渋谷南平台プロジェクト、渋谷ソラスタ(SHIBUYA SOLASTA)のテナント、オフィスを紹介

nanpeidai 01
渋谷の南平台プロジェクトのビルは渋谷ソラスタ(SHIBUYA SOLASTA)となりました。SOLA(空)+SOLAR(太陽)+STAGE(ステージ)の造語です。新たに誕生する渋谷ソラスタ(SHIBUYA SOLASTA)のテナント、オフィスなど紹介します。

大規模オフィス需要にこたえる高層オフィスビル「南平台プロジェクト(渋谷ソラスタ)」

2019年5月に竣工予定の南平台プロジェクト。東急不動産HDと東急不動産の本社があった新南平台東急ビルをはじめ、南平台東急ビル、渋谷TODビル、広井ビルなど複数のビルがまとめて建て替えられています。 各階にグリーンテラス、屋上には渋谷を一望できる庭園を設けていて、高さ107m、地上21階のオフィスビルとなっています。

null (写真の出典: 東急不動産株式会社のオフィシャルホームページ)

南平台プロジェクト(渋谷ソラスタ)のオフィス

渋谷はベンチャー企業が集う街ですが、渋谷のベンチャー企業の成長に伴い、大規模オフィス需要にこたえようとしたオフィスが南平台プロジェクトです。 南平台プロジェクトには、東急不動産ホールディングスや東急不動産、東急ハンズなどの関連会社が入居予定です。 また、3階には会員制シェアオフィス・ビジネスエアポート渋谷南平台4階には貸し会議室やホールを運営するインフィールドが入ります。

基本情報

名前 南平台プロジェクト(渋谷ソラスタ)
住所 東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号
アクセス JR線・副都心線・半蔵門線・銀座線・東急東横線・田園都市線・京王井の頭線「渋谷」駅 徒歩6分
階数 地上21階、地下1階