カクテルの女王「マンハッタン」とは?

cover-manhattan-cocktail.jpeg
カクテルの女王の異名を持つ「マンハッタン」とは?その名前の由来はチャーチルの母親?マリリンモンローとの関係も深い?作り方、カクテル言葉、美味しい飲み方、ロブロイ、ドライ・マンハッタン、リトル・プリンセスなどアレンジレシピも詳しく紹介します。

別名「カクテルの女王」とまで呼ばれ、世界中で長く愛され続けているマンハッタン。夕暮れ色に輝くその色は、お洒落なバーでも少し異彩を放っているかのよう。

マンハッタンとは

null 独特の雰囲気を持つそのカクテルは、女性の一人飲みにも適しているのかもしれません。このマンハッタンと呼ばれるカクテルは、どのようなお酒なのでしょうか。

マンハッタンの名前の由来は?

マンハッタンという名前を聞いて、ニューヨークのマンハッタン地区をイメージする人も多いのではないでしょうか。1876年、ニューヨークのマンハッタン・クラブで開かれた第19代アメリカ大統領候補者支援パーティーで提供されたことから、その名前が付いたと言われています。また、考案者はのちの英国首相チャーチルの母親だったという説もあります。

バーテンダー泣かせのカクテル

それでは、なぜマンハッタンが「カクテルの女王」とまで呼ばれるようになったのでしょうか。その歴史的背景も理由のひとつですが、他のカクテルよりも繊細であることから、そう呼ばれるようになったとのこと。

マンハッタンは非常にシンプルなお酒ですが、少しのさじ加減で大きく味が変わってしまうほど、美味しく作るのが難しく、バーテンダー泣かせのカクテルと言われることも。

マンハッタンの酒言葉

カクテルを飲む人々の背景には、さまざまな物語が隠されています。そして、バーテンダーが丹精込めて作るカクテルにも、ひとつひとつ意味があります。ちなみに、マンハッタンのカクテル言葉は「切ない恋心」。落ち込んだ時こそ、お酒を飲んで忘れてみてはいかがでしょうか。もともとマンハッタンという言葉は、アメリカ先住民族の言葉で「酔っぱらった」という意味があったそうです。

マンハッタンはどんな味

はてさて、これだけ世界中に愛されているマンハッタンですが、これまでに飲んだ経験がない人も少なくないでしょう。基本的に甘みが強いカクテルで、女性からの人気が高いです。ただ、甘さだけでなく、甘さの中にほろ苦さも感じることができます。また、バーテンダーによって味が変わってくることからも、通な人ほどオーダーしたくなるカクテルなのです。

マンハッタンのアルコール度数

甘みが強く、女性が飲むイメージのあるマンハッタン。それなら、アルコール度数も低いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、実は違います。マンハッタンのベースとなるお酒はウイスキー。これをベルモットなどとステアすることで完成するカクテルです。そのため、アルコール度数は高めの27~35%。味は女性受けしやすい甘めですが、お酒が弱い人は注意が必要です。

マンハッタンのカロリー・糖質

お酒を飲んでスッキリとしたい夜だってあるでしょう。それでも、気になるのはカロリーや糖質ですよね。中ジョッキサイズのビールは200kcalと言われていますが、マンハッタンはどうなのでしょうか。

マンハッタンのカロリーは1杯およそ120~130kcalほど。ショートのカクテルグラスで120~130kcalは少し高いと感じてしまうかもしれませんね。

マリリン・モンローとマンハッタン

null 「カクテルの女王」であるマンハッタンの名前が出されるたびに、話題になることがあります。人物がいます。考案者である英国元首相チャーチルの母親もそうですが、マリリン・モンローとマンハッタンは切っても切れない関係です。なんとなくセクシーで色っぽい女性が飲むというイメージではマッチしていますが、具体的にはどういったことなのでしょうか。

伝説のセックスシンボル

マリリン・モンローと言えば、伝説のセックスシンボルとして、没後50年以上経ったいまもなお、数々の伝説が残されています。当時、理想とされていた女性像からは大きくかけ離れ「下品」とまで非難されながらも自身のスタイルを最後まで貫き通した彼女。そういった意味では、「カクテルの女王」と称されるマンハッタンとは相通ずるところがあったのかもしれません。

映画「お熱いのがお好き」

マリリン・モンローという女性を語る上で忘れてはいけないのが、1959年に公開された映画『お熱いのがお好き』でしょう。意外にも彼女の女優人生では晩年の作品ですが、その中でマリリン・モンローがマンハッタンを飲むシーンがあります。ほんの1シーンなのですが、彼女が乱暴に作ったマンハッタンはいつまでも色あせることはありません。

禁酒法時代とは?

映画『お熱いのがお好き』の舞台となったのが、禁酒法時代です。アメリカでは、1920年から1933年まで禁酒法が制定されており、一切のお酒が禁止されていました。とは言っても、もぐりの酒場が横行するなど、法律が守られることはなく…。だからこそ、マリリン・モンロー扮する歌手シュガーもマンハッタンを作ることができたのです。

マンハッタンのレシピ

null それでは、マンハッタンの作り方を確認していきましょう。「カクテルの女王」と称されるマンハッタンですが、意外にも簡単に作ることができます。材料と氷をミキシング・グラスに入れスプーンなどで混ぜるだけでなので、自宅でも試してみてはいかがでしょうか。

基本のカクテルスタイルは以下の通り。

カクテルタイプ ショート
ベース ライ・ウイスキーまたはバーボン、カナディアンウイスキー
グラス カクテルグラス
技法 ステア
琥珀色
炭酸 なし

数種類のお酒を混ぜ合わせるだけのマンハッタンは、作るバーテンダーによって、味も微妙に変わってきます。「面白そう」と感じるかもしれませんが、美味しく作るためには分量もしっかりと図る必要があります。

材料

まずは、マンハッタンを作るのに代表的な材料をご紹介します。

  • ウイスキー:40ml
  • ベルモット:20ml
  • アンゴスチュラビターズ:数滴
  • 砂糖漬けのチェリー:1個
  • レモンピール:適量

マンハッタンのベースとなるお酒はウイスキーです。マンハッタンにはライ・ウイスキーを使用するのが一般的ですが、バーボンやカナディアンウイスキーを使った方法もあります。どれが美味しいのか、いくつか試してみてはいかがでしょうか。

マンハッタンの作り方

次に作り方をご紹介します。

  1. グラスにウイスキー、ベルモット、アンゴスチェラビターズの順番で注ぐ
  2. お酒を覆うくらいの氷を投入しマドラーでゆっくりと20秒ほどかけて混ぜ合わす
  3. お酒が混ざり合ったら、冷やしておいたカクテルグラスに注ぐ
  4. 仕上げにスティックに刺した砂糖漬けチェリーを飾りとしてカクテルグラスに投入して完成

一見、難しいように感じるレシピですが、材料を入れて混ぜるだけと非常にシンプル。プロのバーテンダーでも難しいと言われるマンハッタンですが、しっかりと手順を踏むことであなたでも美味しいマンハッタンを作ることができますよ。

混ぜ方が重要

マンハッタンを美味しく作るうえで重要なのが、混ぜる工程です。この混ぜる動作には、カクテルを冷やすことと、カクテルを薄めるという2つの意味があります。ただがむしゃらに混ぜていただけでは、想像以上に薄くなってしまうでしょう。マドラーをグラスの縁に沿って、なめらかにゆっくりと時間をかけて混ぜるように心掛けてくださいね。

チェリーの種類

マンハッタンには、砂糖漬けされたチェリーが入っているのも特徴のひとつ。このチェリーがカクテルの風味を豊かにしてくれるのですが、何を使っても良いわけではありません。

一般的にアイスクリームなどの上に載っているのは「マラスキーノチェリー」です。その代わりに「ルクサルドマラスキーノ」というリキュールを使用する方が、風味豊かで美味しく作ることができます。

マンハッタンの美味しい飲み方

null せっかくお洒落な夜の演出をしてくれるカクテルなわけですから、美味しく飲みたいですよね。いつも飲んでいるビールなどでもこだわりの飲み方がある人もいるでしょう。マンハッタンでもちょっとした工夫をすることで、より美味しく感じることができるかもしれませんよ。

ウイスキーの種類にこだわる

先ほどのレシピでもご紹介した通り、マンハッタンのベースがウイスキーです。ただ、ひと口にウイスキーと言っても、さまざまな種類がありますよね。一般的にマンハッタンを作る際に使われるのはライ麦を使用したライ・ウイスキーです。ただ、辛口という特徴があるため、これが苦手な人であれば、バーボンやカナディアンウイスキーをおすすめします。

ベルモットのメーカーを選ぶ

マンハッタンを作る上でウイスキーにばかり気を取られがちですが、ベルモットの銘柄にもこだわってみましょう。マンハッタンでは甘口の種類を使用するのが一般的です。しかし、ちょっと冒険して辛口のベルモットを使ってみても面白いかもしれません。また、販売しているメーカーによって味や風味に差があるため、自分好みの銘柄を探してみてくださいね。

添えられたチェリーの食べ方

マンハッタンに添えられたチェリーはいつ食べるの?そもそも残すのはマナー違反?など、チェリーに関する疑問を抱えている人も少なくないでしょう。まず、マンハッタンのチェリーは食べなくても無作法にはなりません。食べるタイミングに関してはいつでも良いのですが、お酒の味が染みてきた頃に食べるとより美味しく感じられますよ。

マンハッタンのアレンジレシピ

null 長い歴史を持つカクテル・マンハッタンは、バリエーションが豊富なカクテルとしても知られています。少し材料や作り方を変えるだけで、味や見た目がまったく異なるカクテルへと大変身。いつも同じお酒も良いですが、いろいろなカクテルを試してみてくださいね。

ロブ・ブロイ

  • 材料
    • スコッチウイスキー:45mL
    • スイートベルモット:15mL
    • アンゴスチュラビターズ:数滴

マンハッタンに使用しているウイスキーをスコッチウイスキーに変えたのが「ロブ・ロイ」です。スモーキーな香りが特徴的なスコッチウイスキーにすることで、ちょっとスパイスが効いたような豊かな香りがして、赤みがかった色になります。

ドライ・マンハッタン

  • 材料
    • カナディアンウイスキー:45ml
    • スイートベルモット:15ml
    • アンゴスチュラビターズ:数滴

マンハッタンの味の要とも言えるベルモットですが、甘口と辛口の2種類に分けられます。一般的には辛口のベルモットを使用するのですが、甘口を使用したものを「ドライ・マンハッタン」と呼んでいます。スパイシーで大人のカクテルに変化しますよ。

リトル・プリンセス

  • 材料
    • ラム酒:40ml
    • ベルモット:20ml
    • アンゴスチュラビターズ:数滴

マンハッタンに使用しているウイスキーをラム酒に変えたのが「リトル・プリンセス」です。そのまま訳すと「小さな王女」という意味になりますが、名前からは想像できないほどアルコール数が高めのカクテル。少しキツイという場合は、ベルモットの割合を半分程度に増やしましょう。

まとめ

大人の女性に相応しいカクテル、マンハッタンについてご紹介してきました。別名「カクテルの女王」と呼ばれ、世界中で長く愛され続けているマンハッタン。そんな名前とは裏腹に、作り方はとてもシンプルで、バーテンダー泣かせのカクテルとしても有名です。また、少し材料を変えるだけで別のカクテルにもなるため、是非試してみてくださいね。