黒板アートとチョークを使ったおしゃれなメニュー・看板・POPの書き方

cover-restaurant-blackboard.jpeg
カフェ・レストランでのおしゃれな黒板アートの書き方は?可愛いイラストと文字フォントの書き方を覚えれば、お客様の目を引く看板、メニュー、POPがつくれます。インテリアにもなるおすすめの書き方や、手書きチョークアートデザインを紹介します。

おしゃれで目を引く飲食店の黒板。街を歩いていて見かけることも多いですよね。お客さまに立ち止まってもらうための看板として掲示したり、メニューを書いたり、店内をおしゃれに飾るインテリアにしたり。さまざまな用途に使えます。印刷されたメニューとは違い、黒板は日々書き換えられますから、飲食店にとって大変便利なアイテムです。おしゃれな黒板の使い道と書き方、参考になる本や実際に黒板を活用されている素敵なお店をご紹介します。

集客に効く黒板アート

null

飲食店の黒板の使い道としては、

  • 店頭で目を引く看板を作る
  • 店内に置くおしゃれなメニューを書く
  • インテリアとして活用する

という3つの使い道があります。

お客さまにお店のイメージやおすすめメニューなどをアピールするために、黒板を上手に活用しましょう。ここでは、おしゃれな黒板の活用方法をご紹介します。  

おしゃれな黒板看板で集客

数ある飲食店の中で自分のお店を選んでもらう。そのためには街を歩いているお客さまに興味を持ってもらうことが大切です。そんなとき店頭に置く黒板アートは強い味方になってくれます。ひと目でお店の雰囲気や価格帯が伝われば、お客さまが入店しやすくなります。

黒板で看板を作るときに大切なことは、情報を詰め込みすぎないということです。お客さまに知ってもらいたいとあれもこれもと書いてしまいがちですが、情報が多すぎるとかえって読む気がしなくなってしまうものです。お店のおすすめやランチメニューなど、伝えたいことを絞って書くことがポイントです。看板の役割はアイキャッチで、お客さまを店内へと誘導するもの。詳しいメニューは店内でゆっくり選んでいただければ良いのです。書いたり消したり自由であるという黒板のメリットを利用して、個性的で目を引くおしゃれな看板を作りましょう。

黒板におしゃれなメニューを書く

黒板の1番のメリットは何回でも書き直せることです。日替わりメニューやその日のおすすめメニューなど、飲食店では日々伝えたい情報が変わってくるので、書き換え自由な黒板を大いに活用しましょう。このときに大切なのは、やはり読みやすく、おしゃれなメニューを書くということです。

おしゃれなメニューを書くコツは、黒板の端から端まで詰め込まず、黒板をひとつの画面としてとらえてレイアウトすることです。フォントや色を使いすぎず、文字の大きさで強弱をつけたり、イラストをそえたりするとおしゃれです。持ち運べるサイズの黒板を用意すれば、お客さまに見せながらおすすめできて便利ですね。

黒板をインテリアにする

黒板をインテリアとして活用することもできます。 黒板特有の色や質感とそれに書かれた手書きの文字は、それだけでもおしゃれな雰囲気を演出してくれます。手書きならではの個性が出るので、お客さまがお店へ親しみを持ちやすくなるでしょう。

お店の一角の壁面全体を黒板にしてみたり、一部分にポイントとして黒板を使うのもアクセントになります。DIY可能な黒板塗料や貼って剥がせる黒板シート、持ち運べる黒板ボードもありますので、お店の集客アップや雰囲気作りに取り入れてみてはいかがでしょうか。

黒板メニューを書く前にそろえるもの

null 黒板メニューを書く前に

  • 黒板やブラックボード
  • マーカーやチョーク

を揃えましょう。黒板とペンの相性は重要で、材料選びは上手に書くコツでもあります。ここでは、黒板の購入方法やおすすめのペンなどをご紹介します。

黒板やブラックボードを買う

看板やメニューボードに使う黒板は、インターネットや画材店、インテリア小物を扱う雑貨店などで購入できます。 また、小さいサイズのものですと100円ショップで売られていることもありますので、足を運んでみてください。慣れないうちは安価な100円ショップの黒板を購入して、何度も練習してコツをつかむことをおすすめします。 さらに、本物の黒板なのか、黒板に見える光沢ボードなのかを確認して購入しましょう。書くための道具(マーカーやチョーク)が異なります。

ペンを選ぶ

黒板が決まったら、次はペンを選びましょう。黒板やボードとの相性や使い勝手の良さなど、ペン選びはとても重要です。材料選びが上手に書くコツのひとつともいえるでしょう。 書くための道具には、ペンタイプのマーカーと本物のチョークがあります。

ペンタイプのマーカーでおすすめなのは、三菱鉛筆「ブラックボードポスカ」馬印「POPゲルチョーク」です。ペンタイプなので扱いやすく太さも選べます。 チョークより発色が良く、水拭きで消すことができます。馬印「POPゲルチョーク」のほうがチョークのような仕上がりです。 本物のチョークで書きたい方には、日本理化学工業の「ダストレスチョーク」がおすすめです。人体に害のない原料を使い、粉末が飛散しないので飲食店でも安心です。

三菱鉛筆「ブラックボードポスカ」

null

出典:https://www.mpuni.co.jp

Amazonで購入する

馬印「POPゲルチョーク」

null

出典:http://www.uma-jirushi.co.jp

Amazonで購入する

日本理化学工業の「ダストレスチョーク」

null

出典:http://www.rikagaku.co.jp

Amazonで購入する

おしゃれな黒板メニューの書き方

null

実際に黒板にメニューを書くためには下準備が必要です。黒板やペンなどの材料を揃えたからといって、すぐに黒板メニューが書けるわけではありません。しっかり準備をして黒板メニューを書きましょう。 下準備のためのシーズニングという方法文字を書くときの下書きの仕方フォントの特徴や書き方のコツなどをご説明します。

黒板チョークの色がのるようにシーズニングする

黒板のシーズニングとは、黒板にチョークが乗りやすくするように、初めに黒板をならす作業です。シーズニングすることで、書き味が滑らかになり、消した後の消え残りも防げるので、ぜひやっておきましょう。

####シーズニングの方法

  1. 黒板全体を、少し強めにチョークをこすりつけるように塗りつぶす
  2. 黒板消しでチョークを丁寧に拭き取る
  3. 固く絞った雑巾で拭く

これを最初にやっておくことが上手に書くコツのひとつです。

下書き(鉛筆・PC)を黒板に写す

いざ黒板に書こうと思っても、いきなりフリーハンドで上手な文字を書くのはむずかしいと思います。慣れないうちや文字や絵を書くのが苦手な方は、お気に入りの書体を見つけて、まずは下書きをしましょう。下書きをすれば、実際に黒板に書く時も塗り絵感覚で楽しめます。 書体やイラストはおしゃれな雑誌を参考にしたり、PCでフリーフォント、フリーイラスト素材などで検索したりすると出てくるので、お気に入りを見つけてください。

下書きから黒板に写す方法

  1. 書体をコピーまたはPCからプリントアウトする
  2. 紙と黒板の間にチャコペーパーをはさむ
  3. 紙がずれないようにマスキングテープで固定する
  4. 紙の上からボールペンでなぞる

これで黒板に書きたい文字が写せたので、あとはマーカーやチョークで書いていきます。自信のある方は白い色鉛筆を使って、黒板に直接下絵を書いても大丈夫です。

おしゃれなフォントやイラストを黒板に書く

黒板アートで使われるアルファベットのフォントには、ゴシック体・筆記体・袋文字があります。

ゴシック体は、読みやすく力強い印象です。情報をはっきり伝えたい時に適しています。筆記体はエレガントでおしゃれな印象です。読みやすさよりも、イラストのような感覚でアクセントに使うと効果的です。袋文字は文字を塗りつぶさず、アウトラインだけのカジュアルでポップな印象です。

日本語フォントには、目立ちやすいゴシック体、日本的な明朝体、また手書き風の文字があります。フォントやイラストはPCでフリーフォント、フリーイラスト素材を検索するとたくさん出てくるので、見つけてみましょう。

基本的に文字は白で書き、色を使いすぎないようにしましょう。フォントもあれこれ使いすぎないように大きさで強弱をつけることがコツです。強調したい部分は枠で囲い、見やすいレイアウトにするように心がけましょう。

おしゃれな黒板アートの書き方を学べる本3選

null

黒板に書く内容が決まっても、なかなか素敵なフォントやイラストを書くのは難しいという方もいらっしゃると思います。そこで、おしゃれな黒板を書くために、初めての方にもわかりやすい、レタリングの基本から実際の書き方まで、丁寧に解説された本を3冊ご紹介します。

「すばらしき手描きの世界」

おしゃれなお店の黒板など、手描きグラフィックが大人気のチョークボーイによる手描きグラフィックの入門書です。レタリングやイラスト、装飾、フォントアレンジの基本から、メニューやショップボードなど、黒板の一通りの書き方を丁寧に解説。たくさんの例を取り上げながら、ポイントやテクニック、効果的なメッセージの伝え方も教えてくれます。

「すばらしき手描きの世界」チョークボーイ null 出典:amazon.co.jp

Amazonで購入する

「大人黒板おしゃれなチョークアートの描き方」

おしゃれなカフェなどで人気のチョークアート。初めて黒板を書く方にもおすすめの1冊です。丁寧にわかりやすく図解されているので、手順通りに書くだけで、素敵な黒板アートが完成します。作品も多数掲載されていて、一部の作品は著者による動画も投稿されているので、参考にしてみてください。

「大人黒板おしゃれなチョークアートの描き方」 null 出典:amazon.co.jp

Amazonで購入する

「チョーク文字レッスン 黒板、看板、店舗ボードのかわいい描き方」

「チョーク文字レッスン 黒板、看板、店舗ボードのかわいい描き方」ヴァレリー・マッキーハン(著)、井原恵子(翻訳) アメリカで大人気のチョークボードアーティストが、黒板や看板、店舗ボ—ドのおしゃれな書き方を手ほどきしてくれます。基本の文字の書き方からテクニックやコツを段階をおって解説してくれ、最後には大きな作品の作り方も教えてくれています。 null

出典:amazon.co.jp

Amazonで購入する

 

おしゃれな黒板の使い方をしているカフェ・レストラン3選

null

ここまで黒板の書き方やおすすめ本について説明してきましが、実際のお店はどんな黒板の使い方をしているのでしょうか。 素敵な黒板の使い方をしているお店を3店舗ご紹介します。是非、これらのお店を参考にして、おしゃれな黒板の使い方をしてみましょう。

AM Tcafe 大宮店

こちらのお店では、文字だけでなくイラストを織り交ぜています。セットメニューやおすすめメニューのイラストを大きく書くことで、ダイナミックな印象があり食欲をそそられます。 店内のメニュー表 null 出典:http://amt-cafe.com/

HOT STAND PELLS

こちらのお店は、店頭の看板や店内のメニューなど、黒板がたくさん使われています。ピンクと水色のかわいらしい店舗と黒板に書かれたチョークアートのやさしい雰囲気が、ほっとくつろげる空間を作り出しています。

店頭の黒板 null 出典:https://goodcoffee.me/coffeeshop/hot-stand-pells/

Clinton St.Baking Company&Restaurant

こちらのお店は黒板を壁面いっぱい大胆に使い、店内のインテリアとして効果的になっています。黒板自体の色合いやそこに書かれた白いチョークの字体もおしゃれですね。

店内の大きな黒板 null 出典:tabelog.com

まとめ

黒板を使ったおしゃれな看板やメニュー、インテリアの取り入れ方や効果的な使い道、実際の書き方と道具類、参考になる本や店舗など、黒板に関するさまざまな情報を紹介させていただきました。

きちんと下準備をして黒板を看板やメニュー、インテリアに使うことで、店内はとてもおしゃれな空間になるはずです。黒板の書き方を習得し、上手に取り入れてお店の集客アップにつなげましょう。