米)
精米歩合 50%
日本酒度 0
酸度 1.3
生/火入れ 火入れ

久保田 萬寿(純米大吟醸)

公式HPにも書かれている通り、「香り、味ともに、蔵人が絶妙に仕上げた「久保田」シリーズの最高峰」がこの萬寿です。 他のラインナップと比べて、濃厚で豊かな香りと角の取れた柔らかな舌触り、そして調和の取れた深い味わいが最大の特長。スッキリとクセのない後味も魅力です。 純米大吟醸にしては珍しく常温で最も映えるタイプですが、軽く冷やしても、わずかに温めても、米の旨味が存在感を主張します。 香りも穏やかなので食中酒としても最適。特に記念日やお祝いの日などハレの宴席にはおすすめです。



使用米 五百万石(麹米)
精米歩合 50%
日本酒度 +2
酸度 1.2
生/火入れ 火入れ

久保田 翠寿(大吟醸生酒)

久保田 日本酒
4月から9月にかけて限定出荷される翠寿は、火入れ(加熱殺菌)を一切せず、みずみずしい果物のような繊細な味わいに仕上げた辛口の大吟醸生酒です。 香りは控え目で口当たりは柔らかく、心地よい酸味と辛味の調和を感じます。喉ごしはとてもなめらか。アルコール度数が14度とやや低めな分、飲み口もスイスイと軽やかで後味もスッキリしており、ふだん日本酒を飲みなれない方にもおすすめです。 夏の暑い日にキリリと冷やして、爽やかな味わいをお楽しみ下さい。



使用米 五百万石(麹米)
精米歩合 50%
日本酒度 +4
酸度 0.9
生/火入れ

久保田 碧寿(純米大吟醸 山廃仕込)

手間ひまをかけた山廃仕込ならではのふくらみ、力強さを持ちながらも、軽やかな喉ごしとスッキリした飲み心地を兼ね備えている純米大吟醸です。 吟醸系なのでもちろん冷やしても美味しく頂けるのですが、実は40~43℃位のぬる燗にするとコクと深みと旨味が増して、山廃酒母を用いたこの酒の持ち味が一層引き出されます。 同じ山廃仕込の純米大吟醸である「雪峰」に比べると、度数と酸度が少し低い分、飲み口はやや軽めで飲みやすく感じられるかも知れません。 ||| |---|---| |使用米|五百万石(麹米)| |精米歩合|50%| |日本酒度|+2| |酸度|1.2| |生/火入れ|火入れ|

久保田 紅寿(純米吟醸)

久保田 日本酒
品の良い香りとともに、米の旨みがギュッと凝縮されている純米吟醸酒です。口当たりにはふくよかな甘みを感じますが、やがて程よい酸味へと移ろい、あられや餅のような米の旨味がじわじわと口の中に広がってきます。 冷やから燗まで幅広い温度帯で楽しめますが、特にぬる燗にするとふくらみが増し、甘さとドライさの両方が立って来るので面白味を感じます。 「久保田」のラインナップの中では知る人ぞ知る存在で、お店でも見かける機会が少ないので、リストに乗せておくと日本酒マニアに喜ばれそうです。 ||| |---|---| |使用米|五百万石(麹米)| |精米歩合|55%| |日本酒度|+2| |酸度|1.1| |生/火入れ|火入れ|

久保田 千寿(吟醸)

「久保田」シリーズの中で最も飲まれている人気の定番。新潟淡麗辛口の代表選手とも言える存在です。「食事と楽しむ吟醸酒」をコンセプトとし、香りはあくまで穏やかでかつ控えめ、飲み飽きしない味わいに仕上がっています。 どんな料理にも合い、冷やでも燗でも美味しく頂けるので、一本揃えておくとお店としてとても重宝する万能タイプです。その分コクとボディを求めるコアな日本酒マニアは少々物足りなさを感じるようです。ですが、逆に言えばこの万人受けするバランスの良い立ち位置こそが、「千寿」最大の持ち味だと言えるでしょう。 ||| |---|---| |使用米|五百万石(麹米)| |精米歩合|50%| |日本酒度|+5| |酸度|1.1| |生/火入れ|火入れ|

久保田 百寿(特別本醸造)

2000円ちょっとで買える「久保田」ということで、毎日の晩酌酒として広く愛飲されている特別本醸造。シリーズの中でこそ最も安いクラスではありますが、五百万石を60%まで磨いたハイスペック商品なので、「久保田」ならではのスッキリとキレの良い淡麗辛口の魅力は十分に楽しめます。 香味の主張が少ないため冷やしても燗にしても美味しく頂けますが、飲む温度を上げると徐々に角が取れ、丸みのあるやわらかな口当たりに変化します。 ||| |---|---| |使用米|五百万石(麹米)| |精米歩合|60%| |日本酒度|+5| |酸度|1.0| |生/火入れ|火入れ|

久保田 生原酒(吟醸 原酒・生酒)

久保田 日本酒
毎年1月限定出荷のレア品。しぼりたての生酒ならではの若々しさとスッキリ感、そして、原酒ならではのしっかりと力強い味わいが特長です。 「千寿」と同じ吟醸タイプですが、アルコール度数が19度と高いため、飲み口にどっしりとした重厚さが感じられます。 生原酒ということで、もちろんそのまま冷やして飲むのが常道ですが、氷を入れたオンザロックもまた乙なもの。保管日数によって徐々に原酒の荒々しさが取れ、丸みを帯びた酒質に変わっていくので、入手後しばらく冷蔵庫の奥で熟成させ、暑くなった頃に開栓してお出しするのも一興です。 ||| |---|---| |使用米|五百万石(麹米)| |精米歩合|50%| |日本酒度|+5| |酸度|1.4| |生/火入れ|生|

「久保田」の取り組み

久保田 日本酒

発売から30年以上が経ち、ロングセラーブランドとして市場に定着した「久保田」ですが、蔵元では女性や若い世代を含めたファン層の拡大に向けて、様々な取り組みにチャレンジしています。

銀座「久保田」

「久保田」の魅力をしっかりと伝え直すとともに、新たな愛飲者を開拓したいとの想いから2015年5月にオープンしたのが、銀座8丁目にある飲食店「久保田」です。 席数約70の店内には、限定品を含む「久保田」の全ラインナップ及び朝日酒造の主要銘柄を取り揃えています。 各銘柄について、

様々な温度帯での味や香りの変化を交互に楽しめる
のがこの店の最大の魅力。 例えば「萬寿」なら、10℃程度の冷酒でキレの良さと心地よい余韻を楽しんだ後、20℃位で米本来の旨みや上品な香りを体感できます。一方の燗酒も、ぬる燗(40℃)、上燗(45℃)、熱燗(50℃)の違いを飲み比べることができます。もちろん全ての燗酒は、口当たりが良く香りも引き立つ湯煎で提供されます。 さらに、冷酒ならスムーズな口当たりを引き立たせる平盃を、温度が高めの場合は味と香りの広がりが堪能できるワイングラスを勧めるなど、銘柄・温度に応じた酒器を吟味して提案しています。

各種のイベント

蔵元の朝日酒造は、ファンとの絆を深める行事にも意欲的です。毎年7月には「貯蔵原酒100本のきき酒会」を開催。熟成度合が異なる「久保田」「朝日山」「越州」の原酒を一堂に味わえる貴重な機会として、全国から熱心な日本酒好きが詰めかけます。きき酒のみの「百寿」コースやお弁当付きの「千寿」コース、会席料理が楽しめる「萬寿」コースなど趣向も凝らしています。

2000年から続いているのが「あさひ日本酒塾」です。酒造シーズンに計4回の講義や体験学習の場があり、酒の効能に関する栄養学の講義や、海外の日本酒事情のレクチャーなどが行われます。そして卒塾したOBには「千楽の会」という組織を用意。春は田植え、夏は田の草取り、秋は稲刈りなど、米づくりと酒づくりを一貫して体験できます。 その他にも春の新緑のお茶会、夏のホタル、秋のもみじ園、冬の酒蔵見学と、四季を通じてファンとの触れ合いの場を設けています。

まとめ

発売から30年余り。蔵元によると、あまりにメジャーな銘柄になってしまったがゆえに、かえって「飲んだことがない」と敬遠している人や、「昔はよく飲んだけど…」と離れる人も増えてきたとのことです。

そこでこうした層に向けて「久保田」の新たな価値を伝えるため、蔵元では先に述べたように、他業種とのコラボやイベントの開催、銀座への出店など攻めの姿勢を打ち出しています。特に銀座出店に向けては、「久保田」の価値を最大限にお客様へ伝えるための特別プロジェクトを設置。1年以上かけて「久保田」の各銘柄を、温度帯別や料理との相性などの視点から再研究し、「なぜ旨いのか?」を伝えるための様々な情報共有を行ったそうです。

ブランド力に安住せず、常に危機感を持って新たな価値の創出に余念がない「久保田」から、まだまだこれからも目が離せません。

関連記事