食品衛生責任者資格の有効期限は?取得方法と更新有無の解説

cover-restaurant-food-hygiene.jpg
食品衛生責任者は、飲食店を開業する際には必ず必要な資格です。資格を得るためには、講習会に参加しなければいけません。この記事では、食品衛生責任者の取り方やテスト、有効期限、プレートの掲示、取得後の更新の有無について解説していきます。

飲食店を開業するにあたって、設備を揃えたり、メニューを作るとすぐに開業ができると思っている方はいませんか?営業許可を受けた飲食店では、お店ごとに最低1名の食品衛生責任者をおかなければなりません。 食品衛生責任者の資格を取得するためには、保健所が実施する講習会を受ける必要があります。

本記事では食品衛生責任者の資格の説明、講習内容や申請方法、必要な費用などについて紹介していきます。 決して難しい講習会ではないので、早めに資格を取得して飲食店を開業の準備を整えましょう。

食品衛生責任者資格に有効期限はない

食品衛生責任者資格はすべての飲食店に必ず必要な資格です。面倒と思われている方も多いかと思いますが、 資格に有効期限はありません。原則、更新手続きなどは義務付けられていません。ですので、これから飲食店を始めようとされている方は、その後一生使える資格ですので、取っておいて全く損はありません。

このことを念頭において、食品衛生責任者について説明していきましょう。

食品衛生責任者とはどんな資格?

null

食品衛生責任者の役割

飲食店に置く必要がある食品衛生責任者とはいったいどのような仕事を行うのでしょうか?

食品衛生責任者の役割や義務は次のようなものです。

  • お店における食品衛生上の管理や運営に当たること。たとえば、従業員に手洗いや消毒の実施を徹底させたり、食材や調理器具の取扱いに細心の注意を払う必要があります。

  • 食品衛生上の事故の発生を防止するため、必要に応じて経営者などに改善のアドバイスをしたり、改善策を促すこと。たとえば、包丁やまな板などの調理器具が古くなったら買い替え、冷蔵庫の冷え方が弱くなったら点検・修理、買い替えを提案します。

  • 食品関連の法令を遵守すること。食品衛生法やその他の法律を、自らが守ることは当然、ほかの従業員にも守るように指導・徹底しなければなりません。

このように、食品衛生責任者の役割は重要です。そのため、食品衛生責任者資格を取得した後も、各保健所の管轄区内で実施している実務講習会などにも定期的に参加し、最新の食品衛生管理について学ぶことが必要です。

食品衛生責任者は飲食店に最低1名必要

食品衛生法では「飲食店に起因する危害の発生を防止し、よって国民の健康の保護を図ること」と規定されています。 食品衛生は、お客様が飲食したあとまで食品の安全性を確保し、保障できるものでなければなりません。

このようにお客様の生命や健康の安全を担っているわけですから、しっかりとした食品衛生に関する知識、技術、ノウハウを持った食品衛生責任者資格を有する人が、飲食店には最低1名、食品衛生責任者として常駐する必要があるのです。

食品衛生責任者がいない場合のペナルティ

飲食店を経営するには、原則、営業許可と食品衛生責任者の設置が義務付けられています。オープンに際し、営業許可は取得できたが食品衛生責任者講習会の受講が間に合わない場合はどうなるのでしょうか?

その場合、保健所の窓口へ「食品衛生責任者設置誓約書」を提出することで、数か月の猶予が可能です。その間に食品衛生責任者資格を取得すれば問題ありません。

それ以外で食品衛生責任者不在、または名義貸しなど、他人名義で営業すると、行政処分として、指示、営業停止、営業許可の取消しの対象となります。その他行政罰として、2年以下の懲役または200万円以下の罰金(食品衛生法)が科されることもあります。

食品衛生管理者との違い

食品衛生責任者とよく間違われるのが、「食品衛生管理者」という資格です。

食品衛生管理者は、乳製品、食品添加物、食肉製品、食用油脂等、特定の食品を製造や加工をする施設に1名おかなければいけません。 食品衛生責任者が飲食店につき最低1名必要ですが、食品衛生管理者はほとんどの飲食店でおく必要がありません

食品衛生管理者になるためには、医師や薬剤師免許を持っていることや特定の大学や専門課程を卒業していることなどが求められます。 また、3年以上の衛生管理実務経験がある人は、講習会を受講すれば食品衛生管理者資格を取得できます。ですが、講習会は期間が2ヵ月、費用が約30万円必要で、資格取得はハードルの高いものとなっています。

食品衛生責任者資格の取り方

null

講習会を受講する

食品衛生責任者資格を取得するには、医師、栄養士、調理師など、一定の資格を持った人たちを除いて、一般には都道府県や保健所などが実施している、食品衛生責任者養成講習会を受講する必要があります。

講習会免除の条件

食品衛生責任者資格取得には、一般的な方法として、食品衛生責任者養成講習会の受講が必要なわけですが、一部の有資格者の場合、食品衛生責任者養成講習会の受講が免除されます。主な資格は次のようなものです。

1.栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、と畜場法に規定する衛生管理責任者、船舶調理人など。 2.医師、歯科医師、獣医師、薬剤師などの食品衛生管理者もしくは、食品衛生監視員となることができる有資格者。 3.平成9年以降、他の都道府県で受講を終了している人。

食品衛生責任者養成講習会の受け方

null

予約方法と注意点

食品衛生責任者養成講習会の予約方法や注意点については、都道府県や政令指定都市などにより違うので、必ず開業する地域の保健所のホームページをチェックしてください

また、食品衛生責任者養成講習会は先着順となっています。申し込みの多い講習会ですので、早めに予約申し込みをしないと、定員に達し次第締め切られてしまうので注意が必要です。

その他の注意すべき点は、正確な文字で丁寧に受講証を書くこと、記入漏れ、必要な切手などは不足のないよう十分確認してください。

受講に必要な持ち物と費用

食品衛生責任者養成講習会受講に必要な持ち物や費用は、都道府県により多少の違いはありますが、大きく異なるものではないので、東京都の場合を紹介します。

東京都では、受講当日の持ち物は以下の通りです。

  • 受講票
  • 筆記用具
  • 受講料1万円(教材費込み)
  • 受講票の記載を確認できるもの、また、外国人の場合は在留カード、特別永住者証明書

講習会当日の流れ

食品衛生責任者養成講習会の内容についても、都道府県ごとに大きな違いはないようなので、こちらも東京都の食品衛生責任者養成講習会を例に見ていきます。

受講当日は9時30分までに入室し、受講料の支払い後、指定された席に着席します。机の上には当日使用するテキストとして、「食品衛生責任者教本」と「食品衛生責任者講習会ノート」が置いてあります。 その後、受講上の注意があり、10時から講義開始となります。講義時間は、途中休憩をはさんで、約6時間におよびます。

講義科目としては、衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学に関する講義、食品衛生に関するビデオ講習、テストとなっています。そして最後に受講修了証が交付され、終了となります。

講習会で行われるテストについて

講習会でテストが行われると知って不安になられた方も多いのではないでしょうか?

食品衛生責任者養成講習会の最後に行われるテストの内容は、3択式の問題が5問出題されます。難易度としては、ひっかけ問題も散見されるので、6〜7割の正解が多いようです。また講義中、出題される部分は、アンダーラインなどを引くようにアドバイスしてくれるので、満点も可能とのことです。

得点があまりに低い人は残されるようですが、本来落とすための試験ではないので、不合格ということはほとんどなさそうです。

食品衛生責任者資格を取得後

null

受講証明書を受領する

受講証明書の交付についても、やはり都道府県などにより多少異なりますが、東京都の場合、当日発行、交付されます。

講習終了後、食品衛生責任者手帳が交付されますが、これが食品衛生責任者修了証(受講証明書)となります。

お店に食品衛生責任者のプレートを掲示する

原則、経営者は、お店のなかの見やすい場所に、食品衛生責任者の氏名を記したプレートを掲示しなければなりません。 プレートの金額は、800〜1,000円が多いようです。東京都では条例により、サイズが一辺10㎝×多辺20㎝以上の長方形としており、金額は800円となっています。

食品衛生責任者掲示プレート null 出典:http://www.toshoku.or.jp/eiseijigyo/arekore-sekininsya_yakuwari.html

有効期限や更新の有無

冒頭にも書きましたが、食品衛生責任者に有効期限はありません。また、更新については都道府県などによると思いますが、原則、更新手続きなどは義務付けられていません。ただ、次に説明する「食品衛生責任者実務講習会」などに参加しなければならない場合があります。

食品衛生責任者の実務講習会に参加する

食品衛生責任者資格を取得した後も、実務講習会に参加しなければならない場合があります。 こちらも地域により参加要件などが必須になっていたり、任意だったりします。東京近辺では任意としているところが多いですが、大阪市や堺市、その他府下の都市では、指定講習となっているようです。

任意ではあっても、定期的に食品衛生責任者の実務講習は受講し、食品衛生に関する最新の情報を吸収しておくと良いでしょう。

受講証明書を紛失したときの再発行について

食品衛生責任者の受講証明書または受講修了証を紛失した場合、再発行することは可能ですが、受講証明書等の番号が必要となります。番号が不明の場合、再発行することができません。不測の事態に備えて、番号はどこかに記録しておくといいでしょう。

再発行申請書を担当窓口に提出すれば、即日発行してもらえます。手数料は2,000円となります。郵送の場合は、手数料2,100円を現金書留で納付します。

まとめ

このように飲食店を開業するには、食品衛生責任者の資格が必須条件となっています。一般的には、都道府県などが実施する食品衛生責任者養成講習会に参加し、資格を取得します。ですが、定期的に実施しているにもかかわらず、常時満杯となってしまう講習会ですので、早めの予約申し込みが必要です。

また、食品衛生責任者は、食品の製造・加工・調理・提供のすベての場面で細心の衛生管理が求められます。そのために、食品衛生責任者には、最新の高度な衛生管理の知識を吸収していきましょう。