solto
solto

キッチンカーで移動販売!仕込み場所はどこにすべき?中古・レンタルなどを解説

キッチンカーで移動販売!仕込み場所はどこにすべき?中古・レンタルなどを解説
更新日:

キッチンカー・ケータリングカーなら、大きな投資もなくすぐに移動販売を開始できます。中古購入や、レンタルでの車両の確保方法、出店イベントの探し方、出店許可の取得の仕方、資金、仕込み場所の確保、必要な手続きを順を追って解説します。

キッチンカーとは、車の内部にキッチンを装備し、その中でメニューを作って販売する業態です。移動販売車、またはケータリングカーと呼ばれることもあります。 キッチンカーばかりを集めた屋台村に出店したり、そのときどきで売れやすい場所へ移動したりして販売できる、身軽なスタイルが魅力です。 半面、キッチンの狭さというデメリットに加え、人と車が基本であるため、どちらかが壊れてしまうと商売が成り立ちません。 この記事では、キッチンカーのメリットとデメリットを説明した後、キッチンカーでの営業を始めるために必要なものとその予算、手続きについて紹介していきます。

キッチンカーとは?

キッチンカー
キッチンカーとは、簡単な言い方をすると、お祭りやイベントで並んでいる「屋台」が車になったものです。 お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの、タピオカドリンクやクレープなどのスイーツ、ヘルシーなお弁当、日本や世界各地のご当地ものなど、ひと昔前はほとんどイベントでしか見かけることがなかったキッチンカーが、今ではちょっとした広場の「屋台村」に毎日集まっていたり、公園や道路の片隅で営業していたり、目にしない日はないというほどに広がりをみせています。 現在キッチンカーは、
比較的気軽な飲食店の業態
として注目を集めているのです。

少資金で気軽に参入可能

キッチンカーとは、移動販売車とも呼ばれ、ひとりでは設営が大変な屋台よりも

移動や準備がしやすい
ところが魅力。 また、
維持費のみで家賃も必要ない
ことから、気軽に参入できる業態のお店として、飲食店経営者の間で常に話題です。 既に店舗を持っている飲食店にも、これから飲食店のオーナーを目指す人にとっても、参入の機会がうかがえる業態といえます。

キッチンカーはどのような人に支持されているの?

キッチンカー

キッチンカーは移動に便利で、わずかなスペースで販売できるなど、経営者にとって非常に魅力的かつ効率的な業態です。 では、利用者にとってはどうでしょう。具体的にどのような人がキッチンカーを支持しているのでしょうか? いくつかの例を見てみましょう。

オフィス街

オフィス街のサラリーマンやOLの多くは、内勤の場合は特に、昼休みの時間が12:00~13:00やその前後に決められています。 そのため、各会社の昼休みが重なるランチタイムのレストランやお弁当屋さん、食堂は大行列になることも。お昼休みに思う通りに食事にありつけない、「ランチ難民」が出てしまうのです。 そのようなオフィス街近くキッチンカーを出店すれば、ある程度の売り上げが予測できる上にリピーターも見込めます。

住宅街の専業主婦や自営業のお客様

住宅街でキッチンカーを出店する場合は、普段自宅にいる専業主婦や子供に加えて、地元に根付いた活動をしている会社や自営業、また、建設やリフォームに携わる人に重宝されることでしょう。 その場所に住んでいたり勤めていたりする人たちは、おいしいお店のリピーターになってくれることが多いです。主婦層の口コミにうまく乗ることができれば、売上も高いレベルを保つことができるでしょう。 出来たてで温かいお弁当を販売するキッチンカーは、街に活力を与える存在にもなりえます。

イベント会場

従来、イベント会場に出店する屋台は、車でなく店舗型が一般的でした。しかし、店舗型の営業は設営と撤去が大がかりになるうえ、移動が大変です。 キッチンカーなら、その場所まで車で乗り入れできれば駐車場の確保も必要なく、設営・撤去の手間もかからないため、出店側・企画側双方にとって非常に合理的なのです。

キッチンカーの3つのメリット

キッチンカー
 キッチンカーの魅力は費用面だけにとどまりません。ここでは3つのメリットを説明します。

参入障壁低く、人件費、家賃が節約できる

飲食業は「ビル等のテナントとして入る」「店舗を構えて経営する」などの業態が一般的です。 ですが、このような業態では、家賃や光熱費、店内の内装を整えるための時間とお金、店の規模に応じた人件費がかかります。そのため、初期費用だけで500万~2000万円ほどになるとといわれています。 また、曜日により売上が大幅に異なるという欠点もあります。

キッチンカーならこれらの欠点をカバーすることができます。 具体的には、

自分ひとりの給料と、車の維持費、そして、材料費が捻出できれば良い
のです。 さらに、的確なリサーチをすれば、特定の曜日に売上が偏ることを防ぐこともできます。これは移動販売ならではのメリットです。

お客様との距離が近い

飲食店のオーナーは、事務仕事や宣伝に追われているうちにお客様との距離が離れていくことがしばしばあります。 そうすると、お客様の声を直接汲み上げることができなくなるばかりか、店長やスタッフとのコミュニケーションにも支障が出ることがあります。

キッチンカーでの出店の場合は、オーナーひとりで経営するにしろ、スタッフを雇うにしろ、限られた規模での営業となります。 その分、

現場の声を拾い上げること、そして、改善点等を運営に反映させることが容易
です。 キッチンカーでは、その場で調理をするという特性上、目の前でお客様とコミュニケーションし、表情から感想や感情を読み取ることができます。これらは店主やスタッフの責任感や使命感を刺激し、経営のモチベーションにも繋がります。

こだわりを詰め込める

費用など現実的なメリットも大切ですが、せっかくキッチンカーを使った商売をするのなら、精神的な支柱も欲しいところです。 キッチンカーはいわば、「ふたつの顔を持つ小さな城」です。 その場で調理したものを、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいうちに提供し、「お客様に満足していただくおもてなし」がひとつの顔。 そしてもう一つの顔は、売上やお客様からの反応を意識しながらも、

自分の好きなものやこだわりを形にして伝える
という、「新鮮な驚きを与える」場所であることです。

作っていきたいものを自分の中で模索し、ひとつづつ実行してみることができることもキッチンカーの魅力です。 例えば、インパクト重視の見た目にする、定番のお弁当にこだわりのトッピングを加える、お客様からのアイデアを形にするなど、自分の判断と努力でキッチンカーはいくらでも成長することができます。

キッチンカーの3つのデメリット

キッチンカー

良いことばかりに思えるキッチンカーですが、メリットがあればデメリットがあるのも当然のこと。 ここではキッチンカーを使うにあたり意識したい主なデメリットを3つ紹介します。

健康に悪い

家賃と人件費が節約できることが、キッチンカーのメリットのうちのひとつでした。 ですが、これらは自分も車も健康であるということが最低限の条件です。

キッチンカーでは、キッチンを搭載した車1台と、従業員は自分1人~数人レベルでの調理・販売になります。 屋外での作業がほとんどであり、特に暑い夏や寒い冬は体力勝負です。もし体調を崩してしまったら、休んでいる間は売り上げにはなりません。 普段から健康管理に気を付け、

適度に交代できる人員を確保
しておく、
おかしいと思ったら早めに休息をとる
などの対策が必要になります。

また、食品を提供するのですから、

食中毒を発生させない
ように最大限に気を付けなければなりません。 お客様の信頼をなくすことはもちろん、営業停止や営業許可のはく奪など、存続の危機に関わる問題となります。

足腰への負担が大きい

キッチンカーは客席がないためホール業務はなく、調理と販売が主な仕事です。 車の内部の広さや高さにもよりますが、調理中は中腰で作業することも多く、

足腰に大きな負担
がかかります。 毎日数時間これが続くとダメージも大きく、一度足や腰を壊してしまうとなかなか治りません。 そうならないためには、ある程度の高さのある車種を選ぶ、痛める前に足腰を保護するサポーターを使うなどの対策が必要です。

故障は命取り

キッチンカーはもともと、車を改造してキッチンを取り付け、調理できるようにしたものです。 車は機械ですから、いくら大切に扱っても壊れたり調子が悪くなったりすることがあります。 例えば鉄板などの調理器具が壊れた場合は、一時的にならカセットコンロなどで対応できるでしょう。 しかし、車が走らなくなってしまうと、販売する場所まで移動することもできなくなり、直るまではキッチンカーとしての調理や販売ができません。 キッチンカーはオーナーの生命線。日頃から大切に扱い、

故障する前に定期点検を怠らない
などのケアが必要です。

キッチンカーで必要なものとお金

キッチンカー

上ではキッチンカーで出店をすることのメリットとデメリットについて説明してきました。 キッチンカーを導入するにあたり、どのような準備が必要となり、どの程度金額がかかるのでしょうか。

最低資金は中古車100万円~

キッチンカーを用意する方法は二つあります。 今回はなるべく初期費用を安く抑えることのできる、軽バンをベースとした車種で考えてみましょう。

キッチン搭載の中古車を探す

例えば、軽バンをベースとする場合、中古車で100万弱~250万円ほど、新車では150万~300万円ほどの本体価格になります(実際には出店しようとしているメニューと装備の兼ね合い、冷蔵庫や流し台の大きさや機能にも左右されるため、多少の前後があります)。 中古車を選ぶ場合には、

なるべく走行距離が少ないものを選ぶ
ようにしましょう。移動販売は毎日走行するため、一回一回の距離は短くとも、年間にすると結構な距離を走ります。 また、中古車は
前のオーナーがどのような使い方をしていたかをチェック
することも忘れずに。走行距離が短く外見がキレイでも、内部にダメージがある場合は修理費がかさむこともあります。 軽バンや軽トラは中古相場がそこまで低くないので、結局新車の方がお得だったということもよくあります。納得がいくまで検討するようにしましょう。

普通車をカスタム

例えば軽バンの場合、流し、ガス台、シンクなど、最低限の装備を備えた状態にカスタムするのに60万円~の金額がかかります。 もともと車を持っている場合はカスタム代だけで済むため、新たに車両を購入するよりも大幅に安い金額で準備することができます。 業者に内装を依頼する際には、キッチンカーのカスタムに慣れているところを選びましょう。 カスタムは、初期費用を節約することも大事ですが、掃除がしやすい、動き回りやすいなど、

出店してからの使い勝手を考える
ことも重要です。

1日3万円から始めるキッチンカーレンタル

キッチンカーをメインの仕事にする人もいますが、まずはどんな感じか様子を見てみたい、腕試しをしてみたい、とりあえず副業で……など、とりあえず経験をしてみたいと思う人も多くいるはずです。 そんなときに最適なのが、

キッチンカーのレンタル
。 一度キッチンカーを試してみたい人には最適です。普段はキッチンカーの業態に参入していない飲食店がイベントのときだけ使うこともできます。

キッチンカーをレンタルするメリット。それは、

既に保健所の飲食店営業許可を取得している車両が借りられる
こと。 飲食店営業許可を取るのはかなりの手間なので、それが省けることはそれだけで大きなメリットになります。 飲食店の営業許可は、各都道府県の保健所によって条件が違ってきます。レンタルする業者を決めたら、どこで出店をするか伝え、許可を取得しているかどうか確認するようにしましょう。

購入する場合と同じように、レンタルの場合も小型の車ほど安く抑えることができます。 とにかく費用を抑えたいのなら、1日2万円ほどから見つかりますが、冷凍庫、冷蔵庫、水タンクと排水タンクなど、最低限の装備を備えたキッチンカーを借りたほうが結果的には満足できるでしょう。 2泊3日、1週間など、レンタルの期間は長くなるほど割安になる場合がほとんどです。最初にきちんと計画を立て、必要な日数に過不足なく借りるようにしましょう。

キッチンカーのレンタルは、少し体験してみたい、数日のイベントで使いたいなど、短期的にキッチンカーで営業したい方におすすめです。

仕込み場所を確保

仕込みとは、調理の下準備段階のこと。野菜や果物を切ったり、最後の味付け直前まで調理しておくことなどを指します。 都道府県にもよりますが、キッチンカーで飲食物を販売する場合には

仕込み場所の届け出が必要
になる場合が多いです。 仕込み場所に必要なものは、
飲食店営業許可をとれる設備の整った施設
。 キッチンカーの装備が飲食店の営業許可をとれるレベルのものである場合、そのまま車内で仕込みから仕上げの調理まで行ってかまいません。 そういう意味では、一番手軽なのはレンタルでキッチンカーを借りてしまうこと。先にも言いましたが、レンタルのキッチンカーは、すでに保健所の許可が下りているものだからです。

キッチンカーの装備が飲食店販売許可に適合していない場合、車内とは別に仕込み場所を確保する必要があります。 既に飲食店営業許可を受けている店の調理場を借りるなど、各自工夫をすることになります。 どうしても見つからない場合は

仕込み場所のシェアサービス
もあります。 
キッチンカー
こちらは東京都のもので、会員登録費が1万円、月額が5,000円、加えて実際に使用する場合に1時間につき1,000円がかかります。 このようなサービスを知っていれば、仕込み場所の確保に困ることはなくなります。

車以外にかかる費用

キッチンカーの準備はできました。 いよいよ営業を開始するとなったとき、実際にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。 実際にかかる金額の内訳は以下のとおりです。

ガソリン代

ガソリン代は、車庫またはレンタル先からの距離に左右されます。 軽トラックタイプなどの方が、ワンボックスタイプよりも安く済むことがほとんどです。 キッチン設備を搭載している分、座席だけの車よりも重くなり、燃費が良くないこともあります。多めに見繕っておきましょう。

出店費(場所代)

出店する場所により出店費のルールは異なります。 許可さえとれば出店費を取らない場所もあれば、営業するために出店費が必要な場所もあります。 必要な場合も、一日300円ほど~一律料金、売り上げの何%など、出店場所によって規定や金額に差があります。 キッチンカーで営業したい場所を見つけたら、まずそこの敷地の責任者や運営している会社を調べ、確認するようにしましょう。

材料代、容器代等

材料代や容器代は何を売るかによって変わります。 例えば珈琲とお菓子を売るだけなら、用意するものの種類はそれほど多くはなりません。しかし、品数の多いお弁当になると、材料の種類が多く、それに伴う調味料や仕分けする容器など、案外ちまちましたお金がかかるものです。 適切な量の材料と、それに見合った容器を用意することが必要です。その際、容器が足りずに売り切れ扱いになってしまうのは残念なことです。少し多めに容器を用意しておくように予算を設定しましょう。

キッチンカー本体にかかる金額に加えて、これらの費用をまかなうために、手持ちが10万円ほどあれば事足りることが多いでしょう。 かかる金額は計画的に設定し、出店時にも収入と支出を正確に出して、今後の出店に備えましょう。

出店を行う際に必要な手続き

キッチンカー

キッチンカーを用意するメドをつけ、売りたいメニューを決め、大体の出店したい場所に目星をつけたら、いよいよ出店のための手続きを取るフェーズに入ります。

いくらキッチンカーでも、道や公園、スーパーの敷地内などで勝手に販売をすることはできません。 では、正規に許可された方法でキッチンカーを出店するために、どのような手続きを踏む必要があるのでしょうか。

出店場所の確保(スーパーなどの駐車場、公園、イベント会場)

どのような場所に他のキッチンカーが出店しているかに注意してみると、だいたい決まった場所にいることに気が付きます。 ここではキッチンカーの主な出店場所である、スーパーの駐車場、公園、イベント会場の営業許可の取り方を説明します。

どの場所に出店をするにしても、必ず確認しなければならない事項があります。それは、 *

出店費の金額・支払いの仕方
*
禁止事項
*
電気や水道は借りられるか・自分で用意する必要があるか
*
出店可能時間

の4点です。 出店場所が近くにあるのなら直接出向いて場所を自分の目で確認し、各場所の管理者に会って直接話を聞くことができればベストです。できない場合は、電話やメールで納得がいくまで聞くようにしましょう。

スーパーなどの駐車場

大きなスーパーの駐車場(特に郊外型の平屋駐車場)では、その一角にキッチンカーの出店が認められている場合があります。 目を付けた場所に許可が下りるかどうか、

スーパーの責任者へ確認をする
ようにしましょう。 大規模なチェーンのスーパーでは、全国的または都道府県別に、料金やルールが明確に定められていることが多いです。
お問い合わせ窓口から連絡を入れ、出店許可を取るにはどうしたら良いか尋ねる
と良いでしょう。

公園

大きな公園では、イベントスペースとして場所を貸し出し、そのイベントの主催団体がキッチンカーの出店を取りまとめていることが多いです。

小~中規模の公園では、普段からキッチンカーが出店するというより、地元に根付いた夏祭りなどの限定的な場合にのみキッチンカーの出店が募集されることが多いです。 出店したい公園が決まったら、その公園で行われるイベントをチェックし、キッチンカー出店の募集があるかどうかを責任者に確認するようにしましょう。 問い合わせをしてみたら、出店料を支払い、ルールを守ればいつでもOKだったという場合もあります。 場所ごとに管轄も許可の下り方も違うため、

面倒がらずに細かく問い合わせ
をしてみることをおすすめします。

イベント会場

スーパーの駐車場や公園以外のイベントスペースにもキッチンカーは出店できます。 関東で言えば東京ドームや幕張メッセなどで開かれる大きなイベントの飲食スペースへの出店が募集されていることも。これらは主催者がイベント会場に許可を取って営業しているため、その主催者にキッチンカー側から連絡することになります。

申し込み手順としては、まずホームページなどでイベントの開催日をチェックし、公式の情報を探します。出店店舗を募集しているイベントなら、出店者募集といったリンクが貼ってある場合がほとんどです。それにしたがって申込みをしましょう。

例えば「肉フェス」や「タイフェス」、「コミックマーケット」の飲食ブースなど、多くの集客が見込める大規模なイベントは出店料も高額なことが多いです。 イベントによってはキッチンカーではなくブースとしての販売のみが認められている場合もあります。出店を希望する場合には、

「キッチンカーでの出店は可能か」と最初に質問すると、早い段階で可否が分かります

問い合わせの段階で、ルールや禁止事項が決められていたり、どのようなキッチンカーを求めているかが明確に記載されていたりする場合があります。内容をよく読み、自分のキッチンカーが適しているかどうか判断しましょう。

出店したい場所の様子を見きわめよう

普段目にする場所なら、キッチンカーの出店があるかどうかの目星はつけられると思います。 今まで一度もその場所でキッチンカーを見たことがない場合は、許可が下りない場所の可能性もあります。 その場合は別の場所を探しつつ、

「許可が下りそうにない場所」も記録しておく
と後の展開がスムーズです。

出店可否を簡単に調べる方法

出店場所の候補をひとつひとつチェックしていくのは手間がかかりますし、知らない場所については見当をつけるのも難しいことです。 そこで、ある程度の情報をまとめて調べる方法をご紹介します。 フリマサイトとしても有名な

では、検索欄に「キッチンカー」と入力し、「イベント」を選んで検索すると、キッチンカーの出店募集情報を探すことができます。 こちらのようなサイトも合わせて活用しましょう。

必要な公的手続き

キッチンカーを確保し、出店したい場所に目星をつけたら、実際に営業するための手続きをとりましょう。 ここでは、車を使って営業をするための公的な手続きについて説明します。

自治体の保健所に連絡し、営業許可を取る

まず、出店したい場所の

都道府県または自治体の保健所に許可
を取らなければなりません。 ここではキッチンカーの内装や設備が出店に適しているかどうかが判定されます。

例えば東京都内で営業をしたい場合、

を確認し、営業許可証の交付を受けます。

保健所での手続きは自治体ごと
に行わなければならないため、例えば営業場所を埼玉や神奈川に広げたい場合は、それぞれの場所での営業許可証が必要になります。

食品衛生責任者の資格を取る

出店する店舗ひとつにつき1名、食品衛生責任者の資格を有する者を配置する必要があります。 この資格は、「栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、と畜場法に規定する衛生管理責任者若しくは作業衛生責任者、船舶料理士、食品衛生管理者」(

より引用)が持つことができます。 これらの資格を持っていない場合は、「食品衛生責任者養成講習会」という講習を受けることにより、食品衛生責任者の資格を取ることができます。受講料は1万円、受講時間は6時間です。 詳しくはをご確認ください。

まとめ

小さな自分だけの飲食店
。それがキッチンカーが叶えてくれる夢です。 メリットとデメリットをふまえ、キッチンカーで営業することを決めたら、まずはキッチンカーそのものを準備する必要があります。 そこから保健所の許可を取り、食品衛生責任者の資格を確認する。何を販売するかを考え、出店場所を決めて、予算を組んでいく、というように、出店までには多くの作業が必要になります。 これらをひとつひとつこなしていくことで、確実に開店に漕ぎつけることができるでしょう。

関連記事