solto
solto

業務用シンク・流し台の選び方とおすすめメーカー、2槽式の解説

業務用シンク・流し台の選び方とおすすめメーカー、2槽式の解説
更新日:

業務用シンク・流し台の選び方を解説します。中古?新品?どちらを選ぶ?業務用シンクは2槽・3槽以上必須。1槽はどんな条件でOK?水栓、水切り台は重要?ステンレスなど素材の違いは?マルゼン、タニコーなどおすすめメーカーと購入方法を紹介します。

飲食店を開業する際、食器や食材を洗うための業務用シンクは必需品です。 また、業務用シンクであれば何でもよいわけではなく、飲食店に設置するシンクは保健所の基準を満たす必要があります。 では、業務用シンクを設置する上でどのようなことに注意すべきでしょうか?業務用シンクを選ぶ条件やポイント、おすすめのメーカーを紹介していきます。

保健所の基準を満たした業務用シンクが必須

業務用シンク

業務用シンクは2槽以上

飲食店を開業するためには保健所の検査をクリアする必要があります。 保健所から許可が下りなければ飲食店が

開業できません
。許可が下りず、予定日に開店が間に合わないという最悪の事態にならないよう注意しましょう。

保健所の検査のうち、シンクに関する条件として、

2槽タイプの業務用シンクを設置すること
があります。 例外として、食洗機が設置されている場合は1槽シンクだけで開業許可がおりる場合もあります。要するに洗浄設備があればよく、食洗機がシンクの代わりとしてカウントされるのです。

シンクのサイズ規定

業務用シンクのサイズは、シンク1槽のサイズが

幅45cm×奥行き36cm×深さ18cm以上
であることも求められています。 せっかく2槽シンクをそろえても、サイズが条件を満たしていない場合は基準違反となるので要注意。 ただし、地域によっては求められる寸法が違うこともあります。検査の前にシンクの寸法がどれぐらい必要か保健所に聞いてみましょう。

シンクのサイズについて不安があれば、

シンクを業者に注文する際に寸法をしっかり伝える
と効果的です。口頭で述べるだけでなく、イラストと寸法を記載した用紙を業者に渡せばなおよいでしょう。ただし、寸法を独自に指定すると特注品扱いとなり、
返品に応じてくれないことが多い
ので注意が必要です。 作業台やシンクは、厨房のスペースや形状に合わせるために特注品となる場合が多く、業者とのトラブルがよく発生します。飲食店を始めて開業する方は慎重に打ち合わせをして下さい。

規定されているシンクのサイズ
 
業務用シンク

業務用シンク選びに必要な5つの視点

業務用シンク

1. 業務用シンクの種類

業務用シンクと一言で言っても様々な種類がありますが、大きくは2つの分類方法で分類することができます。

まず、1槽、2槽と

槽の数
で分類する方法です。 槽が1つのものは業務用1槽シンク、2槽のものは業務用2槽シンク、3槽のものは業務用3槽シンクと名前がつけられます。小型~中型店舗の場合2槽シンク以上のものはあまり使わません。
1槽シンクと2槽シンクが基本
と考えましょう。

次に、シンクの持つ

固有の設備
で分類する方法です。 食材の水切りが出来るよう水切り台が併設されたシンクを
水切りシンク
、食器などを収容できる引き出しが付いているのを
キャビネットシンク
と言います。他にも、シンクの前縁が5~10cm下がった
舟形シンク
、食器の洗浄に特化した
食器シンク
、そばを冷やすための
そばシンク
などがあります。

オーダー次第で様々なシンクを作れるので、こだわりのある方は

オリジナルのシンクを注文する
のもおすすめです。

2. 業務用シンクの素材

業務用シンクの素材にはステンレスが使われていますが、そのステンレスには「SUS430」と「SUS304」の2種類があります。

SUS430は、鉄に18%のクロムを混ぜて作られたステンレスです。

安価なのが特徴
で、
一般的な飲食店で利用されている
のはこちらの素材。磁性を持ち、磁石がくっつくのもこちらです。

SUS304は、鉄に18%のクロムと8%のニッケルを混ぜた

高級ステンレス
です。クロムを混ぜることで表面に酸化膜が発生するため、SUS430よりも耐食性に優れ長期間使用することができます。磁性もありません。
大規模な飲食店や食品工場
ではSUS304が主に使われています。

錆びにくいステンレスと言っても、飲食店での過酷な環境で数年以上使用すると劣化し

錆びて
いきます。資金に余裕のないときはSUS430素材の業務用シンクでも十分ですが、事業が軌道に乗ったらSUS304素材への買い替えも検討しましょう。

3. 水栓を取り付けるためのバックガードの有無

業務用シンクを注文する際、「バックガードの有無」を聞かれる場合があります。 バックガードは業務用のシンクの後部に垂直に15~20cm立っているものです。バックガードがあることによって、

水が壁側に流れてしまう
ことを防ぎます。

バックガードのもう1つの役割は、

水栓を取り付けるためのスペースになる
ことです。業務用シンクは洗浄のための水栓とセットにすることで効果的に使えます。このとき、バックガードがあれば水栓をシンクに密着させた状態で取り付けることができます。ただし、
バックガードの奥行きが一定以上ないと水栓を取りつけることができない
ので注意しましょう。

注文の際にバックガードの有無を聞かれたら、シンクを壁面に設置する場合や、水栓をシンクに取り付けたい場合はありを選びましょう。 シンクを壁面に設置せず、水栓をシンクに取り付けない場合はなしを選びましょう。

4. 取りつけを業者に頼むのか?自分で行うのか?

業務用シンクを注文した際、設置や接続はどうするのでしょうか。 シンク本体は軽いので設置は個人で行えますが、問題はシンクと水道を接続させることです。

シンクと水道の接続方法は、以下の2つがあります。 * 厨房の壁面に穴をあけ、水栓を取り付け水道と接続 * バックガードに穴をあけ、水栓を取り付け水道と接続

当然のことですが、接続を業者に依頼すると、水道工事代として本体価格とは

別に料金が発生
します。価格は水道の状況によって左右され、場合によっては数万円かかることもあります。業者に接続を頼む場合は、資金をしっかり用意しておくといいでしょう。

業者に依頼しない場合には工事代金はかかりませんが、自力で設置、接続を行う必要があります。 設置は誰でもできますが、

水道接続工事は専門知識とスキルを持った方でないとおすすめできません
。手間がかかるだけでなく、生半可な工事では水道管が破裂するなど
大きなトラブルが発生する可能性
もあります。

ただ設置するだけなら業者は必要ありませんが、

水道工事などが別に必要ならば専門業者に頼むほうが良い
と言えるでしょう。

5. 新品と中古の業務用シンクどちらを購入すべきか?

錆びにくいステンレスでできている業務用シンクは

耐用年数が長く、中古品が多く
出回っています。中古品というだけで大きく値が下がることもあるので、
予算が足りない場合は中古品でシンクを揃える
ことも考えられます。

ただし、中古品を購入する場合も、ネット販売などで状態を確認せず購入するのは危険です。 表面はまだキレイでも、内部はぼろぼろに腐食していて、設置したらすぐに壊れてしまったということもあります。

現在、中古厨房機器販売店は増加しています。近くの販売店に足を運び、

中古のシンクの状態を確認して直接選ぶ
ようにしましょう。そのほうが、トラブルを事前に防ぐことが出来ます。

おすすめメーカー

業務用シンク

作業性と耐久性を求めるなら「

業務用シンク
2015年にサンウェーブ工業を吸収合併し、今や建築材料・住宅設備最大手となったLIXIL(リクシル)。 リクシルの業務用シンクは、
作業性と耐久性に優れ、手軽にセミオーダーができる
のが特徴です。特にオーダー品の受注に力を入れており、間口、高さ、バックガードなどあらゆる面で細かく設定したオリジナルシンクを製造可能です。
飲食店の業務用厨房だけでなく、学校や病院などの大規模施設の厨房にも商品を供給して
おり、様々や分野で専門性を発揮していま

安価なシンクを手に入れたいなら「

業務用シンク

安価に業務用シンクを手に入れたい
という方は東製作所(アズマ)のシンクをチェックしてみてください。 割安な価格でシンクが販売されおり、組み立て式のものは
自由に足をカットできます
。前述したとおり、シンクの寸法は一つ間違うと重大なトラブルに見舞われることもあるので、柔軟に調整が効くのはうれしいポイントです。

ハイグレードな製品を展開する「

業務用シンク

主にガス器具で有名な厨房機器メーカー、マルゼンも業務用シンクを作成しています。 大規模メーカーだけあって、安価な製品よりも

ハイグレードな製品
で中小メーカーとの差別化を図っています。マルゼンのステンレスシンクの表面には特殊な加工が施されており、不要な水分をシャットダウンして
雑菌の繁殖を抑える
ようになっています。

おしゃれなシンクを購入したいなら「

業務用シンク

業務用でも

おしゃれなシンクを購入したい
という方には、タニコー製の業務用シンクをおすすめします。システムキッチンを製作している経験を生かし、業務用のシンクも
スタイリッシュな外観
が特徴です。デザイン面だけでなく機能性も充実しており、
水はね防止のためのドライシンク機能
が標準搭載されています。

お得に業務用シンクを購入するためのおすすめの業者

業務用シンク

新品・中古品を購入できる

業務用ステンレスシンクを安く購入したい!という方は、今や厨房機器業者の最大手にまで成長したテンポスグループの通販サイト、

をまず当たってみましょう。

今や全国に店舗があるテンポスグループは、大量の厨房機器を一括で仕入れ、中古の厨房機器を大量に買い取ることで

日本一の品ぞろえ
を達成しています。 業務用シンクなら1槽・2槽はもちろん、水切りシンクや舟形シンクなど特殊なシンクもそろっています。中古品購入もおすすめです。

業務用ステンレスシンクの新品は、 1槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)は最安値で23,700円、 2槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)は最安値で24,258円程度で購入できます。

新品・中古品を購入できる

テンポスドットコムで見つからないものがあれば、

で探してみるのもいいでしょう。店舗を持たずネット販売を行っている業者なので、人件費などがかからず、
厨房機器を安く購入
できます。僻地以外は送料がかからないので、まとめ買いもおすすめです。 ただし、
中古品の数は少ない
です。新品は購入できますが、中古品があるのは珍しいでしょう。

業務用ステンレスシンクの新品は、 1槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)は最安値で26,048円、 2槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)も最安値で35,220円程度で購入できます。

新品を購入できる

プライベートで使ったことがある方も多いでしょう、日本最大級の通販サイト

。 ここでも、
流れてきた厨房機器や備品を安く買う
ことができます。ランキング制度があり、
おすすめ商品や人気商品が簡単にわかる
のが最大のメリットです。厨房センターほどではありませんが送料無料制度を整えています。ただし、中古品は置いていません。

業務用ステンレスシンクの新品は、 1槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)は最安値で10,885円 2槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)も最安値で12,852円程度で購入できます。 厨房業者に比べ

かなり安価
です。

中古品を購入できる

関東で1槽、2槽の業務用ステンレスシンクの中古品
を購入したい!という方は、を利用してみましょう。中古厨房機器のみを扱う厨房業者はたくさんいますが、
LINEで連絡
が可能という手軽さがウリです。埼玉に大規模店舗があるので、近辺にお住まいの方は足を運んでみるのもいいでしょう。

1槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)は中古最安値で20,000円 2槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)も新品最安値で35,000円程度で購入できます。

中古品を購入できる

とにかくいち早く安い業務用ステンレス1槽シンク、2槽シンクの中古品を手に入れたいという方は

を使うという手もあります。どんなものでも圧倒的に安く販売されており、数万円の物でも数千円で買える場合があります。ただし、オークションの出品者は一般人が多く、当然
品質保証もありません
し、使い物になるかは実物が届いてみないと分かりません。
設置、接続作業も自ら行わなくてはなりません

1槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)、2槽シンク(間口60~80×奥行450×高さ800)どちらも中古なら数千円で販売されているときもあります。

まとめ

業務用シンクはシンプルな厨房機器ですが、飲食店を開業するためには絶対に必要な機器です。 シンクを選ぶ際のポイントをもう一度まとめると以下のようになります。

  • 保健所の基準を満たす槽とサイズ:2槽かつ規定サイズ以上
  • シンクの種類や機能
  • 設置作業を業者に頼むか、自力で行うか
  • 新品か中古品のどちらを購入するのか

紹介したメーカーや販売店も参考に、自分のお店に合った業務用シンクを選んでください。

関連記事