solto logo

バーテンダーから学ぶオリジナルカクテルのレシピ集・名前|卵白を使ったウイスキーサワーのレシピなども紹介

世界中のバーテンダーのオリジナルカクテルレシピを紹介します。簡単でスタンダードなものからオリジナルカクテルまでレシピをたくさん紹介します。新しいメニューやカクテルの名前を考案する際に是非参考にしてください。

アルテミジア

材料のアブサンは、幻覚症状を引き起こす麻薬物質を含むお酒として知られています。ニガヨモギなどに含まれる「ツヨン」と呼ばれる成分が幻覚症状などの原因です。20世紀初頭には、アブサン中毒者が増えたことから、アブサンの製造が禁止されました。

しかし、近年の研究では、アブサンに含まれる「ツヨン」の含有量は微々たるもので、さほど影響はないという研究結果が発表され、アブサンは2005年ごろに再販しています。

カクテル名 アルテミジア
材料 ボタニストジン:45ml
ペルノーアブサン:7.5ml
フレッシュレモンジュース:15ml
シンプルシロップ:7.5ml
スライスきゅうり:97.5ml
卵白:30ml
ミントの葉
ピンクこしょう
作り方 1. すべての材料をシェイカーに入れ、40秒優しくシェイクする
2.シェイカーに氷を入れ、15秒シェイクする
3.シェイカーからグラスに注ぐ際に、ダブルストレイン
4.ピンクこしょうをカクテルにふりかけ、ミントの葉をグラスに添えて、完成

ウイスキーサワー

一般的なウイスキーサワーのレシピは、ウイスキー、レモンジュース、砂糖の3種類をシェイクして作ります。ここでご紹介するウイスキーサワーは、さらに卵白とビターズを加えたスタイルで、泡がふわふわとして、まろやかな味わいです。

これは19世紀後半ごろのイギリスのクラシックスタイルで、バーボンウイスキーを使って作るのが主流でした。現在の日本のウィスキーカクテルは、炭酸を加えた「ハイボール」が主流ですが、世界に目を向けると様々なスタイルのカクテルが存在しています。

カクテル名 ウイスキーサワー
材料 ウイスキー:60ml
フレッシュレモンジュース:22ml
シンプルシロップ:15ml
卵白:30ml
ビターズ:4滴
作り方 1.シェイカーにウイスキー、フレッシュレモンジュース、シンプルシロップ、卵白を入れる
2.ドライシェイクし、氷を入れて再びシェイクする
3.ロックグラスに濾して、ビターズを垂らして、完成

エッグノッグ・パンチ

エッグノッグとは、英米のクリスマスの夜に家族で飲むドリンクのことです。子どもは卵・牛乳・バニラエッセンス・砂糖などをシェイクしたものを飲み、大人はブランデーやラムを加えて飲みます。

暖かいカスタードクリームのような食感で、現在は健康ドリンクとして季節関係なく飲まれるようになってきています。他の有名なクリスマスカクテルとしては、ホットチョコレートや発泡酒のフルーツパンチである「サイダーパンチ」などがあります。

カクテル名 エッグノッグ・パンチ
材料 卵:45ml
砂糖:67ml
コニャック 45ml
アモンティリヤードシェリー:55ml
生乳:130ml
クリーム :88ml
ナツメグ:3TSP
作り方 1.卵がなめらかになるまで、ゆっくりと混ぜる
2.ナツメグと砂糖を入れ、ゆっくりと溶かす
3.一晩、冷蔵庫で寝かし、カップに移す
4.提供前にナツメグを振りかけて、完成

ギムレット

ギムレットとは、ジンにライム果汁を加えてシェイクしたカクテルです。19 世紀後半、イギリス海軍の「ギムレット医師」が、将校の健康維持のために、ジンにライムを混ぜて飲むことを提案したのがカクテルの由来と言われています。

また、「錐(きり)」を意味する言葉が「gimlet」であることから、喉を刺すような味わいから名付けられたという説もあります。ギムレットを一躍有名にしたのが、レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説「The Long Goodbye/長いお別れ」です。

テリー・レノックスが主人公のフィリップ・マーロウに対して「ギムレットには早すぎる」という台詞が有名です。

カクテル名 ギムレット
材料 ジン:60ml
ライムコーディアル:30ml
ライムジュース:30ml
作り方 1.すべての材料と氷をシェイカーに入れ、よくシェイクする
2.グラスに濾して、完成

クラス・バット・ノット・イン・ア・グラス

材料のベルモットとは、白ワインをベースにニガヨミギなどのハーブを配合したフレーバードワインです。イタリアが代用的な産地ですが、現在はフランスやスペインをはじめ、世界各国で作られています。ベルモットの中でも辛口を「ドライ」、甘口を「ロッソ」と呼び、さわやかな苦味があるのが特徴です。

カクテル名 クラス・バット・ノット・イン・ア・グラス
材料 きゅうりが注ぎ込まれたホワイトラム:50ml
フレッシュレモンジュース:30ml
いちご/ハイビスカス/タイムシロップ:20ml
トリプルセック:10ml
ベルモット:10ml
オレンジビターズ:3滴
食塩水(20%):5滴
タバスコ:1滴
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、氷とともにシェイクする
2.ダブルストレインしたものを、クラッシュアイス、きゅうりのスライス、苺スライス、レモンスライスを入れたナイロンバッグに入れる
3.金属のストローとミントの小枝を中に入れ、ナイロンバッグの口を縛る
4.レモンスライスと苺を添えて、完成

グリーンセラピー

イギリスでは、カクテルの材料として「きゅうり」を使う文化があります。例えば、イギリスのプレミアムジン「ヘンドリックスジン」は、バラの花びらときゅうりが香りづけの原料に使われています。

ジンと一緒にきゅうりのスライスをカクテルに入れることで、きゅうりの青みのある香りが良いアクセントとして際立ちます。ジンはハーブとの相性が良いお酒なので、ミントやバジル、ローズマリー、ラベンダー、タイムなど色々とアレンジしてみてください。

カクテル名 グリーンセラピー
材料 タイムを漬け込んだジン:60ml
ライムジュース:30ml
きゅうり&ハラペーニョの自家製シロップ(1:1):20ml
オレンジビターズ:3滴
アブサン:2滴
炭酸水
きゅうり
作り方 1.グラスの縁にきゅうりを敷きつめる
2.グラスの中に氷を入れる
3.炭酸水以外の材料をすべてシェイカーに入れ、氷と一緒にシェイクする
4.ダブルストレインし、グラスに注ぐ
5.炭酸水を注ぐ
6.タイムの小枝と輪切りライムを飾り付け、完成です

グレープフルーツG&T

カクテル名の「G&T」とは、「Gin & Tonic(ジントニック)」の略称のことです。このカクテルは、一般的なジントニックとレシピは同じで、材料にグレープフルーツを加えている点が異なっています。

ジンと柑橘系はとても相性が良く、フルーツの栄養も補給できるのでおすすめの組み合わせです。より美味しくするのなら、搾りたてのフレッシュなグレープフルーツジュースを使いましょう。材料を合わせて軽くステアするだけのお手軽レシピなので、ぜひご自宅で楽しんでみてください。

カクテル名 グレープフルーツG&T
材料 ジン:60ml
グレープフルーツトニックシロップ:15ml
フレッシュグレープフルーツジュース:15ml
トニックウォーター:適量
カットグレープフルーツ:適量
作り方 1.ロックグラスに氷とすべての材料を入れ、ステア
2.トニックウォーターでグラスを満たす
3.カットグレープフルーツを飾り付け、完成

グレコ岬

カクテルの名は、ギリシャのキプロスにある「グレコ岬」が由来です。カクテルの鮮やかなブルーカラーは、主にブルーキュラソーによるもの。ブルーキュラソーとは、スピリッツにオレンジの果皮や糖分を加えて作るオレンジリキュールのことです。また、カクテルの材料として使われているトリプルセックの別名は、ホワイトキュラソーと呼ばれています。

カクテル名 グレコ岬
材料 ココナッツとクローブを漬け込んだゴールドラム:60ml
フレッシュレモンジュース:30ml
ココナッツミルク:30ml
トリプルセック:20ml
ブルーキュラソー:20ml
クレーム・ド・ミント:10ml
レモンスライス
作り方 1.すべての材料を氷とともに入れ、ブレンドする
2.スチームグラスに注ぐ
3.ミントの小枝とレモンスライスを添えて、完成

クローバークラブ

クローバークラブの名前は、アメリカの禁酒法以前にフィラデルフィアにあったクラブに由来します。1911年には、ワシントンポストとニューヨークタイムズの新聞広告で、クローバークラブが紹介されていました。

見た目や作り方が「ピンクレディ」に似ていることから、間違えられることも少なくありません。クローバークラブにミントを添えると「クローバーリーフ」に。「卵白」の代わりに「卵黄」を使うと、「ゴールデンクローバークラブ」になります。

カクテル名 クローバークラブ
材料 ヘンドリックスジン:45ml
エルダーフラワーシロップ:15ml
レモンジュース:15ml
ラズベリーシロップ:15ml
卵白:30ml
ラズベリー
クランベリー
作り方 1. ヘンドリックジン、エルダーフラワーシロップ、レモンジュース、ラズベリーシロップ、卵白をシェイカーに入れ、ドライシェイクする
2. 氷を加えて、さらにシェイクする
3. シェイカーからグラスに注ぐ際に、ダブルストレイン
4. ラズベリーとクランベリーを飾り付け、完成

コールミー・バナナ

材料のDos Ronラムは、キューバのDos Ron社が販売するラムです。2014年から2016年までのインターナショナルスプリッツアワードで、9部門のうち8部門でメダルを受賞した実績があり、8年、16年、21年物のラムを中心に販売しています。

8年物のラムは、赤色と金色の色合いを持ち、バニラ、ドライフルーツ、ココナッツ、サトウキビのニュアンスが確かに感じられます。オーク樽との深いバランスのとれた香りが特徴となっている逸品です。

カクテル名 コールミー・バナナ
材料 Dos Ronラム:60ml
自家製バナナシロップ:10ml
ビタートラッシュカンパニー チョコレートビターズ:10滴
カカオチリパウダー:適量
唐辛子:1個
作り方 1.バナナシロップでグラスの縁を濡らし、カカオチリパウダーを付け、スノースタイルにする
2.グラスの中に氷とすべての材料を入れ、ステア
3.唐辛子を飾り付け、完成

ジャジージュニパー

材料のシュニパーベリーは、セイヨウネズという針葉樹の果実です。北半球の寒冷地のほとんどに分布しており、身は熟すにつれて紫色から黒色寄りになっていきます。生で食べると苦味がありますが、乾燥させるとスパイスとして使えるようになります。

松ヤニのような独特の香りがあり、ジビエの臭い消しや、ジンの香り付けに使われていることで有名です。元々、蒸留したばかりのジンには香りがなく、シュニパーベリーによって、あの独特の香りが付けられています。

カクテル名 ジャジージュニパー
材料 ジン:60ml
フレッシュグレープフルーツジュース:30ml
フレッシュレモンジュース:20ml
ブルーキュラソー:20ml
シンプルシロップ(1:1):10ml
卵白:1個分
ジュニパーベリーズ:5-6滴
乾燥シトラスピール
レモンスライス>
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、ドライシェイクする
2.氷を入れ、再びシェイクする
3.丸い氷をグラスに入れ、ダブルストレインし、グラスに注ぐ
4.乾燥シトラスピールとレモンスライスを飾り付け、完成

ストロベリー・ミント・ダイキリ

ダイキリは、代表的なラムベースのカクテルのひとつです。材料は主にラムとライムジュースと砂糖をシェイクして作ります。これにクラッシュアイスを混ぜて、シャーベット状にしたカクテルを「フローズンダイキリ」と呼び、作家のアーネスト・ヘミングウェイが愛飲したことでよく知られています。ヘミングウェイのダイキリは、ラムをダブルにし、グレープフルーツジュースを入れて、砂糖を抜いたもので、「パパダイキリ」と呼ばれているそうです。

カクテル名 ストロベリー・ミント・ダイキリ
材料 ホワイトラム:60ml
フレッシュライムジュース:30ml
シンプルシロップ: 30ml
凍らせたいちご :3個
ミントの葉:8-10枚
作り方 1.すべての材料をブレンダーに入れ、氷とともにブレンドする
2.スチームグラスに注ぐ
3.頂上にいちごを乗せて、ミントの葉を飾り付けたら、完成

ストロベリー&エルダーフラワー・コリンズ

このカクテルの材料から、エルダーフラワーシロップといちごを除くと「トム・コリンズ」というカクテルになります。19世紀終わりごろにイギリスでジョン・コリンズという人物が作ったのが始まりといわれており、無色透明のジンベースのカクテルです。

また、トム・コリンズと基本のレシピは同じで、ウイスキーベースのものを「ジョン・コリンズ」、バーボンベースのものを「カーネル・コリンズ」、ラムベースのもの「ペドロ・コリンズ」、ブランデーベースのものを「ピエール・コリンズ」と呼び、多様なバリエーションを持っているカクテルでもあります。

カクテル名 ストロベリー&エルダーフラワー・コリンズ
材料 ジン:50ml
フレッシュレモンジュース:30ml
フレッシュレモンジュース:20ml
エルダーフラワーシロップ :20ml
苺:2-3個
炭酸水
レモンの花
作り方 1.いちごスライスと氷をグラスに入れる
2.ジンとフレッシュレモンジュース、エルダフラワーシロップをシェイカーに入れて、シェイクする
3.グラスの中の氷の上に、シェイクしたものを注ぐ
4.炭酸水を注ぐ
5.レモンピールとレモンの花を飾り付けして、完成

ストロベリーパイナップルジンジャータ

カクテルベースにテキーラ、メスカルが入っており、アルコールの強いカクテルです。しかし、ジンジャーリキュールの爽やかさと、いちごとパイナップルの甘みを加えることで、テキーラとメスカルのクセを抑え、ゴクゴクと飲めるように工夫されています。

また、テキーラやメスカルは、塩やライムとの相性が抜群です。スノースタイルは、ベーススピリッツのうまみを引き出す良い組み合わせと言えるでしょう。

カクテル名 ストロベリーパイナップルジンジャータ
材料 テキーラ:45ml
メスカル:15ml
ジンジャーリキュール:22ml
ライムジュース:22ml
いちご:3個
カットパイナップル:3切れ
ヒマラヤのピンク塩:適量
作り方 1.いちごとパイナップルをライムジュースと一緒にミキサーにかける
2.残りの材料を加えて、さらに混ぜる
3.グラスの縁を濡らし、ピンク塩を付け、スノースタイルにする
4.グラスにダブルストレイン
5.飾り付けて、完成

スノウボールフリップ

材料のコニャックとは、フランスのコニャック地方で作られるブランデーのことです。原料は主に「ユニブラン」と呼ばれるぶどうを使います。

コニャックはブランデーの一種ですが、コニャックを名乗るには条件があり、「伝統的な銅製のポットスチルで単式蒸留を2回行い、オーク樽で2年以上熟成し、アルコール度数を40度に希釈」といった条件を満たさなければいけません。ブランデーは、果実から作った蒸留酒全般のことを指します。

カクテル名 スノウボールフリップ
材料 コニャック:30ml
ダークラム:15ml
アマレット:15ml
クリーム 15ml
卵:1個
牛乳:60ml
ナツメグ:適量
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、ドライシェイクする
2.氷を加えて、さらにシェイクする
3.グラスに移してダブルストレイン
4.生クリームを乗せて、ナツメグを振りかけて、完成

スパイスド・チェリーサワー

テキーラは、竜舌蘭(りゅうぜつらん)を原料とする蒸留酒です。ジン、ウォッカ、ラムと並んで、世界4大スピリッツのひとつとして知られています。テキーラの名前は、メキシコ中西部・ハリスコ州周辺の街「サンティアゴ・デ・テキーラ」に由来しており、ここで作られる竜舌蘭は質が高いと評判です。

また、テキーラは原産地呼称が世界で認められており、「テキーラ村とその周辺で蒸留されたものであること」「原料は竜舌蘭を51%以上使用すること」「最低2回蒸留すること」など厳しい基準が設けられています。

カクテル名 スパイスド・チェリーサワー
材料 チェリーとライムピールを漬け込んだテキーラ:60ml
フレッシュライムジュース:30ml
ハニー&ブラックペッパーシロップ:30ml
卵白:30ml
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、素早くシェイクする
2.氷を加えてシェイクする
3.ダブルストレインし、グラスに注ぐ
4.ライムピールとブラックペッパーを添えて、完成

スモキー・ココア・ネグローニ

材料のメスカルとは、竜舌蘭(りゅうぜつらん)から造られるメキシコの蒸留酒のことです。メスカルとテキーラは混合されがちですが、明確な違いがあります。メスカルは、52種類ものリュウゼツラン科の植物を原料にした蒸留酒で、虫やサソリが入っていることがあります。

伝統的な製法によって独特のスモーキーな香りが付き、銘柄ごとに個性あふれる味わいとなります。テキーラは、原料にアガベ・テキラーナを使い、テキーラ州周辺で造られた蒸留酒だけが名乗れる特定名称です。どちらもカクテルでもストレートでも美味しく飲めます。

カクテル名 スモキー・ココア・ネグローニ
材料 メスカル:30ml
スウィートベルモット:30ml
カンパリ:15ml
チョコレートリキュール:15ml
オレンジビターズ:2滴
オレンジの皮:適量
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、優しくシェイクする
2.グラスに濾して、オレンジの皮で作ったバラを添えて、完成

チェリーブロッサム

大正時代に、横浜の名門バー「パリ」のオーナー、田尾多三郎が創作した日本生まれのカクテルです。カクテル名のチェリーブロッサムは、「桜の花」をイメージして作られたカクテルのためといわれています。日本ではリキュールやブランデーをベースとして作ることが多いです。

一方、海外ではスピリッツをベースに卵白などを加えたアレンジレシピが広がっています。

カクテル名 チェリーブロッサム
材料 ホワイトラム:45ml
タルトチェリージュース:45ml
チェリーケフィア:30ml
シトロンリキュール:15ml
ルバーブビターズ:7滴
桜:適量
作り方 1.すべての材料と氷をシェイカーに入れ、シェイクする
2.グラスに濾して、オレンジの皮で作ったバラを添えて、完成
3.桜の花びらを飾り付け、完成

ティー・フォー・ルシア

ミラ・T・リーの小説「Everything Here is Beautiful」に登場する、ルシアの心境をイメージしたカクテルです。カクテルクリエイターである、アメリカのエイミー・トレイナーが小説にインスピレーションを受けて創作しました。物語は慢性精神病で苦しむルシア、そして彼女のために愛して戦う人々を描いています。複雑な心境を表すかのように、時間とともに色を変えていく神秘的なカクテルとなっています。

カクテル名 ティー・フォー・ルシア
材料 ホワイトラム:45ml
バタフライピー茶:30ml
ジンジャービール 60ml
スパークリングアップルサイダー:30ml
レモンジュース:15ml
作り方 1.よく冷えたジンジャービールとスパークリングアップルサイダーをシャンパングラスに注ぐ
2.ホワイトラム、バタフライピー茶、氷をシェイクする
3.バースプーンの裏側を使って、ホワイトラムとバタフライピー茶をグラスに注ぐ
4.ゆっくりとレモンジュースを注ぎ、青紫色の層がピンク色になるのを確認したらステアして、完成

トム・コリンズ

19世紀末にイギリスロンドンの伝説のバーテンダー「ジョン・コリンズ」が最初に作ったと言われ、はじめは「ジョン・コリンズ」と呼ばれていました。後に、オールド・トム・ジンを使用するようになって、「トム・コリンズ」と呼ばれるようになりました。 レモンとジンを使った涼しげなカクテルで、夏に飲みたくなる透明感たっぷりの一品です。作り方も簡単なので、ぜひ作ってみてください。

カクテル名 トムコリンズ
材料 ジン:45ml
レモンジュース:22.5ml
シロップ:23ml
炭酸水
酒漬けしたいちご
スライスしたレモン
作り方 1. ジンとレモンジュースとシロップをシェイカーに入れ、氷とともにシェイクする
2. 氷が入ったグラスに濾す
3. 炭酸水をグラスの上まで注ぐ
4. 酒漬けしたいちごとスライスしたレモンを飾り付け、完成

ナチュラルヒストリアン

材料のテロワールジンは、1982年創業のセントジョージスピリッツ社のクラフトジンです。使用されているボタニカルはジュニパーベリー、ベイマツ、オリスルート、アンジェリカ、カリフォルニア・ベイローレル、フェンネル、コースタル・セージなど10種類以上。その名の通り、森林のような深い香りのテロワールが感じられるジンです。セントジョージスピリッツ社は、アメリカのカリフォルニア州のクラフト蒸溜所で、ジン以外にもウォッカやウイスキー、リキュールなどのハードリカーも販売しています。

カクテル名 ナチュラルヒストリアン
材料 テロワールジン:44ml
リレ・ブラン:22.5ml
シャルトリューズ・ヴェール:22.5ml
ミントシロップ:15ml
カスケードセロリビターズ 3滴
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、シェイクする
2.グラスに移し、飾り付けて、完成

ハンティングウォーターズ

材料のハイビスカスティーは、鮮やかな赤い色が特徴です。カクテルに使うハイビスカスティーは観賞用のものとは違い、別の品種の「ローゼル」というハーブを原料とします。ローゼルには、クエン酸、ビタミンC、アントシアニン、カリウムといった成分が含まれていて、疲労回復や美肌効果があるといわれています。

カクテル名 ハンティングウォーターズ
材料 ジン:30ml
オレンジブランデー:20ml
パイナップルジュース:20ml
マラスキーノリキュール:10ml
ハーブリキュール :10ml
フレッシュライムジュース:10ml
オレンジビターズ:2滴
ブルーキュラソー:10ml
ハイビスカスティー:10ml
ローズマリーの小枝
作り方 1.ハイビスカスティー以外のすべての材料をシェイクする
2. クラッシュアイスと輪切りにした乾燥ライムをグラスに入れ、ダブルストレイン
3.よく冷えたハイビスカスティーを浮かせるように注ぐ
4.ローズマリーの小枝を添えて、完成

ヒップスターマルガリータ

ヒップスターとは、「流行に敏感な若者」を指すスラングです。一方、マルガリータは、テキーラベースのカクテルで、1949年にロンドンのバーテンダー「ジャン・ディユレッサー」が考案したものです。

従来のマルガリータにアボカドや卵白といった、オリジナル性を加えたヒップスターマルガリータは、「新しいもの」と「古いもの」を掛け合わせたカクテルといえるでしょう。

カクテル名 ヒップスターマルガリータ
材料 テキーラ:60ml
フレッシュレモンジュース:30ml
手作りアボカド強壮薬:20ml
手作り乾燥シトラスピール:バースプーン1杯
卵白:30ml
ヒマラヤの食塩水(20%):5滴
ハバネロソース:2滴
アングスチューラビターズ
乾燥させた柑橘類の皮
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、素早くドライシェイクする
2.氷を入れて、さらにシェイクする
3.シェイクしたものを濾して、グラスに注ぐ
4.ンゴスチューラビターズと乾燥させた柑橘類の皮を添えて、完成

ピンク・ジン・サワー

ピンクジンというカクテルは、ドライジンとアンゴスチューラビターズをシェイクして作ります。ピンクジンに一手間加えたカクテルが「ピンクジンサワー」です。ピンクジンの「ピンク」は、色だけでなく、「頂点」や「極致」という意味もあるといわれています。また、元々ピンクジンは、アンゴスチューラビターズを飲みやすくするために作られたという説もあります。

カクテル名 ピンク・ジン・サワー
材料 ピンクジン:50ml
フレッシュレモンジュース:30ml
ライチシロップ:25ml
食塩水(20%):2滴
卵白:30ml
乾燥させた柑橘類の皮
作り方 1.べての材料をシェイカーに入れ、素早くドライシェイクする
2. 氷を入れて、さらにシェイクする
3.丸い氷を入れたダブルロックグラスに、シェイクしたものをダブルストレイン
4.乾燥させた柑橘類の皮を加え、焦がしたカットオレンジを添えて、完成

フムフムヌクヌクアプアア

カクテル名は、「タスキモンガラ」という魚のハワイ名です。日本語に翻訳すると「豚のように鳴く角ばった魚」となります。ハワイの州魚に認定されており、現地で人気の高い魚です。興奮すると「ブーブー」と豚のような鳴き声をあげ、雑食性でサンゴ礁に生息しています。カクテルに添えられたチェリーが、クラッシュアイスの中で泳ぐ魚のように見えるので、ハワイアンなレシピのこのカクテル名にピッタリです。

カクテル名 フムフムヌクヌクアプアア
材料 ジン:60ml
レモンジュース:22ml
パイナップルジュース:22ml
アーモンドシロップ:15ml
ペイショウドズ:2滴
パイナップルの葉:適量
チェリー:1個
作り方 1.すべての材料とクラッシュアイスをシェイカーに入れ、シェイクする
2.ティキマグ(パイナップルグラス)に注ぎ、ストローを挿す
3.パイナップルの葉とチェリーを飾り付け、完成

ブラッディメアリー

ブラッディメアリーとは、トマトを使用したウォッカベースのカクテルです。16世紀イギリスの女王「メアリー1世」の異名に由来するといわれています。メアリー1世は、新教徒に対する過酷な迫害から「血まみれメアリー(Bloody Mary)」と呼ばれていました。

ブラッディメアリーのレシピは、ここで紹介するレシピのような、野菜スティックを添えたり、ウスターソースを入れたりするスタイルや、ウォッカとトマトジュースだけで作るシンプルなスタイルなど、様々なレシピがあります。

カクテル名 ブラッディメアリー
材料 ウォッカ:30ml
バーボン:30ml
トマトジュース:120ml
フレッシュレモンジュース:1tbsp
ホースラディッシュ:2tsp
セロリビターズ:3滴
ウスターソース:3滴
チリソース:3滴
セロリソルト:1摘み
ブラックペッパー:1摘み
ハラペーニョスライス:適量
作り方 1.ウォッカ、バーボン、ハラペーニョスライスをシェイカーに入れ、シェイクする
2.残りの材料すべてと氷を入れて、シェイクする
3.材料が混ざり合うまで、しっかりとシェイクする
4.氷を入れたハイボールグラスに濾す
5.セロリ、オリーブをピックに刺し、ブラックペッパーを一振り、お好みでベーコンを添えて、完成

ブランブル

ブランブルは、ベリー系のジンベースのカクテルです。1984年に、イギリスロンドンのフレッズクラブで働いていた、ディック・ブラッドセルにより創作されました。

彼の幼少期のワイト島での思い出が、カクテルのインスピレーションのきっかけになったそうです。ブラックベリーやラズベリーなどの木いちごをジンとシェイクし、クラッシュアイスを入れたグラスに注ぐと、赤のグラデーションが美しい、甘酸っぱいカクテルが出来上がります。

カクテル名 ブランブル
材料 ジン:60ml
フレッシュレモンジュース:30ml
シンプルシロップ:15ml
ラスベリーリキュール:22ml
ラズベリー:適量
カットレモン:適量
作り方 1.ジン、フレッシュレモンジュース、シンプルシロップ、氷をシェイカーに入れ、シェイクする
2.クラッシュアイスを入れたグラスに濾す
3.少量のクラッシュアイスを加えて、ラズベリーリキュールを注ぐ
4.ラズベリーとカットレモンを飾り付け、完成

プリティーピンクパロマ

材料のテキーラブランコの「ブランコ」とは、テキーラの特定名称のひとつです。テキーラは熟成期間の長さによって、表記の基準が決まっています。ブランコは、基本的に熟成させない透明なテキーラのことです。若々しい青っぽい香りがし、スパイシーでフレッシュな味わいのテキーラとなります。メーカーによっては「シルバー」「プラタ」とも呼ばれることもあります。熟成期間が若い順にブランコ、レポサト、アネホ、エクストラアネホと呼ばれ、液体の色が琥珀色から赤銅色に変化していきます。

カクテル名 プリティーピンクパロマ
材料 テキーラブランコ:60ml
ライムジュース:15ml
グレナデンシロップ:1,2滴
グレープフルーツソーダ:適量
作り方 1.テキーラブランコ、ライムジュース、グレナデンシロップをシェイカーに入れ、シェイクする
2.シェイクしたものをグラスに注ぎ、グレープフルーツソーダで満たす
3.カットライムを飾り付け、完成

ブルーベリーウィステリア・ウイスキーサワー

材料のチョコルア・ストレート・ライ・ウイスキーは、アメリカのニューハンプシャー州にある「タムワースディストリング & マーカンタイル」が製造するクラフトウイスキーです。地元のチョコルア山が名前の由来となっており、このカクテルの創作者「エイミー・トレイナー」も同じ州に住んでいます。

ウイスキーと自家製のウィステリアシロップ、バイオレットリキュールなどをシェイクし、グラスに濾すだけのお手軽レシピのカクテルです。

カクテル名 ブルーベリーウィステリア・ウイスキーサワー
材料 チョコルア・ストレート・ライ・ウイスキー:30ml
レモンジュース 30ml
バイオレットリキュール:15ml
自家製ウィステリアブロッサムシロップ:8ml
フローズンブルーベリー:適量
作り方 1.フローズンブルーベリーとレモンジュースをシェイカーに入れ、シェイクする
2.残りの材料と氷を入れ、さらにシェイクする
3.ロックグラスに濾して、飾り付けをしたら、完成

ブレス・オブ・フレッシュペア

材料のアブソリュートペアーズウォッカは、2007年に発売された洋梨フレーバーのウォッカです。一般的なフレーバーウォッカと違い、アブソリュートペアーズウォッカは、天然の原料のみを使用し、糖分を一切加えていません。洋梨の香りが溶け込んで、まろやかな風味をかもし出します。アブソリュートウォッカシリーズが誕生したのは1879年で、ペアーズはまだまだ歴史の浅いウォッカです。

カクテル名 ブレス・オブ・フレッシュペア
材料 アブソリュートペアーズウォッカ:45ml
コアントロー:22.5ml
自家製唐辛子シロップ:15ml
フレッシュレモンジュース 20ml
ザクロアロエベラ 45ml
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、氷とともにシェイクする
2.濾しながらグラスに注ぐ
3.スイカの形のような泡を作り、薄くスライスした洋梨を小さな赤いクリップで止めて、完成

ミンダロ

Bitter Sweet Spiritオリジナルのジンベースのカクテルです。外観はピスコサワーに影響を受けており、新鮮なレモンの香りとは対象に、チェリーの色合いが暗さを演出します。

カクテルに使われているアンゴスチューラビターズとは、1824年にドイツ人医師、ヨハン・ゴッドリーブ・ベニヤミン・ジーゲルトがベネズエラの町「アンゴスチュラ」(現シウダ・ボリバル)滞在中に考案したものです。

カクテル名 ミンダロ
材料 ジン:45ml
レモンシャーベット:30ml
きゅうりジュース:22.5ml
レモンジュース:15ml
唐辛子ビターズ:5滴
卵白:30ml
アンゴスチチューラビターズ:適量
レモンの皮
チェリー
作り方 1. シェイカーに上位6品を加え、乳化するまでシェイクする
2. 氷を加えて、さらにシェイクする
3. シェイカーからグラスに注ぐ際に、ダブルストレイン
4. アンゴスチューラビターズを垂らし、レモンの皮とチェリーを添えて、完成

ラストリーフ

Bitter Sweet Spiritオリジナルのラムベースのカクテルです。爽やかなグリーンカラーが、夏の終わりと秋の訪れを爽やかに演出します。バジルの旬は7-9月の夏の時期といわれており、寒い時期になって庭で育てたバジルが無駄にならないようにと、作者が考案してラストリーフが作り出されました。普段は「ジン」を使いカクテルを考案することが多い作者ですが、今回はあえて「ラム」を使用しているのがポイントです。

カクテル名 ラストリーフ
材料 ホワイトラム:60ml
バジルシロップ:15ml
ライムジュース:15ml
コアントロー:15ml
卵白:22.5ml
カットライム
バジルの葉
作り方 1.ホワイトラム、バジルシロップ、ライムジュース、コアントロー、卵白をシェイカーに入れ、氷とシェイクする
2. シェイカーから氷を抜き、材料だけシェイクする
3. シェイカーからグラスに注ぐ際に、ダブルストレイン
4. カットライムとバジルの葉を添えて、完成

ラズベリーアーモンドトリュフ

材料のチョコレートリキュールとは、カカオや生クリームを原料とするリキュールのことです。1980年ごろに広まり始めた新しいリキュールで、チョコレートで有名な「ゴディバ社」や「モーツァルト社」が販売しています。

カクテルベースやトッピングとして活躍しており、チョコレートがアルコールの臭いを消してくれるので、アルコール臭が苦手な方でも気になりません。特別な日のカクテルのベースにいかがでしょうか。

カクテル名 ラズベリーアーモンドトリュフ
材料 ハイビスカスとラズベリーに浸したプレミアムウォッカ:45ml
チョコレレートリキュール:30ml
ヘビークリーム:30ml
ヘーゼルナッツミルク:15ml
アーモンドシロップ:8ml
作り方 1.すべての材料と氷をシェイカーに入れ、シェイクする
2.チョコレートガナッシュで縁取られた、よく冷えたグラスに濾す
3.ピンクのカーネーションを添えて、完成

ラム・トゥ・ザ・ヒルズ

ラムは、サトウキビを原料とする蒸留酒です。ジン、ウォッカ、テキーラと並んで世界4大スプリッツのひとつとして知られています。主に西インド諸島を原産として作られており、サトウキビ由来の甘い香りが特徴です。

ラムの色の違いは、ろ過と着色の有無で違いがでてきます。一般的にゴールドラムは、蒸留したサトウキビをそのまま瓶詰めしたものであり、ほんのりと黄金色をした液体となります。一方、ホワイトラムは、樽熟成した後に、活性炭でろ過することで無色透明の雑味のないラムが仕上がります。また、原料や貯蔵方法、貯蔵期間によっても変わってきます。

カクテル名 ラム・トゥ・ザ・ヒルズ
材料 ホワイトラム:25ml
ゴールドラム:25ml
フレッシュオレンジジュース:30ml
フレッシュライムジュース:20ml
バニラリキュール:20ml
アーモンドシロップ:10ml
ココナッツシロップ:10ml
ミントの葉:6枚
アンゴスチューラビターズ
カットミント
作り方 1.すべての材料を氷とともに入れ、ブレンドする
2.シェイクしたものをダブルストレイン
3.アンゴスチューラビターズを浮かせる
4.カットミントを添えて、完成

リーブラ

リーブラとは、「天秤座」を意味するハーブカクテルです。サンフランシスコにあるトリック・ドッグからヒントを得て作られました。元々はテキーラを使用していましたが、慣習に習いジンを使っています。材料のエルダーフラワーシロップは、古くからヨーロッパで薬用として使われてきた、小さな白い花です。ポリフェノールやビタミンCが含まれているので、美肌に効果があるといわれています。

カクテル名 リーブラ
材料 ジン:45ml
stgermaindrinks elderflower:15ml
タンジェリンジュース:15ml
ライムジュース:15ml
卵白:15ml
抹茶
ディル
作り方 1.ディルを除くすべての材料をシェイカーに入れ、ドライシェイクする
2.シェイカーに氷を入れ、さらにシェイクする
3.シェイカーからグラスに注ぐ際に、ダブルストレイン
4. ディルを円を描くように添えて、完成

レッドパッション

材料のトリプルセックは、甘みを抑えたホワイトキュラソーの一種です。オランダのキュラソー島から獲れたオレンジ果皮と数種類の柑橘類に、糖分を加えて作ります。無色透明のリキュールで、やさしい味わいとほのかな香りが特徴です。同じようなリキュールに「コアントロー」がありますが、トリプルセックの名は、コアントローに比べて「3倍辛い」という意味を込めて名付けられました。

カクテル名 レッドパッション
材料 ウォッカ:60ml
トリプルセック:30ml
ザクロとパッションフルーツのシロップ:30ml
フレッシュレモンジュース:20ml
アロマティックビターズ:1滴
食塩水(20%):3滴
卵白:30ml
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、シェイクする
2.シェイカーに氷を入れ、シェイクする
3.ダブルロックグラスに大きな氷を入れ、注ぐ際にダブルストレイン
4. 輪切りにしたパッションフルーツと種を入れて、完成

レッドホワイト&ブーズ

材料のバタフライピーは、鮮やかなブルーの花です。ブルーベリーやブドウの成分で有名な「アントシアニン」が多く含まれており、花の色はアントシアンに由来します。アントシアンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除いてくれます。アンチエイジングに効果があるといわれていることから、女性に人気の高い食事となっています。

カクテル名 レッドホワイト&ブーズ
材料 ウォッカ:30ml
バタフライピー茶:30ml
ジンジャービール:60ml
いちごとグレープフルーツを浸したカンパリ:30ml
グレープフルーツカルダモン缶:1/2
作り方 1.トールグラスに氷を入れる
2.氷の上にグレープフルーツカルダモン缶を注ぐ
3.バースプーンの裏側を使って、いちごとグレープフルーツを浸したカンパリを注ぐ
4.シェイカーにウォッカとバタラフライピー茶を入れ、シェイクする
5.バースプーンの裏側を使って、シェイクしたものを注いで、完成

ワッツアップドクター

材料のデスズ・ドア・スピリッツ・ジンは、アメリカのウィスコン州のデスズ・ドア・スピリッツ社のクラフトジンです。使用しているボタニカルは、ジュニパー、コリアンダー、フェンネルを中心とした6種類に厳選しています。ベースのスピリッツは、ワシントン州アイランド群産のオーガニック小麦と、ウィスコンシン州の大麦麦芽を使用。収益の1%は地域の環境団体に寄付しています。

カクテル名 ワッツアップドクター
材料 デスズ・ドア・スピリッツ・ジン
ジファール・アーモンドシロップ
コンビエ・リキュール
レモン
にんじん
卵白
作り方 1.すべての材料をシェイカーに入れ、シェイクする
2.カクテルグラスにダブルストレイン
3.飾り付けて、完成

小さなクモ

材料のマラスキーノとは、クロアチア南部のダルマチア地方にある、マラスカ種さくらんぼを使ったリキュールです。カクテルに添えられるチェリーは、同じ原産のマラスキーノチェリーのことがほとんど。

マラスキーノの歴史は古く、1862年に発行された「バーテンダーズ・ガイド(The Bartender's Guide)」にも載っています。現在も多くのバーテンダーに愛されているリキュールのひとつです。

カクテル名 小さなクモ
材料 ゴールドラム:50ml
フレッシュライムジュース:30ml
ポメロシロップ:20ml
マラスキーノリキュール:10ml
マンゴー:1/4カット
ザクロの種:20粒
砂糖漬けのポメロピール:3,4切れ
バジルの葉
作り方 1.すべての材料をブレンダーに入れ、カップを氷で満たし、よく混ぜる
2. スチームグラスに注ぐ
3.バジルの葉とザクロの種、カットマンゴー、砂糖漬けのポメロピールを添えて、完成

地中海ブランチ

飲むヨーグルトのような爽やかなのどごしが特徴の「地中海ブランチ」。口当たりがまろやかで飲みやすく、後味もスッキリしているカクテルです。ヨーグルトリキュールを使うのも手ですが、地中海ブランチを作るなら、ギリシャヨーグルトがおすすめ。

ギリシャヨーグルトは、ガーゼやウール製の袋などで濾して、水切りがしっかりされています。そのため、余計な水分が少なく濃厚なヨーグルトの風味をカクテルに与えることができます。

カクテル名 地中海ブランチ
材料 ジン:60ml
ライムジュース:20ml
ギリシャヨーグルト:1/2tbsp
ザクロの種:20-30粒
ブラックペッパー
ミントの葉
作り方 1.ジンとザクロの種をシェイカーに入れ、シェイクする
2.シェイカーに氷、ライムジュース、ブラックペッパー、ヨーグルトを加える
3.素早くシェイクし、クラッシュアイスを入れたグラスの中にダブルストレイン
4.残りのザクロの種とブラックペッパー、ミントの葉を飾り付けて、完成
広告