トレタ、テーブルソリューション、飲食店向け予約管理システム・アプリ・予約台帳の比較|無料アプリ

yoyaku-front
予約台帳システムを導入すれば、ミスもなくなりお店のオペレーションがスムーズになり、予約数が増え売り上げが増えるのでしょうか?本記事では、予約台帳システムのメリットデメリットれの紹介します。レストランボードやトレタ、テーブルソリューションなど10のサービスを徹底比較することで貴店に合ったシステムをご案内します。

予約管理システム・予約管理アプリ・予約台帳とは

ひと昔の飲食店では予約は電話で受けて、それを店内のノートや表に書き込むというアナログなやり方が従来の予約管理の方法でした。 しかし、昨今食べログやぐるナビなどの情報サイトからのネット予約が普及するに従い、電話だけでなく様々な情報サイトから入ることが多くなったため、予約管理を一本化できず混乱することが多くなってきています。

もちろんそれぞれの情報サイトの管理画面を確認をして、入ってきた予約を逐一確認して予約ノートに移し込むことも可能ですが、人為的なミスによって、ダブルブッキングや予約の確認忘れなどが起こり、せっかく楽しみに予約をして来店してくださったお客様に不快な思いを与える恐れが大いにあります。

本記事では、ITの力で予約のミスをなくし、スムーズな予約管理と予約情報の共有を行うことができる予約管理システムを紹介いたします。

予約管理システム・予約管理アプリ・予約台帳のメリットデメリット

予約管理システムを導入するとどのようなメリットとデメリットがあるのか、まずは紹介したいと思います。

予約管理システム・予約管理アプリ・予約台帳を導入するメリット

まずは予約管理システムを導入することによる、メリットについて確認します。

予約の事故の抑止

予約管理システムを導入すれば以下のような事故の抑止を実現できます

  • ダブルブッキング
  • 予約メモの紛失・書き忘れによる予約漏れ

ただでさえ人材不足で、様々な業務を少人数でこなさなければいけないため、アナログな予約管理ではどうしてもミスが起こり上記のような事故が起こってしまいます。 煩雑な予約管理の作業は、自動化することで、ミスを抑止することができます。

効率的な配席で予約数の最大化を実現できる

その日の席の状況が一目でわかる台帳は、効率的な配席で予約数の最大化を実現することができるメリットもあります。 予約台帳の多くが、席の空き状況をリストや、実際の座席表で一覧することができます。 どの席が何人のお客様で、何時まで埋まっているのかを簡単に確認することができるので、それに基づいて効率的に配席をしていくことができます。

特に繁忙期や、金曜日の夜、土日のランチタイムなど、多くの来店や予約が集中するとき、配席は売り上げを最大化するために大変重要です。 適切な人数のお客様を適切な席にお通しし、席を2回転させるなどして、ウォークインや直前予約なども受け入れることで予約数を最大化することができます。

また、わかりやすい台帳ならその日のスタッフや食材のキャパに合わせて、案内もできるのでキャパ以上にお客様をお通ししてしまい、料理の提供が遅れたり、サービスがおろそかになったりしてせっかく来店してくださったお客様にご迷惑をおかけしてしまうことになります。

ここまで予約台帳のメリットとデメリットを紹介して来ました。 予約台帳システムを導入すれば、ミスもなくなりお店のオペレーションがスムーズになるし、予約数が増え売り上げが増えるというメリットばかりであることがわかります。 ではどの予約台帳システムを導入すればいいか、次からは様々にあるサービスの比較を行っていきたいと思います。

予約管理システム・予約管理アプリ・予約台帳の比較

多く利用されている予約管理システムは以下の通り様々あります。

  1. レストランボード
  2. トレタ
  3. テーブルソリューション(Table Solution)
  4. エビカ(ebica)
  5. お席トットくん
  6. テーブルケア(Table Care)
  7. ゲストセンター(Guest Center)
  8. チョイステーブル
  9. ヨヤクノート
  10. リザーブキーパー

これらを以下の20の観点で比較したいと思います。

  1. 台帳機能
  2. グルメサイト連携機能
  3. POS連携・決済関連機能
  4. 電話連携
  5. 顧客向けサービスの有無
  6. 費用比較

レストランボード、トレタ、テーブルソリューションなど10サービスを台帳機能で比較

レストランボード、トレタ、テーブルソリューション(Table Solution)、エビカ(ebica)、お席トットくん、テーブルケア(Table Care)、ゲストセンター(Guest Center)、チョイステーブル、ヨヤクノート、リザーブキーパーを台帳機能(リスト表示ができるか、タイムテーブル表示できるか、テーブルレイアウト表示できるか)での比較をしてみたいと思います。

台帳機能の比較結果

以下が比較結果です。 ほぼ全てのサービスが全ての台帳機能を持っています。ただし、レストランボードでフルで台帳機能を利用するにはHot Pepperグルメとの連携が必要なように、一部のシステムは、オプションで自社の他サービスを利用しなければいけないことがあります。

台帳機能比較
システム名運営会社リスト表示タイムテーブル表示テーブルレイアウト
レストランボードリクルートオプション
Hot Pepperグルメとの連携必要
トレタトレタ
テーブルソリューションテーブルチェック
ebicaエビソル
お席トットくんイデアレコード
Table Careハイパーボックス
Guest CenterOpen Table
ヨヤクノートカカクコム
リザーブキーパーエアネット×
Choie Reserveリザーブリンク

レストランボード、トレタ、テーブルソリューションなど10サービスをグルメサイト連携機能で比較

レストランボード、トレタ、テーブルソリューション(Table Solution)、エビカ(ebica)、お席トットくん、テーブルケア(Table Care)、ゲストセンター(Guest Center)、チョイステーブル、ヨヤクノート、リザーブキーパーをグルメサイト連携機能(予約の取り込みが自動できるか、取り込み後に在庫管理もできるか)での比較をしてみたいと思います。

台帳機能の比較結果

以下が比較結果です。

グルメサイト連携機能の比較
システム名運営会社グルメサイトの予約情報取り込みグルメサイト席在庫連携
レストランボードリクルート×
ホットペッパーグルメのみ
×
ホットペッパーグルメのみ
トレタトレタオプション
複数媒体から取り込み可能
初期:0円
月額:4,000円
HP、食べログ、一休のみ
オプション
レスラク(サイトコントローラー)との連携で実現
初期:20,000円
月額:25,000円
*別途レスラクにも支払いが必要
*一休との連携は非対応
テーブルソリューションテーブルチェック
複数媒体から自動取り込み可能
オプション
レスラク(サイトコントローラー)との連携で実現
複数媒体との連携
初期20,000円
月額5,000円
(予約取り込みだけなら無料)
*別途レスラクにも支払いが必要
*一休との連携は非対応
ebicaエビソル
複数媒体から取り込み可能
オプション
媒体一元管理機能:5000円/月
複数媒体と連携可能
*一休との連携は非対応
お席トットくんイデアレコード不明不明
Table Careハイパーボックス××
Guest CenterOpen Table
Google、Zagat、FB、Booking.com、Appleなどインバウンド媒体からの取り込み可能
×
Choie Reserveリザーブリンク
レストランボードリクルート×
ホットペッパーグルメのみ
×
ホットペッパーグルメのみ
ヨヤクノートカカクコム
食べログネット予約
と連携できる唯一台帳であることが売り
リザーブキーパーエアネット××

レストランボード、トレタ、テーブルソリューションなど10サービスを決済機能で比較

レストランボード、トレタ、テーブルソリューション(Table Solution)、エビカ(ebica)、お席トットくん、テーブルケア(Table Care)、ゲストセンター(Guest Center)、チョイステーブル、ヨヤクノート、リザーブキーパーを決済機能で比較をしてみたいと思います。

決済機能の比較結果

以下が比較結果です。

決済連携機能
システム名運営会社POS連携クレカ決済
レストランボードリクルート
エアレジと連携

エアレジと連携
トレタトレタオプション
POSコネクトで可能
9種(NEC、ポスタス、Uレジ、ユビレジ、スマレジ、K1くん、POSmoco、PosCube、FSIイノベーション)
その他も追加予定
初期:なし
月額:4,000円
オプション
初期:10,000円
月額:10,000円
テーブルソリューションテーブルチェックオプション 
NEC、東芝テック、テンポスAir Pro、富士通、LORS、PosCube他多数
初期:30,000円
月額:5,000円
オプション
ebicaエビソルオプション
初期:機器による
月額:5000円
×
お席トットくんイデアレコード××
Table Careハイパーボックス××
Guest CenterOpen Table×
Choie Reserveリザーブリンク
レストランボードリクルート
エアレジと連携

エアレジと連携
ヨヤクノートカカクコム××
リザーブキーパーエアネット××
×

レストランボード、トレタ、テーブルソリューションなど10サービスを決済機能で比較

レストランボード、トレタ、テーブルソリューション(Table Solution)、エビカ(ebica)、お席トットくん、テーブルケア(Table Care)、ゲストセンター(Guest Center)、チョイステーブル、ヨヤクノート、リザーブキーパーを電話機能で比較をしてみたいと思います。

電話機能の比較結果

以下が比較結果です。

電話機能
システム名運営会社電話顧客情報表示
CTI機能
電話自動応対
IVR機能
レストランボードリクルートオプション
Hot Pepperグルメとの連携必要
×
トレタトレタオプション
初期:10,000円
月額:10,000円

オプション
初期:10,000円
テーブルソリューションテーブルチェック
ebicaエビソルオプション
初期:50,000円
月額:5000円
オプション
初期:10,000円
月額:5,000円
お席トットくんイデアレコード×
Table Careハイパーボックス××
Guest CenterOpen Table××
Choie Reserveリザーブリンク
レストランボードリクルートオプション
Hot Pepperグルメとの連携必要
×
ヨヤクノートカカクコム××
リザーブキーパーエアネット×

レストランボード、トレタ、テーブルソリューションなど10サービスを基本費用で比較

レストランボード、トレタ、テーブルソリューション(Table Solution)、エビカ(ebica)、お席トットくん、テーブルケア(Table Care)、ゲストセンター(Guest Center)、チョイステーブル、ヨヤクノート、リザーブキーパーを費用機能で比較をしてみたいと思います。

基本費用で比較した結果

以下が比較結果です。

費用で比較
システム名運営会社1店舗当たり
初期費用
1店舗当たり
最低月額
料金備考
レストランボードリクルート00
トレタトレタ012000席数が増えると増額
テーブルソリューションテーブルチェック4000013000席数が増えると増額
ebicaエビソル3000010000初期導入費は1店舗ごと
席数が増えると増額
お席トットくんイデアレコード08000席数が増えると増額
Table Careハイパーボックス498009800機器も混みの料金
Guest CenterOpen Table400007500席数が増えると増額
Choie Reserveリザーブリンク2000010000席数が増えると増額
ヨヤクノートカカクコム010000初年度0円キャンペーン中
席数が増えると増額
リザーブキーパーエアネット100007000CTIなしの場合は、基本料金 3,000円+店舗利用料金 5,000円(税別)

レストランボード、トレタ、テーブルソリューションなど、10の予約管理システム・予約管理アプリ・予約台帳の紹介

レストランボード

レストランボードの運営元はCMでもおなじみのリクルートです。 超大企業のサービスだけあって、利用料金は無料です。 すでにエアレジを導入していたり、ホットペッパーグルメからの集客をメインにしているのであれば、全ての機能をシームレスに使うことができて便利です。

料金

利用料金は初期費用0円、月額利用料金も0円です。 有料ですが、ホットペッパーグルメへ掲載もすれば、

  • 台帳をテーブルレイアウトで確認する機能
  • 受電時の顧客情報表示機能(CTI機能) を利用することが可能になります。

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

トレタ

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

テーブルソリューション

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

ebica(エビカ)

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

チョイスリザーブ

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

ゲストセンター

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

リザーブキーパー

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

ヨヤクノート

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

レスラク

無料〜円まで 料金

グルメサイト連携について

POS連携について

電話機能CTI IVR機能について

多言語対応

系列店舗管理について

カードオンライン決済

予約流入経路解析

顧客分析機能について

サポート体制

無料機能

ユーザー向けアプリについて

オウンドページ対応について

まとめ

複数グルメサイトを駆使して予約管理最適化・効率化目指すならebicaではないでしょうか。

テーブルソリューションとトレタは機能とコスパはほぼ同じですが、テーブルソリューションの方が様々な機能が取り揃えられているため、テーブル数が多く、レイアウトも様々行う店舗に有用です。一方トレタは感覚的に使用しやすい画面デザインにしているため、アルバイトスタッフなどでも使用しやすいようにできています。 プロが使いこなすならテーブルソリューション、誰でも使えるトレタと覚えていただければと思います。

テーブルソリューションの方が、基本料金は高いけど電話オプションなども初期からついているから大企業向けで、トレタは細々とオプションで機能拡張できます。

以上ご参考にぜひ貴店のお店に合った