solto logo

調理師免許の取り方・費用は?難易度、就職、給料と専門学校

調理師免許を取得すると、どのようなメリットがあるのか?就職に有利?給料はどれくらい違うのか?資格の取得方法、独学が可能か?試験問題の難易度、レベルを解説。織田調理師専門学校、服部栄養専門学校、辻調理師専門学校のカリキュラム・費用を紹介。

飲食店を開業するにあたり調理師免許は必要ありませんが、調理師免許を取得することは多くのメリットがあります。そして、調理師免許を取得する方法は、専門学校に通い免許を取る方法実務経験を積み、試験を受ける方法の2つがあります。この記事では、調理師免許の必要性や免許の取り方を紹介します。

調理師免許の取り方は2つ。専門学校に通う場合の費用は約150万円。

調理師免許を取るためには、 1.調理師専門学校を卒業し免許を取得する 2.実務経験を積んだ後試験をパスして免許を取得する の2つの方法があります。 費用は、専門学校に通う場合110~200万円ほどかかります。詳細は後から説明します。 まずは調理師免許とはどのような免許なのか解説していきます。

調理師免許とは

調理師とは、食品調理技術の発達を図り、国民の食生活の向上に貢献することを目的とした日本独自の国家資格です。

「名称独占資格(資格を持つもの以外は名称を名乗れない資格)」の1種でもあるので、調理師と呼ばれるのは国家資格である調理師免許を取得した人間のみを指します。

調理師に関する法律を定めた「調理師法」第2条では、調理師について以下のように定義されています。


第2条 この法律で調理師とは、調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいう。

要するに、「一定の調理技術を持ち都道府県から免許を得たもの」ということになります。卓越した調理技術を持っていても、正式な免許を得なければ調理師を名乗ることはできません。

将来的に飲食店を開業したいという方は、まず調理師免許を得て料理に対する基礎的な知識を得るのが近道です。

都道府県から正式な許可を得て調理師免許を取得する必要性があるのは、それによって様々なメリットを得られるからにほかなりません。調理師免許を得るメリットは、主に3つあります。

飲食店への就職や転職に有利

飲食業界をこころざす方にとって、調理師免許は大きな武器となります。飲食店業界で定職を持つ人々の多くが、調理師免許をもつ人間を求めているからです

調理師免許を取得した方の進路として、西洋料理・日本料理・中華料理などがあります。 帝国ホテルなどの1流ホテルへの就職の道も開けます。

飲食業界は現在人手不足にあえいでおり、働く意思があればどんな人間でも引く手あまたですが、調理師免許を取得することで選択肢を増やすことができます。

他業種で働いている人間が飲食業界に挑戦する際にも、調理師免許は大きな武器となります。特に30代などある程度年齢を重ねた方が未経験で飲食業界に挑戦するなら、調理師免許を取得することは必須です。

最初の数年は皿洗いしか任せられないという料理店も多いので、調理師免許もないままキャリアチェンジすると苦戦を強いられます。

専門学校に通って免許を取得した場合、卒業後80~90パーセントの人間が飲食業界に就職・転職しています。専門学校は卒業生の就職を支援する体制も整っているので、未経験から飲食業界に挑戦する際はまず調理師専門学校に通うのがベターです

給料が良くなる場合がある

飲食業を展開する企業の多くが、調理師免許に対して資格手当をつけています。額は企業によって違いますが、数千円~1万円前後が相場です。これにより、調理師免許を保有していない人間よりも恵まれた給料で働き始めることができます。これは、企業側が免許保有者を即戦力として評価しているからです。

飲食業界は過酷な労働に比して給料が少ないことが多く、調理師免許を取得するだけで給料の底上げができるのは大きな魅力です。昇格や昇給の条件として調理師免許取得を進めるケースもあり、様々な場面で調理師免許が料理人の生涯賃金に影響を及ぼします。調理師の給与に関しては下記サイトが詳しく記述しているので気になる方はチェックしてください

調理師免許を保有している人間は、「栄養面、衛生面に関する知識や調理技術をしっかり保有している人材」とみなされます。そのため、単純な給与面だけでなく待遇面でも圧遇され幹部候補生として育成されることが多いです。

逆に言えば、調理師免許を持っていない人間は採用されても厚遇されず理想のキャリアを描けないまま終わってしまう可能性がありますので注意しましょう。

お客様からの信頼を得やすい

企業側だけでなく、飲食店を利用するお客様からも調理師免許保有者は信頼されます。お客様に料理を提供する人間として、一定の技量を持っているという担保になるからです。

特に、フランス料理のシェフやすし職人など高度な技量が求められる料理人は、調理師免許をもった信頼できる人間に多くのお客様が集まります。高級料理店では「シェフは全員調理師免許保有者です!」をアピール材料にすることもあるので、そのような店に就職するチャンスも生まれます。

余談ですが、単純に飲食店を開業する場合には調理師免許は必要ではありません。調理師免許を持った料理人も必要ではありません。

その代わり、「食品衛生責任者」と呼ばれる資格が必要となりますが1日の講習で取得が可能です。飲食店を開業し経営したいという方にとって、調理師免許が必ずしも必要ではないという点は留意しましょう。

調理師になるには|専門学校へ行く

次に、実際に調理師免許を取得し調理師になる方法について解説していきます。調理師免許を取得するには1.調理師専門学校を卒業し免許を取得する2.実務経験を積んだ後試験をパスして免許を取得するの2つの方法がありますが、確実に免許を取得したいのなら前者のほうがおすすめです。

受講費用は必要ですが、プロの講師の指導を受け確実に調理のプロになることができます。

専門学校で調理師免許を取得する方法、取得にかかる費用、おすすめの調理師専門学校を紹介しますので、調理師専門学校に興味のある方は要チェックです。

専門学校での免許取得方法

調理師専門学校で調理師免許を取得するには、以下の2つの手順をクリアする必要があります

  • 厚生大臣が指定した調理師専門学校に1年以上通って卒業する
  • 卒業したのち、各自治体に免許を申請する

試験を受ける必要がないのが養成学校に通う最大のメリットで、卒業さえすれば申請するだけで免許を取得でき、調理師免許取得の手間を省けます。確実に調理師免許を取得したい方は専門学校に通うのが最も良い方法です。

専門学校には様々なジャンルの料理のプロが講師として在籍しており、彼らから知識と技術を吸収することもできます。飲食店に勤務するだけでは、料理の作り方は教えてもらえても知識や細かい仕組みなどはなかなか学ぶ機会がありません。調理師専門学校で基礎の基礎から学んだ知識は、独立して自分の店を持つ際にも役立ちます。

調理師専門学校でのカリキュラムは様々なものがありますが、主に以下の3つのコースが主流です。

  • 必要最低限の知識を学び1年で卒業する1年コース
  • フレンチや和食を追加で学び2年で卒業する2年コース
  • 夜間に勉強をする社会人向けの夜間コース

学生など未就業の方は調理師専門学校の1年コースor2年コース、就業済みで時間の取りにくい社会人は夜間コースを選ぶ傾向にあります。自分の状況にあったコースを選びましょう。

専門学校にかかる費用

調理師専門学校に通う際に問題となるのが、学費です。一番安価な1年卒業コースでも110万円程度、一番高い3年コースだと200万円をこえる学費がかかることになります。

学校によっては海外留学がカリキュラムに入っているところもあり、その場合はさらに費用がかさみます。専門学校に通って調理師免許を取得する場合、実践経験を積んでいく方法よりもはるかに割高です。

その分、学費の支払いに関して分割払いはもちろん奨学金制度や教育ローンなど様々な支払いプランを学校側が用意してくれています。一括での支払いが難しい方は、学校側と相談し無理のない最適なプランを選びましょう。

おすすめ調理師専門学校3選

ここからは、おすすめの調理師戦専門学校ランキングでもよく紹介されるおすすめ校3選を紹介します。学費や就職力、コースの豊富、立地条件など選ぶポイントは様々なものがありますが、調理師免許を取得後に自分がどんなキャリアを築きたいかを第一に考えましょう。

近年はどの調理師専門学校も、無料パンフ請求はもちろん体験授業やオープンキャンパスなど様々なイベントを積極的に展開しています。進学先の学校に迷ったときは、思い切ってこのようなイベントに参加してみましょう。

織田調理師専門学校

東京で調理師免許を獲得したい!という方におすすめなのが、中野区にある「織田調理師専門学校」です。「文化洋裁教室」という名のファッション系の学校としてスタートした異色の経歴を持つ学校ですが、現在では日本有数の調理師専門学校でもあります。

1年コースである「調理師科」の学費は142万円とややリーズナブルですが、週4日ある調理実習や有名講師を招いての勉強など内容は充実しています。

ほかには2年コースで調理師免許と製菓製パンの技術を学べる「調理技術経営学科」、経営に関する知識も取得できる「調理技術経営学科」があります。2年コースのほうが多くの知識を学び資格も取得できるので余裕があれば2年コースがおすすめです。

卒業後の就職に関しては、クラス担当と就職担当の2人がタッグを組んでサポートにあたることで、一人当たりの求人数6.5社を達成しています。学生は4月~10月の間で組まれた「就職支援プログラム」をこなすことで希望の進路に進むことが可能です。

服部栄養専門学校

他の人とは一味違った経験を積みたいという方には、東京都渋谷区の「服部栄養専門学校」がおすすめです。現在「料理の鉄人」などに出演した料理評論家である服部幸應が学長を務めていることで有名で、1939年創業の老舗です。

1年コースである「調理資本科」は学費が176万円ほどと相場よりやや高めですが、分割納入や奨学金などで負担を減らすことができます。

しかし、この学校の最大の特徴は2年コースの「栄養士科」にあります。「栄養士」とは、個人や集団に対して食事や栄養素に関する指導を行う職業です。このコースは2年かけて学生を一人前の栄養士として養成するのですが、それだけでなく「調理ができる栄養士」として調理技術も並行して学ぶのが大きな特徴です。

食に関する知識だけでなく技術を学ぶことで、安全で豊かな食を提供することに貢献することができます。このコースだけでは調理師免許は取得できませんが、調理に対する技術力を磨くことができます。

就職に関しては「担任」、「就職担当」、「選任教授」がタッグをトライアングル体制で、一人当たりの求人が18件もあります。卒業生に対しても、スキルアップを目的とした再就職支援である「就職マッチング」システムを用意し、バックアップ体制も整っています。

辻調理師専門学校

関西で調理師免許を取得したい!という方には、大阪阿倍野区の「辻調理師専門学校」をおすすめしです。1960年創業の歴史ある学校で、アメリカの「カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ」やフランスの「ル・コルドン・ブルー」とともに世界三大料理学校とされることもあります。

有名校だけあって一番安い1年コースでも学費は217万円と多少高額ですが、分割納入や奨学金、一定の条件を満たしての学費減免制度など金銭負担減らせる体制が整っています。

コースも非常に充実しており、1年コースだけでも「調理クラス」、「調理クラス・フランス留学コース」、「キャリアクラス」、「ダブルマスタークラス」と4つもあります。

総合的な知識を獲得したい方には2年制の「調理技術マネジメント学科」、3年生の「高度調理技術マネジメント学科」が用意されています。製菓技術を学べる「辻製菓専門学校」、実習を中心に学べる「エコール辻」などグループ校も豊富なので、描いたキャリアに応じた学習プランを立てることが可能です。

学生一人に対して三人の専門家が就職をフォローするなど就職にも手厚いサポートがあり、インターネットで全国の飲食店の求人を確認できる「スクールコンシェルジュ」制度や企業に対して採用した学生の成長計画書の提出を求める「従業員育成モデルプラン」制度など独自の支援サービスもあります。

調理師になるには|実務経験を積み、試験を受け免許取得

調理師免許を取得するもう一つの方法が、実務経験を積み、試験を受けることです。調理師学校に通うには最低でも100万円以上の学費が必要になりますが、上記方法なら試験代の6000円のみとほとんどお金をかけずに調理師免許を取得できます。調理師学校で勉強するより実践で経験を積みたい!という方にもおすすめの方法です。

ただし、当然ながら試験に落ちれば免許を取得できませんし、学校を経由しなければ就職先を探すのも簡単ではありません。良くも悪くも自分の腕次第、という気概を持ちましょう。

実務経験を二年以上積む

調理師の試験を受けるためには、以下のような実務経験をする必要があります。

・調理場(詳細記入)での2年以上の勤務経験、バイトの場合は原則として週4日以上かつ1日6時間以上の勤務が必要

また、実務経験として調理師免許の受験資格の対象となる仕事は以下のようなものがあります。

  • 惣菜製造業
  • 飲食店
  • 旅館・簡易宿泊所
  • 学校・病院の給食施設(1日最低20食以上調理するところ)

仕事によっては実務経験として認められない場合があるので、調理師免許取得を目指す場合は自分の仕事が実務経験として該当するかを事前に確認しましょう。

以下のような仕事は、調理免許の受験資格の対象ではないので注意が必要です。

  • カフェ、喫茶店
  • パン屋デザート類しか生産していない施設
  • 企業や研究室での食品開発

試験に必要な書類と費用

実務経験をもとに調理師免許取得のための試験を受験する場合、必要書類などは自前で用意する必要があります。受験する都道府県によって細かな条件は違いますが、主に以下のような書類の用意が必要です。

  • 受験願書
  • 写真表
  • 受験料領収済証明書(約6000円)
  • 写真
  • 卒業証明書
  • 戸籍謄本
  • 調理業務従事証明書

「調理業務従事証明書」に関しては説明が必要でしょう。「調理業務従事証明書」とは、飲食店や給食施設で働いていたことを証明する書類です。店舗、施設の最高責任者に書類を書いてもらい,印鑑を押してもらう必要があります。以前やめたお店、やめてから何年もたっているお店でも責任者に書類を書いてもらえば効力を発揮します。

「調理業務従事証明書を用意する場合は、できるだけ早めに行いましょう。責任者側にとって書くことによるメリットは存在しないので、迅速に行わないと時間がかかり調理師免許の試験に間に合わない可能性も出てきます。勤め先が大企業だった場合、本社で手続きが行われ数週間~数か月の期間がかかる場合もあります。

試験の科目と難易度

調理師免許の試験は、「食文化概論」、「栄養学」、「食品学」、「調理理論」、「衛生法規」、「公衆衛生学」、「食品衛生学」の7科目があります。合格率は60%前後と比較的高く、調理師免許の取得難易度は高くはないです。

注意するべきは、都道府県で出題される試験が違うということです。各県の問題作成者によって試験の傾向は変わるので、自分が受験する県の調理師免許試験の過去問題をしっかり予習しましょう。

試験に合格するための方法

調理師専門学校に通わない場合、調理師免許の試験勉強は基本的に独学で行うことになります。参考書を買いコツコツと勉強していきましょう。参考書としておすすめなのが、毎年出版される「調理師読本」です。日本栄養士会から出版されるこの本は、調理師免許のための公式テキストとして多くの方が使用しています。ほかには、ユーキャンから出版される「調理師 演習レッスン」もおすすめです。

直前対策としては、調理免許試験の過去問演習も必要です。都道府県別に出題傾向が違いますのでそれを見極めましょう。調理技術技能センターから3年分の過去問題をダウンロード可能なので、万全の対策を取りたい方は活用していきましょう。

調理技術センター 調理師権問題及び回答

必ず免許の申請を行う

調理師免許の試験に合格したら、最後に都道府県の保健所にいって免許の申請を行いましょう。前述のとおり、調理師免許の称号は、各自治体に認可をもらって初めて名乗ることができます。見落としがちですが、調理師の専門学校を卒業しても申請作業は自ら行う必要があります。

申請に必要な書類と費用

書類は調理師免許申請書、調理師免許取得の資格証明書が必要です。調理師試験合格者の場合は「合格通知書または合格証明書」(原本)、養成施設卒業者の場合は卒業証書(原本)または卒業証明書(原本)と履修証明書を追加で必要とします。また、発行から6ヶ月以内の戸籍謄本、戸籍抄本または本籍地記載の住民票、診断書(麻薬、あへん、大麻、覚せい剤の中毒者は免許を取得できません)なども必要です。

費用は役場にもよりますが、5~6000円の手数料が必要となります。保健所に行く前に申請費用はしっかり確認しましょう。

まとめ

調理師の免許は、料理の道を志す者にとって大きな武器となるので取っておいて損はないです。専門学校に通って免許を取得する方法と、独学で取得する方法があるので自分に合った方法で取得しましょう。免許を取得すれば、あなたの料理人人生の選択肢はぐっと増えるはずです。

広告