solto logo

飲食店開業者必見 ホームページとSNS集客が上手な飲食店10選

ホームページやSNSを使って飲食店の宣伝をしたいが、やり方がわからないという方必見。ホームページやブログ、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSを利用した集客に成功している飲食店を紹介します。上手くいっている飲食店を参考に、より効果的な活用方法を考えましょう。


「お店をオープンしたらホームページやSNSを使って集客していきたいけど、どのように使ったらいいのだろう」

飲食店でお客様に足を運んでもらうためには、料理の味やお店の雰囲気も大切ですが、どのようにお客様に知ってもらうかが重要です。 そのためには、ホームページやSNSの情報発信が大切になってきています。

そこで今回の記事では、ホームページとSNS集客が上手な飲食店をまとめて10店舗ほどご紹介していきます。

上手く行っている店舗を参考に、あなたの飲食店でもホームページとSNS集客を行っていきましょう。

ホームページとSNS集客が上手な飲食店 ホームページ編

ホームページを作成していない飲食店も多いですが、飲食店がホームページを作成するメリットは多くあります。

グルメサイトなどはアクセスを多く集めることができますが、テンプレートに当てはめる形になるので、独自の色を出しづらくなります。ホームページであれば、それぞれのお店の伝えたいことを自由に伝えることができます。 また、どのような人がどのようなキーワードでホームページに来ているかなどのデータを集められるため、お店の経営に活かすことができます。

それぞれの飲食店でのホームページの活用法をみていきます。

ホームページでレシピや食材へのこだわりを伝える「BURGER CAFE&RESTAURANT シュビドゥバー」

飲食店でブログをうまく活用している事例として、鳥取県で自家製バーガーを提供している「BURGER CAFE&RESTAURANT シュビドゥバー」さんが挙げられます。

「BURGER CAFE&RESTAURANT シュビドゥバー」さんは、ブログを活用して「鳥取 ハンバーガー」で上位表示し、県外からのお客さんを獲得しています。 また、「鳥取 ハンバーガー テイクアウト」などより細かいキーワードで記事を書くなどの対策を行っています。

他にも、お店で提供しているハンバーガーのレシピや食材へのこだわりを掲載するなど、お店の情報を伝えてお客さんに安心感を与えています。

オウンドメディアホームページで、会社の方針を伝えてブランディングを実現している「BAKE CHEESE TART」

BAKE CHEESE TART(ベイクチーズタルト)さんは、「THE BAKE MAGAZINE」というオウンドメディアを立ち上げて運営しています。 THE BAKE MAGAZINEでは、新店舗のオープンなどのニュースだけでなく、社員インタビューを通して会社の方針やBAKEに入社するまでのエピソードなどを伝えています。

お客様に、会社のカルチャーを伝えることで、自らの商品であるケーキタルトそのものだけでなく、会社自体にも愛着を持っていただくことで継続的な収益につながるブランディングを実現しています。

ホームページで、お店で活躍しているスタッフたちを紹介している「焼きとりの八兵衛」

「焼きとりの八兵衛」では、ホームページで採用後のキャリアアップを応援するためのプランを伝えています。 実際に「焼きとりの八兵衛」に入社し、焼きとりのシェフとして腕を磨くために海外で経験を積んでいるスタッフや店舗経営を経験するために新店舗の店長を務めているスタッフなどが紹介されています。

スタッフたちの顔や思いを発信することで、お客様への親近感を掻き立て、競争の激しい焼鳥業界で「焼きとりの八兵衛」の差別化を実現することで集客につなげています。

ホームページとSNS集客が上手な飲食店 Facebook編

飲食店でのFacebookをうまく活用している事例としては、以下の2つが挙げられます。

それぞれの事例をみていきましょう。

食材へのこだわりを伝える「Keisuke Matsushima Tokyo」

「Keisuke Matsushima Tokyo」さんでは、料理に使われる旬の食材がどのように育てられ、誰が育てているかを詳しく投稿しています。 食材へのこだわりを伝えることで、信頼できる食材を使っているとお客さんに知ってもらうことができます。

スタッフとの距離感を近づける「燕三条イタリアン Bit」

「燕三条イタリアン Bit」さんは、異動になったスタッフの働きぶりを投稿しています。 その投稿に対して、これまで通っていたお客さんから「また会いに行く」というコメントが入るなど、お客さんとスタッフとの距離を近づけています。

お客さんにお店のファンだけでなく、スタッフのファンになってもらうことで、よりお店のリピーターになってもらえます。

ホームページとSNS集客が上手な飲食店 Instagram編

 飲食店でのInstagramをうまく活用している事例としては、以下の3つが挙げられます。

それぞれの事例をみていきます。

Instagramの世界観を統一している「銀座おのでら」

鉄板焼きと天ぷらの専門店である「銀座おのでら」さんは、Instagramのホーム画面の世界観を統一しています。 実際にアカウントを見てみると、それぞれ横並びとなる3つの写真を同じテイストのもので揃えています。

きなこを使ったレシピを紹介している「幸田商店」

干し芋やきなこを扱っている「幸田商店」では、きなこを使ったレシピを紹介しています。

忙しい朝にさっと作れる「きなこトースト」を紹介し、お客さんから「美味しそう」や「素敵です」のコメントが入っています。 お客さんに有益な情報を発信することで、うまく集客につなげています。

地域名のハッシュタグを活用している「ELLE cafe」

「ELLE cafe」は、Instagramでおしゃれなスイーツで話題となっているお店です。

投稿は、インスタ映えという言葉がぴったりな鮮やかなスイーツの写真が並びます。 たくさんのフォロワーからいいねがつき、投稿数の多い「#青山」「#渋谷」などのハッシュタグでも人気投稿に入りやすくなっています。 さらに、投稿数の多いハッシュタグで人気投稿に入るため、さらにフォロワーが増えていくという好循環になっています。

ホームページとSNS集客が上手な飲食店 Twitter編

飲食店でTwitterをうまく活用している事例としては、以下の2つが挙げられます。

それぞれについてみていきます。

お客さんとの交流が上手い「豚組(とんかつ・しゃぶ庵)」

「豚組(とんかつ・しゃぶ庵)」さんは、Twitterでお客さんとの交流を行っており、うまく集客へとつなげています。 Twitterでのやり取りで予約ができたり、期間限定のメニューを伝えるなど、お客さんにとって親しみやすいアカウントになっています。

フォロワー割引を企画「寿司さいしょ」

「寿司さいしょ」は、お客さんのフォロワー数に応じたTwitter割引の企画を実施しました。 この企画を実施した時は、まだ他の飲食店がこのような企画を行っていなかったこともあり、とても話題になりました。

まとめ

飲食店の開業を考えている方であれば、集客のためにホームページとSNSからの集客方法を知っておくことは必須です。 ホームページとSNS、それぞれの特性に合わせた使い方をすることで、うまく集客に結びつけることができます。

今回の記事を参考にホームページとSNSを活用していきましょう。

広告