管理栄養士になるには?年収・給料・資格・難易度・取り方を解説

cover-nutritionist.jpeg
管理栄養士とは、管理栄養士になるには?資格取得のために大学は行くべきか?国家試験の難易度、合格率、勉強方法は?その仕事内容、管理栄養士への求人がある就職先はどんなところ?そして、給料や年収はいくら?総合的に解説します。

管理栄養士とはどのような仕事をしているか知っていますか?栄養士や調理師との違いを知らない人も多いのではないでしょうか。

国家資格でもある管理栄養士の仕事内容やその魅力、どのような職場で活躍できるのか。資格取得の方法や気になる苦労や年収についてまで、詳しくご紹介いたします。

国家資格 管理栄養士とは?

null

管理栄養士と栄養士の違いを知っていますか?栄養士よりもさらに高度な専門知識を生かして、人々の栄養管理や栄養指導をおこなう仕事です。

人々の生活や健康に大きく貢献する管理栄養士の仕事内容や、資格の取り方、適性、就職先や年収などを詳しくご紹介します。

仕事

管理栄養士は、人の栄養管理や栄養指導をおこなう仕事です。専門的な知識を生かし、ひとりひとりの身体の状況に合わせて栄養指導をおこないます。

具体的には、病気や怪我をした人に対する療養のための栄養指導、健康保持や健康増進のための栄養指導(特定栄養指導など)、保育園や老人保健施設など特定の施設における給食管理や栄養改善の指導など、多岐にわたります。

栄養士との違い

管理栄養士と栄養士との違いは、管理栄養士の方がより高度な知識を求められるということです。栄養士は、主に健康な人々を対象に栄養指導・給食管理をおこないますが、管理栄養士は、健康な人々だけでなく、傷病を持つ人々のさまざまな症状や体質を考慮した栄養指導・給食管理をおこないます。 また、特別な栄養管理が必要な施設や大規模施設では、管理栄養士を配置することが義務づけられており、他の栄養士の指導・教育をおこなうのも管理栄養士の仕事です。

管理栄養士の魅力

null

管理栄養士の活躍の場は、病院や福祉施設、学校など多岐にわたります。食と栄養のプロフェッショナルである管理栄養士ですが、その仕事ぶりを一般の人々が直接目にする機会は少ないかもしれません。そんな管理栄養士の魅力とはどんなところなのでしょうか。

活躍できる場所が多い

管理栄養士としての高い専門知識を求められる機会が増えており、活躍できる場所が広がっています。 病院では医師や看護師と共に栄養管理を指導するチームの一員として活動。保育園や老人介護施設では給食管理やアレルギー対策、介護予防の栄養指導。保健センターの乳児検診での栄養相談。スポーツジムでトレーニングやダイエット目的の食事指導をおこなうこともできます。

患者さんや利用者に貢献できる

管理栄養士の魅力として、栄養指導した患者さんが快復する様子や、給食を食べた子どもたちの喜ぶ顔、アスリートが試合で結果を出すなど、間近で感じることができます。貢献を実感でき、指導した人から頼りにされることは大きな喜びと自信にもつながります。

近頃は食育への関心も高まり、子ども向けの料理教室などで食を通じた成長や体調管理などのアドバイスをする機会も増えています。

プライベートの健康管理にも役に立つ

管理栄養士は栄養・食に関するプロフェッショナルです。管理栄養士を目指すには、まず自分の健康に関心を持つことが大切です。管理栄養士が健康的に見えなければ、指導する相手は不安になってしまいます。自分の食事内容や生活習慣に気を配り、健康を保つようにしましょう。

管理栄養士になるには

null

管理栄養士になるには国家資格が必須です。管理栄養士養成施設で学び、国家試験に合格後、申請してはじめて管理栄養士として働くことができます。

免許取得の方法は、養成施設の種類や年数と実務経験の有無などにより異なるので、ここでは具体的な取得方法をご説明します。

資格は必須

管理栄養士になるためには、国家資格が必要です。管理栄養士養成施設で学び、国家試験を受けて合格し、厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士になることができます。2つある資格取得のルートを具体的にご説明しましょう。

4年制の養成施設・大学・短大を卒業後、国家試験を受験

4年制の管理栄養士養成施設(大学・専門学校)で学ぶことで、卒業と同時に栄養士の免許が得られます。卒業後は、実務経験なしで管理栄養士の国家試験を受験することが可能です。

学校で受験対策をしたり勉強に専念できるので、合格率は非常に高くなっています。

2〜4年制の養成施設・大学・短大を卒業後、実務経験を積み、国家試験を受験

2〜4年制の栄養士養成学校卒業後、栄養士としての実務経験を積んだ上で、管理栄養士の国家試験を受験することができます。

2年制の短大・専門学校卒業、実務経験3年以上。3年制の専門学校卒業、実務経験2年以上。4年生の大学卒業、実務経験1年以上となっています。

幅広い養成施設から目指すことができますが、仕事と勉強の両立が大変なので、合格率は低くなっています。

管理栄養士国家試験の受け方

null

取得がむずかしいといわれる管理栄養士国家試験ですが、合格のボーダーラインは60%です。しっかりと勉強を重ね基礎知識を身につけることで、合格ラインが見えてきます。

ここでは管理栄養士国家試験を受けるために必要な書類や試験内容、合格率や 勉強方法をご説明しますので、国家試験合格のための参考にしてください。

出願

管理栄養士国家試験の出願には以下のものが必要です。

  • 受験願書
  • コンピューター入力カード
  • 写真
  • 受験資格に該当する者がそれぞれ提出する書類
  • 免許等照合書及び実務証明書
  • 免許等照合書及び卒業・履修見込証明書
  • 免許等照合書及び卒業・履修証明書

試験は年に1回毎年3月中旬に実施されます。願書受付期間は、厚生労働省のホームページで確認するようにしましょう。

願書提出先は原則として、管理栄養士国家試験運営本部事務所へ郵送することになっています。受験手数料は6.800円で、収入印紙を受験願書に貼ることにより納入します。

試験内容

管理栄養士国家試験の内容は以下のとおりです。

  • 全200問
    • 午前の試験:2時間30分
      1. 社会・環境と健康
      2. 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
      3. 食べ物と健康
      4. 基礎栄養学
      5. 応用栄養学
    • 午後の試験:2時間35分
      1. 栄養教育論
      2. 臨床栄養学
      3. 公衆栄養学
      4. 給食経営管理論
      5. 応用力試験

合格のボーダーラインは、総合点の60%です。  

合格率

難易度が高いと言われる管理栄養士国家試験ですが、全体の合格率(平成30年)は60.8%です。その内訳は、管理栄養士養成課程(新卒)95.8%、管理栄養士養成課程(既卒)20.8%、栄養士課程(既卒)19.2%となっています。

新卒者は学校で国家試験対策の講座を受けたり、受験勉強に専念することができますが、既卒者は仕事と勉強の両立が厳しく、合格率が低くなっています。

栄養士養成課程から実務経験を積んで受験することも可能ですが、はじめから管理栄養士養成施設で学ぶほうが、国家資格取得への近道といえます。

勉強方法

管理栄養士国家試験の受験勉強では、過去問を解くことがとても重要です。

何度も何度も過去問を解いて基礎力を身につけましょう。そのとき大切なのは、答えを丸暗記するのではなく、知識として理解することです。

また、法や制度が変わることも多いので、常に最新情報を得ることを心がけましょう。

合格後の免許申請方法

null

管理栄養士国家試験に合格したのち、免許申請をしてはじめて管理栄養士として働くことができます。

申請に必要な書類や申請受付窓口一覧をリンクしてありますので、参考にしてください。

免許申請は必須

管理栄養士国家試験の合格発表は、3月下旬に厚生労働省及び各試験地の事務所 にて発表。厚生労働省のホームページにも掲載されます。合格証書は郵送で交付されます。

合格後に免許の申請を行い、はじめて管理栄養士として仕事をすることができ ます。申請受付窓口はこちらです。

管理栄養士免許申請受付窓口一覧

必要な書類

管理栄養士の申請の際には以下の書類が必要です。

  • 管理栄養士国家試験合格証
  • 戸籍謄本、戸籍抄本若しくは住民票の写し(本籍記載のもの)
  • 収入印紙15.000円分
  • 印鑑(認め印でよい)
  • 栄養士免許証の原本又は写し

管理栄養士に向いている人は?

null

それでは管理栄養士に向いているというのは、どのような人なのでしょうか。管理栄養士は幅広い年齢層のさまざまな環境の人と接する仕事です。

人とのコミュニケーションを取るのが好きで、食や健康への意識が高い人が望ましいといえるでしょう。

健康に気を付けている人

管理栄養士は自分の食事内容や生活習慣にも気を配り、健康的であることが大切です。管理栄養士が不健康そうに見えれば、栄養指導を受ける人が不安に感じてしまうでしょう。自己管理がきちんとできる人に向いている仕事です。

コミュニケーションを取るのが好きな人

管理栄養士は、小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代の人と接する仕事です。人とコミュニケーションを取るのが好きな人ならば、楽しく仕事ができるでしょう。

それぞれ健康状態や生活環境も異なる相手の気持ちをくみ取り、状況や立場を考えて行動できる人が向いている仕事です。

食についての関心の高さ

管理栄養士は食と栄養のプロフェッショナルとして、アドバイスを行う仕事です。食が好きで、つねに新しい情報に関心を持つ研究熱心な人、食のトレンドなどをおさえている人が望ましいです。

つらいこと&大変なこと

null

どんな仕事にも苦労はつきものですが、管理栄養士ならではのつらさや大変さはどのような点でしょうか。労働時間の長さや現場仕事の難しさ、管理栄養士の専門性が理解されにくいなど、実際の仕事内容と待遇とのギャップがあげられるようです。

労働時間が長い

管理栄養士の職場は多岐にわたりますが、勤務時間が比較的長い傾向にあるようです。病院や老人介護施設などでは2交代・3交代制の勤務もあり、保育園や学校などの給食施設では早朝出勤も多いです。食品メーカーなどはクライアントの都合に合わせて残業することもあります。

常に現場に近いところにいなければならない

食に関する国の安全基準や指針が頻繁に変わるため、管理栄養士は常に新しい情報を入手し、現場に近いところで勉強を続けていかなければなりません。

また、医師や看護師、保育士、調理師など他職種の人たちとチームを組んで仕事をすることも多く、人間関係での気苦労もあるようです。

どんな業務をしているのか知られていない

管理栄養士と栄養士の違いが一般的に知られていないために、管理栄養士本来の能力を発揮できないことがあります。

管理栄養士の専門性が見えにくく、雇用主が理解していない場合もあり、事務職や介護職などを兼務している人もいます。

人の健康を支える責任の重い仕事でありながら、世間の評価や待遇がともなっていないと感じることもあるようです。

年収と求人

null

これまでご説明したように、管理栄養士の仕事はやりがいがあり、活躍できる場は多岐に渡りますが、国家資格であるにも関わらず待遇がともなっていない場合もあるようです。

実際にどのような求人があるのか、年収はどのくらいなのか、詳しくみてみましょう。

働ける場所

管理栄養士の職場はさまざまな領域にあり、求人も多岐にわたります。

  • 病院 患者さんの症状に合わせた栄養管理や栄養指導で医療に貢献
  • 小中学校の給食施設 成長期に必要な献立の作成や栄養に関する知識を提供
  • スポーツ関連 アスリートの理想的な身体やコンディション作り、スポーツ愛好家への栄養・食事のアドバイスなど
  • 社員食堂・学生食堂など 幅広い層への健康管理や給食管理
  • 地方自治体・保健所・保健センター 乳幼児の栄養相談や公衆衛生に貢献
  • 福祉施設(老人・障害者・児童など) それぞれの人に合わせた栄養管理・栄養指導
  • 研究・養成機関 管理栄養士・栄養士の養成施設で育成、企業での商品開発・品質管理など

また、管理栄養士の知識を活かして、フリーの料理研究家や雑誌の執筆などで活躍する人もいます。

職場規模にこだわらず、自分自身に合ったやりがいの持てる職場を選びましょう。管理栄養士の資格は、経験を重ねるほど生きてくる資格です。生涯にわたり活用できる資格といえるでしょう。

平均年収は288.1万円

管理栄養士資格取得者の年収平均は288.1万円ですが、年収の差は学歴よりも就職先による違いが大きいようです。

公務員として働く管理栄養士の平均年収が一番高く、351.4万円。年齢が上がるにつれ年収も高くなります。

老人介護施設や保育園などの福祉施設で働く人の平均年収は270.6万円。病院勤務はさらに専門性が要求されるため、給料も高い傾向があります。

食品メーカーなどの製品開発では311.6万円。品質管理では351.6万円程度になります。

また、正規雇用と非正規雇用で年収も大きく異なります。正規雇用のほうが管理栄養士としての年収アップやスキルアップも望めますが、ライフスタイルとのバランスにより非正規で働く方も多いようです。

まとめ

管理栄養士とは、国家資格を持ち高度な知識を生かして栄養指導や栄養管理を行う仕事です。人々の生活や健康に貢献できるやりがいのある仕事でもあります。

仕事内容と一般的な人が持つ管理栄養士のイメージとのギャップなどもありますが、知識や経験を積むことで生涯にわたり活用できる資格ですので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。