閉店の危機?外食産業・飲食店のバイト・人手不足の原因と解決

cover-restaurant-short-staff.jpeg
外食産業・飲食店の人手不足は深刻です。アルバイト不足でサービスが低下し、クレームが出て、閉店に追い込まれたり。人手不足による負のスパイラルの食い止め方とは?飲食業界の人手不足の原因とその解決策・求人対策・おすすめサービスをまとめました。

人手不足を解消するにはどうしたらいい? 求人しても応募がないのはなぜだろう?従業員・アルバイトスタッフが長続きしないのはどうして?

多くの飲食店の経営者が人手不足に頭を悩ませています。 この記事では、

  • 人手不足の原因
  • 解決に役立つサービス をご紹介します。

具体的な解決策を知って、従業員・アルバイトスタッフの数を確保して、お店をますます繁盛させましょう。

外食産業・飲食店は人手不足に悩んでいる

null

飲食店において、働く従業員・アルバイトスタッフはとても大切な存在です。 ですが、現在飲食店業界では、人手不足が深刻な問題となっています。 人手不足から陥る「負のスパイラル」を認識し、人手不足の飲食店への影響について理解を深めましょう。

「人手不足」は外食産業界が抱える大きな問題

飲食店における人手不足は、2018年4月の帝国データバンクの調査によると「正社員不足」は63.6%、「非正社員不足」は77.3%と、大多数の飲食店が感じており、飲食業界全体の大きな問題になっています。

2017年には飲食店の倒産件数が過去最多となっており、業界全体で人手不足解消に向けた取り組みを進めていく必要に迫られています。

最悪閉店の危機「負のスパイラル」

人手不足になってしまうと、従業員1人に対する仕事量が増え、長時間労働や負担増加につながっていくことになります。そうした労働環境に嫌気がさした従業員が辞め、さらに人手不足が深刻化するという状態を招いてしまいます。

また、多忙さから先輩従業員が新人研修に割ける時間が減り、新人が教育不十分なまま現場対応を任されてしまうことがあります。その不満から早期退職が増えることで、ますます人手不足が加速していくことになってしまうのです。

このように人手不足が深刻化すると、店のサービスの質が低下し、従業員からの不満だけでなく、お客さまからもクレームが増加する可能性があります。お客さまの満足度が落ち、来客数が減ると、売上にも影響してきます。

売上が減少すればさらに人件費を削らねばならず、オーナーが休みなしで勤務してしまい、挙句の果てには体調を崩し仕事を続けられず、最悪閉店にまでいたるような事例もあります。

では、飲食店の人手不足からなる「負のスパイラル」を解決するには、どうしたらよいのでしょうか? 後の「人手不足を解消するには」の項目で、人手不足対策の具体的なサイトやサービスをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

外食産業・飲食店が人手不足に陥るのはなぜ?

null

飲食店が人手不足になるそもそもの原因として考えられることは、

  • 資金不足による人件費や求人広告費の不足
  • アナログで非効率的なシステム
  • 飲食店は労働環境が悪いと思われている

ことがあげられます。人手不足を招く原因を知り改善できる点はないか、お店の労働環境を見直してみましょう。

資金不足による人件費や求人広告費の不足

飲食店経営で一番大きな費用は人件費です。 資金不足から給与水準が低く従業員が集まりにくかったり、求人広告に回せる資金が足りずに、求人すらできないといったことがあります。

人件費や求人広告費に回せるお金が足りないことで、人手不足に陥ってしまいます。  

アナログで非効率的なシステム

飲食店では即戦力となって働いてくれる存在が求められています。 ですが、研修を怠ってスキルの低いまま現場に従業員を置くと、厳しい職場環境になりますし、短期退職を招く原因にもなります。そのため人数は足りていても、スキルの低さが人手不足を感じさせることになります。

飲食店は、システムに改善の余地があるにも関わらず、人力で業務を全てカバーしてしまうことが多々あります。その結果、ひとりひとりの仕事量が増え、人手不足を感じる原因になっています。

とくに個人経営の飲食店では、長い目で見れば利益が出るにも関わらず、システムの改善に費用をかけない傾向があります。  

飲食店は労働環境が悪いと思われている

飲食店の従業員は、年間休日が少なく拘束時間が長いなど、労働環境が悪いというイメージがあります。社員だけでなく、アルバイトの募集をしても応募すらないという現実が人手不足を招いています。

業界全体のそのようなイメージを払拭し人手不足を解消するために、労働環境を見直してみましょう。

人手不足を解消するには

null

人手不足を解消するための対策として、

  • 人件費・求人広告費の確保
  • 求人広告を効果的に打つ
  • 外国人を採用する
  • 厨房内作業を自動化できる機械の導入
  • セルフオーダーシステムの導入
  • シフト作りの機械化
  • 働きたいと思える魅力的な店作り
  • 研修を大切にする
  • 従業員との面談

などがあげられます。 これらに役立つ具体的なサイトをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

コストを削減して、人件費・求人広告費を確保する

飲食店業界全体が人手不足のなか、それぞれのお店が従業員・アルバイトスタッフ確保に工夫を凝らしています。 厳しい競争のなかで人手不足を解消するためには、お給料が安くては人は集まりません。また、従業員・アルバイトスタッフ募集のための広告費を確保できなければ、広く募集をすることすらできません。

人件費や求人広告費を確保するためには、お店にかかるコストの見直しが重要になってきます。飲食店でコスト見直しに役立つ3つの方法をご紹介しますので、ぜひ検討してみてください。   

電気代の節約としての「LED電球の導入

電気代を節約するためにLED電球の導入を考えてみてはどうでしょうか? LED電球は消費電力が少なく、電気代を節約できます。また、普通の電球より寿命が長く、電球交換の手間が省けます。 さらに、購入コストも近年下がってきているので、LED電球を導入して電気代を節約してみてください。

エネチェンジまちエネなどの安い電力会社を検討する

電力自由化によって、電力会社を自由に選べる時代になりました。電力使用量によって値段の上がり方も違うため、従来の電力会社と 「エネチェンジ」「まちエネ」を比較して、自分のお店に合った料金プランを検討してみることをおすすめします。

  

レシピやポーションを見直して原価を下げる「ポーションリストの作成

コストの削減を図るために、レシピやポーションの見直しを行いませんか? 「食材別ポーションリスト」を使って、食材別にポーション(1皿分の分量)を明確に決めておき、食材ロスをなくすことができます。

メニュー内容を見直して数字化することで、廃棄を防ぎ原価管理がしやすくなります。 「うちは無駄なくやっている」というお店も、ポーションリストを活用してみると、たいがい無駄があったことに気づきます。 ぜひ一度試していただくことをおすすめします。

求人広告をもっと効果的に打つ

求人をするときに旧来のままの方法に頼っていませんか?

飲食店でよく見かける張り紙や、印象に残らないバイト募集チラシなどを使っている方も多いでしょう。また、求人サイトの登録費用などが無駄にかさんだりしていないでしょうか。 広告費を効果的に使うために、役立つサイトをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。   

パワポン

null 出典:https://ppon.askul.co.jp 飲食店のチラシ、求人広告などが無料のテンプレートで簡単に作れます。 コピーや画像を編集するだけで、プロが作ったようなチラシができあがります。

  

何を載せればいいか分からない人へ最も効果的な求人広告を作るための10のコツ

null 出典:http://offers.indeed.com/ 最も効果的な求人広告を作るためのコツが詳しく書かれているサイトです。 「専門用語をさける」や「誇張をしない」など求人広告を作る初心者にも分かりやすいような内容になっています。

マッハバイト

null 出典:https://j-sen.jp/lp/publication_plan 無料掲載し採用したときに報酬を支払う成功報酬プラン、低価格の掲載課金プランで、広告費を無駄にしないよう求人ができるサイトです。

食べるんだ

null 出典:https://runda-taberu.jp/concept 飲食業界に特化した求人サイトです。

掲載無料で採用されるまで初期費用の一切かからない完全成果報酬型で、無駄な広告費を削減できます。

外国人を採用する

飲食店の人手不足解消として、今後は外国人を従業員・アルバイトスタッフとして積極的に採用していくことが、重要になってきます。 しかし、就労ビザや資格活動外許可を取得しているかなど、気をつける点があります。また、言葉や文化・習慣の違いなどを理解し、働きやすい環境を作っていかなければなりません。

外国人に特化した求人サイトがありますので、活用されてはいかがでしょうか。   

ジョブパートナー

null 出典:https://jobpartner.a-ic.co.jp 外国人留学生・労働者に特化した職業紹介サービスです。採用後も退職まで永続的に外国人就労者のサポートをしてくれます。   

カタコトバイト

null 出典:https://kata-koto.com 日本語が苦手な外国人の方のための、ひらがな表示のサイトです。外国人の方がアルバイトの求人を見つけやすくなっています。   

Nippon仕事com

null 出典:http://nipponshigoto.com 採用するまでの求人費用がかからない外国人紹介サービスです。掲載費は無料で、掲載件数や期間に制限がありません。  

厨房内作業を自動化する機械の導入

飲食店の人手不足を解消するために、調理や食器洗いなど、機械で代替できるところには、積極的に機械を導入しましょう。

スチコンの導入

スチームコンベクションオーブンの略称で、水蒸気と熱風の量を設定して調理を行う多機能加熱調理機器。焼く・煮る・炊く・炒める・揚げる・茹でる・蒸す・温めるなどの飲食店で行われる約8割の加熱調理が可能です。

スチコンの選び方や使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

業務用食洗機を導入する

業務用食洗機を使えば人件費や水道代が節約でき、電気代を差し引いても、総合的には経費の節減になります。また高温で洗浄するので殺菌効果も得られます。

業務用食洗機の選び方や使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

セルフオーダーシステム導入

飲食店の人手不足の解消法として、セルフオーダーシステムの導入があります。 テーブルにタッチパネル式のタブレットを置き、お客さまに自分で注文してもらうシステムです。

ホールスタッフによるオーダー取りの手間を省き、オーダーミスを減らすことができます。飲食店向けセルフオーダーシステムランキングは、たくさんあるセルフオーダーシステムの中から、お店の形態にあったシステムを探せるサイトになりますので、活用してみてください。

 

シフト作りを機械化

手書きの表や、エクセルシートでシフト管理してはいないでしょうか?

お店の来客数による繁盛時間帯や曜日など、来客分析・売上予測と従業員のシフトはマッチしているでしょうか。機械化によるシフト管理で無駄な労働を減らし、人手不足解消につなげましょう。   

ジョブカン勤怠管理

null 出典:https://jobcan.ne.jp/functions 直感的な操作画面でシフトを管理。LINEによるシフト確認も可能です。

R-GROUP

null 出典:https://jp.r-group.com シフト管理やタイムカード機能のある完全永久無料のグループウェア。クラウド型でインストール不要です。   

AirSHIFT

null 出典:https://airregi.jp/shift/?lid=lpargfoot シフト表の作成やチャットを使ったスタッフとのやりとりが可能で、急な調整や連絡などにも対応できます。  

より働きたいと思える魅力的な店にする

飲食店の人手不足を解消するためには、従業員が長く働き続けたいと思えるようなお店にすることが必要です。魅力的な職場にするために見直すべき2点をご提案します。

ユニフォームの見直し

お店の制服に憧れて、求人に応募するということも多いかと思います。

最近のユニフォームは、機能性だけでなくデザイン的にも優れたものがたくさんあります。今の制服を見直し、素敵なユニフォームの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ユニフォームのブランドや通販サイトを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。   

店内レイアウトや家具の見直し

居心地の良いお店作りは、お客さまだけでなく、その場所で長く時間を費やす従業員にとっても大切な要素です。店内のレイアウトが悪ければ、接客の際の動線が悪くなり、テーブルや椅子などの家具の高さが悪ければ、サービスする際、従業員の体に負担をかけることになりません。

より良い環境で働き、長く続けてもらうためにも店内レイアウトや家具の見直しをおすすめします。 テーブルや椅子の通販についてを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 カフェのインテリアの作りについてを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

研修を大切にする

飲食店において、コミュニケーション力や洞察力、チームワークなどが必要になってきます。また、言葉遣いや立ち居振る舞いなど、即席では身につかないこともあります。 研修期間を最優先にして、新人のスキルアップを図ることが作業効率化への近道、ひいては人手不足の解消につながってきます。見て覚えてもらうのではなく、研修マニュアルを使い確実に指導することが、即戦力の育成になります。   

多店舗ビジネス展開を予定している方へClipLine

null 出典:https://clipline.com/service/ 新人の研修マニュアルなどをデジタルにすることで、効率化できるシステムです。意思の疎通を行いにくい多店舗展開においても、動画を活用した仕組みで研修の効果を最大に発揮できます。  

従業員との面談を定期的に行う

雇用者と従業員との適切で良好な人間関係は、職場環境においてとても大切です。お店の業績や評価をできる範囲で共有し、自分も運営の一端を担っている自覚を持ってもらうのがいいでしょう。 そこで定期的に面談を行うことで、従業員からの要望を聞き、やりがいや目標を持ってもらいましょう。   

職業能力調査シートサンプル付き厚生労働省外食産業の人材育成のために

null 出典:http://www.mhlw.go.jp/ 飲食店の人材育成を目的とした、職業能力評価シートのサンプル付きマニュアルです。従業員のスキルアップのために参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

多くの飲食店が悩んでいる人手不足。時には人手不足が飲食店を閉店に追い込んでしまうほど、深刻な問題です。 今回記事では、人手不足を解決する方法として以下の9つの対策を提示しました。

  • 人件費・求人広告費の確保
  • 求人広告を効果的に打つ
  • 外国人を採用する
  • 厨房内作業を自動化できる機械の導入
  • セルフオーダーシステムの導入
  • シフト作りの機械化
  • 働きたいと思える魅力的な店作り
  • 研修を大切にする
  • 従業員との面談

これらの解決策やサービスを参考にしながら、従業員を増やし、システムの効率化を図り、飲食店の経営を成功させましょう。