無料で簡単、飲食店にオススメのホームページ作成サービス、アプリ

cover-making-a-website.jpg
お店の集客、販促には、ホームページの作成が重要です。テンプレートや写真を選ぶだけでオシャレなデザインなサイトが作れるアプリやWebサービスを紹介します。開業時のPRや予約管理にもホームページを活用しましょう。

更新やメンテナンスに手間暇かかることもあり、facebookやブログには手を出せても「公式ホームページまでは、なかなか……」という経営者も多いかもしれません。 しかし、例えばインターネット予約から電話予約のみに切り替えた時など、何らかの理由で方針を変えなければならない時、複数サイトを併用していると情報を統一するのが大変なことも……。 公式ホームページは、今や飲食店にとって欠かせないツールとなりつつあります。ぜひそのメリットに一度目を通してみてください。

公式ホームページ、やっぱりあった方がいい?

null

公式ホームページを作ろうかと悩んでいるなら、まずは公式ホームページを作ることで得られるメリットに目を通してみましょう。公式ホームページがあると以下のようなメリットを得ることができます。

  1. 複数サイトに掲載されている、正誤含めた飲食店情報をまとめて管理できる

  2. 観光協会や地域振興会、または都道府県・市区町村が運営する観光情報サイトの飲食店情報・リストに公式ホームページのURLを掲載・リンクしてもらえる可能性がある。観光客の流入が見込める

  3. 複合商業施設、あるいは商店街の飲食店情報に公式ホームページのURLをリンクしてもらうことができ、施設や商店街を訪れる客に対し、効果的に店を宣伝できる

  4. 仕入れ先業者の運営サイトに販売先としてホームページ、およびURLを紹介してもらえ、特定の食材目当てのお客様を店舗に誘導できる

  5. オンラインショッピング機能をつければ、ゆくゆくは飲食店で開発した製品の通販が可能になる可能性も

2から4までの点は、リンク先としてブログやfacebook、グルメ情報サイトをリンクしてもらう方法もあります。ただし公共性が強いホームページだったり、企業同士の兼ね合いがあったりなどして「公式ホームページのアドレスでなければ紹介してもらえない・リンクしてもらえない」ということもあります。

機会損失をなるべく防ぐためにも、公式ホームページはまさに欠かせないツールです。 またホームページの作り方や運営方法が一通りわかれば、ゆくゆくはオンラインショッピング機能を追加して、店舗独自に開発した加工食品やお土産物、菓子の通販にも着手できるかもしれません。

そして公式ホームページに期待できるメリットとして、見逃せないポイントがもうひとつあります。それが「1」に挙げた 複数サイトに掲載されている、正誤含めた飲食店情報をまとめて管理できることです。 最近、特に何かミスをした訳でもなく、ベストを尽くしたにも関わらず、なぜかお客様から不満を持たれたことはなかったでしょうか?

それはもしかしたら複数サイトに掲載した情報に「食い違い」が発生しているせいかもしれません。他のサイトに飲食店の情報紹介やお客様獲得を委ねていると、後々デメリットに悩まされることがあるのです。

グルメ情報サイトの問題点

null

グルメ情報サイトに飲食店情報を掲載してもらう場合、以下のようなデメリットがあります。

  1. 旬の食材や季節の料理を売りにしている場合、グルメ情報サイトで提供する「おすすめ料理」が常に用意できない、あるいは提携サイトごとにすすめる料理が変わる可能性がある

  2. インターネットで気軽に予約できるため、ドタキャンも比例して多くなる

  3. ネット予約できる状態から電話予約のみに切り替えるのがむずかしい

飲食店の最近の傾向として「旬の食材」や「希少食材」を使用するケースがありますが、この場合、通年同じメニューを展開するのが難しくなります。そのためグルメ情報サイトに掲載している「おすすめ料理」が常に用意できないことがあり、お客様から「ネットで見た情報と違う」と不満を持たれてしまう可能性もあります。

これを防ぐためには実際に店舗で展開しているメニューを、リアルタイムでサイトに反映させる必要があります。 しかしインターネット情報をこまめに更新するには、写真撮影や文章入力などの手間がかかり、忙しい飲食店ほど情報管理が難しくなる傾向があります。

このような時に公式ホームページがあれば、飲食店からの公式情報として「季節によって食材やメニューが変わる」こと、「詳細は直接店舗に確認してほしい」ことを掲載しておくことができ、複数サイト利用時の「情報の食い違い」を防ぎやすくなります。

またインターネット予約は気軽に行えるだけあり、比例してドタキャンされる可能性も高まる傾向があります。そのためグルメ情報サイトから予約を受付している場合、お客様を獲得しやすい反面、ドタキャンに悩まされる確率も高くなります。 このような場合、ネット予約から電話予約に切り替えることを検討する飲食店も多いかと思います。

ただし複数のグルメ情報サイトをすでに利用している場合、予約方法を統一することが困難なケースがあります。それはグルメ情報サイトがネット予約環境を用意することによって、飲食店から収入を得ているケースがあるからです。収入源が減るのを恐れ、ネット予約から電話予約への切り替えを引き止めようとするサイトもあるかもしれません。

このような時でも公式ホームページがあれば、予約方針に対する飲食店の「公式見解」を掲載することができます。例えば公式ホームページからキャンセル料の告知や、電話予約してくれた方に特別なサービスを用意することなどをお知らせすれば、お客様に直接「電話予約への切り替え」を促せるかもしれません。 店舗紹介を他社に全て委ねると、思わぬ誤算が生じることもあります。公式ホームページがあれば、そのような困った問題を回避することも可能です。

グルメ口コミサイトの問題点

またグルメ口コミサイトにも情報サイトと同じように、以下のようなデメリットがあります。

  1. 口コミがメインの情報源となりやすく、リアルタイムな店舗情報と食い違いが発生することがある

  2. ネット予約機能を設けた場合、インターネットで気軽に予約できるため、ドタキャンも比例して多くなる

  3. ネット予約から電話予約に切り替えるのがむずかしい

2や3の点に関してはグルメ情報サイトと同じですが、口コミサイト特有の問題点が1にあります。

例えばよくあるのが、予約情報に関する口コミと、リアルタイムな店舗情報との食い違いです。特に繁盛店でよく起こりやすいのが「一度に予約できる人数」の情報の食い違い。 インターネット予約は気軽に行えるせいもあり、ドタキャンを生みやすい一面があります。そのため一度に予約できる人数を「数十名」から「数名」までと少なくし、ドタキャン被害が少なくなるよう、予約可能人数を調整しなければならないことがあります。

ただしこの調整を行った場合、口コミサイトは過去に利用したお客様のコメントが残るため、過去利用客が「〇名で予約し利用した」という記載を残していると、それを見た人から同様の予約を受けることがあります。そこで予約を断ってしまうと「人を選ぶ飲食店だ」など誤った印象を与えてしまうことも。 また口コミサイトのわかる位置に「予約可能な人数を変更した」としっかり反映させておかないと「以前は大口顧客として大事にしてもらえたのに、最近は相手にしてもらえない」といった、誤った印象をお客様に与えてしまうこともあります。

公式ホームページなら、予約方針を変更した場合も直接店舗からお客様に告知することができるため、誤解や情報の行き違いを防ぎやすくなります。

複数サイトに情報を掲載する上で、よくあるトラブル

null

集客や運営を楽にしてくれて便利な飲食店サイトですが、上記のようにデメリットも多く、複数サイトに情報を掲載するとなると、下記のような様々なトラブルに見舞われることもあります。

  • 予約がダブルブッキングする可能性がある
  • クーポンや割引目当ての客が増え、収益が下がる恐れがある

複数サイトを一括管理してくれる便利なサイトもありますが、そのようなサイトであっても、提携サイト外からの予約は当然ながら店舗が独自に管理しなければなりません。また複数サイトから予約を受ける場合、ダブルブッキングが発生する恐れもあります。 さらにグルメサイトではグルメサイト利用者向けに割引サービスやクーポンを発行し、新規顧客開発に力を入れているサイトも少なくありません。

クーポンや割引目当ての客が増えると、当然ながら定価で通ってくれている常連客に対し、心理的な悪影響を及ぼす可能性もあります。またクーポンや割引利用前提で収益を考えざるを得ず、結果的に品質やサービスの質を落とさざるを得なくなることもあります。

グルメ情報サイト・口コミサイトは新規顧客を増やしてくれる大切なツールですが、サイトに経営を振り回されやすいという一面があります。 ぜひグルメサイトを上手に活用しつつ、公式ホームページもうまく使って、情報や予約の一元管理を行ってみてはいかがでしょうか?

スマホでもホームページが簡単に作れる時代に!?

null

グルメ情報サイトでも口コミサイトでも、自店舗の情報を掲載するだけであれば、店舗PRの絶好の良いツールとなってくれます。ただしサイトにネット予約や広告を全て委ねると、そこから脱却するのがなかなか困難です。

現在はスマホでも簡単に無料で公式ホームページが作れるようになっているため、ぜひ今まで情報管理や予約管理を一元化できる「公式ホームページ作り」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

簡単!無料!スマホでホームページを制作できる、オススメのサイト

スマホでホームページ作成できるサービスを提供しているのが、以下のようなアプリやサイトです。

スマホからホームページを作ることができる無料アプリ・サイトです。飲食店・レストラン向けのレイアウトも用意されており、簡単な操作で本格的なホームページが作れるようになっています。

ページ数3ページまで、登録画像10枚までなら無料でホームページが作れるサイトです。スマホで操作したい方向けのアプリも提供されており、スマホから簡単に作成・更新することもできます。

基本使用料は有料ですが、比較的低額でホームページを作成することができるサービスです。一カ月以内なら無料で利用できるお試しサービスもあります。

まとめ

インターネット上で店舗をPRするため、グルメ情報サイトや口コミサイト、facebookを活用している店舗も多いですが、複数サイトを併用した時、どうしても起こりやすくなるのが上記のような問題です。 公式ホームページがあれば情報の一元管理が行え、かつかかる経費も少なく、方針転換の必要性が出てきた時もお客様にダイレクトに知らせることができます。

最近では無料で、かつ簡単に更新できるホームページ作成サービスも多々提供されています。ぜひ情報の行き違いでお客様が混乱する前に、公式ホームページで正確な情報をUPしてみませんか?